どうもお久しぶりです。筆者の賀茂茄子です。
 本日は、RoG環境を通して私が学んだことを述べます。雑談記事なので、気軽に見ていってください。


●RoGは、手札の管理が重要な環境である
 以前の記事で、今環境は進化権を使うフィニッシャーカードが増加したと述べました。それについて愚痴記事を書いたのですが、あれは勢いにまかせて書いてしまいましたね(笑)。

 それはさておき、上で述べたことがRoG環境の全てでは無いと私は考えています。今環境を通して、「手札管理の重要性」を学びました。

デッキからカードを引く人のイラスト

自分の手札との向き合い方が重要

●マリガンの重要性の増加
 前環境暴れまわった「闇くらいの蝙蝠」等のデッキは、基本的にフィニッシャーが高コストでした。これらのカードは試合後半に引けば良いので、当時のマリガンは初動事故が起こらないよう意識すれば良かった。より端的に言うと、マリガンが簡単でした(※当然例外もありましたが)。

 しかし今環境は、進化権を使うフィニッシャーが増加。4~5ターン目という早い段階でキーパーツを引くことが必須になり、マリガンの重要度が高まりました。
 デッキによっては2コスカードをノータームでデッキに返すこともあります。一方「機械ウィッチ」のようなキーパーツが多すぎるデッキは、未だに答えが出ていない現状もありますね。

 私は今期久しぶりにマリガン確率を引っ張り出して、マリガン確率の振り返りを行いました。これはカードゲームの基礎力を上げるために、とても役にたったと思っています。


※マリガン確率の記事リンク(掲載カードは古いですが、内容は今でも活用できるはずです)
a
あなたは何をキープする?根拠は言える?

●手札上限が9枚であることを意識する
 機械ウィッチ使用者なら「手札が9枚以上になってソニックフォーが燃えた!」という経験を、一回はしたかと思います。また機械エイラビショップを使っていて「リモニウムの救済のせいで、手札がパンパンになっちゃった!」とか、無いですか?

私はあります(^q^)

 この失敗から私は「このカードをプレイすると、手札がどれくらい増えるのか?」を意識するようになりました。今までこの視点でプレイを考えたことはなかったので、非常に新鮮でした。デッキを作って、手札の増加率を見たりするようになりましたね。
a
リモニウム発動時 手札の増減


●まとめ
 今期tier1デッキを使うことによって、新しい視点が生まれたことは非常に良かったと思っています。アディショナルカード発表まで後少しですが、次環境も新しい知見が得られれば良いなあと筆者は思います。
 それではこのへんで失礼します。