2pick平均4勝を目指すblog

シャドウバースについて詳しく書いていきます

カテゴリ: STR

どうもお久しぶりです。筆者です。
 RAGEに出られた方は、お疲れ様でしたm(_ _)m。どのような結果でしたか?
 また観戦しておられた方は、今回のRAGE環境について、どのような感想を持たれましたか?


 私は家で観戦していたのですが、「ここまで圧倒的なロイヤル&ビショップ(+蝙蝠ヴァンプ)環境になる」とは予想していなかったです。
 まあロイヤルは内心「いっぱいいるだろう」と思っていたのですが、ビショップがここまで多いとは・・・。おそらくここまで偏った環境であれば、何かしらの調整が来ると考えられます。

 というわけで本日は、おそらく来るであろうナーフについての予想記事を書かせていただきます。よろしくお願いします。
 
※今回は、「ロイヤル」「ビショップ」と、「ヴァンパイア」について記述します。


1)ロイヤルのナーフ候補について
①白刃の剣舞
【問題点】
 1)2コストカードでは考えられないほどの多面処理能力
 2)エンハンスのバフが凶悪すぎる
 3)潜伏との相性が良すぎる

【改善案】
 1)エンハンスを削除
 2)3コストにコストアップ
 3)潜伏以外のフォロワーにのみ使用可能にする


~総評~
 まあ本当にこのカード駄目ですね。特にロイヤルミラーでは握った方の勝ちになる部分が、本当に良くない。

 まず2コストの癖に多面処理能力が高すぎます。後攻4ターン目に2/2/2進化+4点処理ってなんだよと。「8コスオクトリス+剣舞」の流れも、正直バグってると思います。
 そして言わずもがな、5ターン目の「リオード+剣舞」が狂気。特に先行時はケアできないことが多いので、本当に困ります。
 そしてこのカードが、潜伏の多いロイヤルカードプールに存在するのも良くない。潜伏フォロワーが軒並み弱かったら許せたのですが、リオードが存在する以上許されません。

 ナーフ案として、まずエンハンスを削除すべきだと考えます。せめてバフ量を+1/1にするとかしないと、今後強い潜伏フォロワーが暴れまわるでしょう。
 また先程から述べているように、「潜伏」に適応できるから強いと判断できます。よって「潜伏持ちカードには使えない」といった制限を設けると良いのではないでしょうか。
 また単純にコストアップが考えられますが、安易なコストアップはカードの産廃化を招くため、あまりやってほしくないな~という印象です。
②リオード
【問題点】
 1)体力が多い潜伏
 2)進化時に生成する隠伏天誅および、アサシンが凶悪
 3)剣舞との相性が良すぎる

【改善案】
 1)スタッツを1/2に変更
 2)隠伏天誅では無く、アサシンを直接生成するようにする。
 3)再潜伏不可にする(多分無い)。


~総評~
 諸悪の根源とは、正にこのカードのために存在するのではないでしょうか。それくらい今のミッドレンジロイヤルを支える強カードだと思います。

 まず体力の高い潜伏カードは、今のカードプールでは凶悪すぎます。進化で5点ですよ。まじでネクロの「冥河の案内人」くらいしか取れないんですがそれは・・・。(※剣舞との相性良すぎですね。)
 そして進化時に生成する「隠伏天誅」がおかしい。なんで0コスで1点ダメージ与えてくるんですか。お前「エンジェルスナイプ」に土下座してこい。
 そして生成する「アサシン」もおかしい。「リーシャ」「オクトリス」を隠す動きも凶悪すぎる。というかこのカード一枚で4マナ埋めながら攻めれる時点でやばい。

 改善案としては、まずスタッツを下げることですね。1/2になれば、ある程度簡単に取ることができますから。
 また「隠伏天誅」を生成せず、直接「アサシン」を生成すべきだと思います。0コス1点はマナレシオ壊れる。
 そしてまあこれは無いと思うんですが、再潜伏をしないようにするとかですかね。


 ~ロイヤルまとめ~
 まあなんと言いますか、「低コストの強潜伏カード」を刷ってはいけない(戒め)。というか運営サン、旅ガエルナーフしたのもそれが原因ではなかったでしたっけ・・・。そろそろ勘弁して貰っていいでしょうか(^q^)。
 後ナーフ候補をあげるとすれば、「簒奪の使徒」などでしょうか。でもこのカードナーフは無いかな~と思います。カウンターカードですからね。


2)ビショップのナーフ候補について
①聖騎士ヘクター
【問題点】
 1)本家と違って墓地が消費されないため、連打が可能(聖獅子との相性抜群)。
 2)本体スタッツが高すぎる
 3)全体バフ+3点突進×2が、単純に強すぎる

【改善案】
 1)墓地を消費するようにする。(8消費くらい?)
 2)本体スタッツを下げる
 3)コストの増加


 ~総評~
 本家ヘクターと比べると見劣りしますが、それは本家が強すぎるだけです。このカードも十二分に強いですし、何ならローテーションに存在してはいけないレベルだと思います。今このカードが入らないビショップのデッキ、存在しないのでは?

 まず私が言いたいのは、「なんで墓地を参照する癖に消費しないんだよ!」ということです。これのせいで、789ターンと連打が可能。それだけで泡吹いて死んでいく対面もある。
 また3点突進×2は100歩譲って許すとしても、本体スタッツが高すぎる部分は考えものだと思います。特に進化されると取れないんです勘弁してください。

 ナーフ案としては、まず墓地を消費するようにすべきだと思います。脳死で連打して強いカードを野放しにしてはいけない(戒め)。
 次にですが、本体スタッツを5/6→4/5にすべきかなと。それでもローテなら3枚投入されるくらいのカードですからね。それくらいの調整は合って然るべきでしょう。
ビショップまとめ~
 「おいおいおい、聖獅子関連のナーフは?」と思われた方もおられると思いますが、今季聖獅子パーツが大量に落ちるため、無いと考えられます。
 と言いますか聖獅子パーツをナーフするなら、そのシステム自体を変えることになります。そんな面倒なことはおそらく行われないでしょう。それよりも汎用性が高いヘクターがナーフ候補としては妥当かなと。
 来季のビショップは、何で戦うんでしょうかね・・・?新カードに期待しておきましょう。


3)ヴァンパイアのナーフ候補について
①不穏なる闇の街
【問題点】
 1)0コス1ドローがおかしい
 2)自傷カウントが稼げる

【改善案】
 1)1コストに上げる


 ~総評~
 今後ヴァンパイアがtier4に落ちたとしても、私はこのカードをナーフしたほうが良いと言い続けます。おそらくヴァンパイアの全カードの中で、ぶっちぎりで壊れていると思います。

 理由は単純で、0コス1ドローだからです。ヴァンパイアだけ実質37枚のデッキを組む事ができるのは、おかしいと思いませんか?なんでフラウロス召喚しても手札が回復するんだ・・・(^q^)。
 また単純に1自傷が強いですが、これはどっちかと言うと「ヴァーナレク」がおかしいだけなので、そこまでナーフすべき部分では無いでしょう。

 ナーフ案としては、単純に1コストにすることですね。そうしなければ、「とりあえず3枚入れて良い」カードになってしまって、多様性が無くなってしまいますから・・・。
②ヴァーナレク
【問題点】
 1)3コスト確定除去
 2)疾走を持つ
 3)謎のバフ

【改善案】
 1)自傷カウントを上げる(8~9回に変更)
 2)自傷によるバフの解除
 3)確定除去→5点ダメージくらいに変更

 ~総評~
 「不穏なる闇の街」よりはマシ(使えるデッキが限られるため)だと思うのですが、それでもナーフ必須レベルの狂カードだと思います。アンリミでも強いカードですから、ローテーションだとお察しですね。

 まず3コスで確定除去を打ちながら疾走するってなんですか。言ってることがまるで理解できない。
 そして自傷時の謎のバフは何?リーダーの血を吸い取ってるって設定?よくわからんですね。
 というか7コスで走りながら「姦淫の翼」を生やすの止めてもらっていいですか。ほぼケアができないカードは、対面にストレスしか与えないと思う(直球)。

 ナーフ案としては、まず自傷回数を7回から増加させることだと思います。今のローテーションだと7自傷は結構大変なのですが、そこから発生する効果と比較すると緩すぎます。
 また疾走自体は良いのですが、確定除去を打ちながら走るのは良くないはずです。せめて4~5点ダメージとかならマシになると思うので、そのような調整が必要ですね。
 そして自傷時のバフも削除すべきだと思います。そのせいで盤面に放置できなくないってしまいますから・・・。

ヴァンパイアまとめ~
 まあ今季の蝙蝠ヴァンパイアは、「ヴァーナレク」「ヴィーラ」「翼」の9枚で成り立っていたと言っても過言では無いと思います。それを可能にしたのが「悪夢の始まり」なのですが、これをナーフするとヴァンパイア自体のパワーが下がるので、ナーフは無いんじゃないかなと。
 というかナレクはいつまで経ってもナーフされないですね。運営のお気に入りなのかな?

4)終わりに
 さて、3つのリーダーについて記述させていただきました。正直ローテーションって、突出して強い特定の強いパーツを持っているリーダーが強いって構造になっちゃうんですよね。まあそれはフォーマットの特性上仕方ないんですが、「ヴァーナレク」とか「剣舞」とかは特にそれが当てはまるでしょう。
 ちなみに筆者は、今環境のローテーションは結構好きです。なので余り過度なナーフはやってほしくないです。あくまでマイルドな調整を望みます。

 ではこのへんで。ご精読ありがとうございました。


ミッドレンジロイヤル記事 その3←前の記事 次の記事→まだ



~以前書いたロイヤル記事~
その1
その2
その3(今回の記事)

~参考記事~
目さん作成ロイヤル記事(キャノンスマッシャーについて記述されています。)

~以前書いた蝙蝠ヴァンプ記事~
ローテーション闇喰らいの蝙蝠ヴァンプデッキについてのメモ その1(見なくて良いかも)
ローテーション闇喰らいの蝙蝠ヴァンプデッキについてのメモ その2(オススメ)


~2pick記事まとめ~
ロイヤル
ビショップ
 

※この記事は、STR環境4月現在の記事です。ナーフ、アディショナルカードは無いです。

~以前書いた記事~
その1
その2
その3(今回の記事)

~参考記事~
目さん作成ロイヤル記事(キャノンスマッシャーについて記述されています。)

-----------------------------------------------

 どうもお久しぶりです。筆者です。
 今回は「ローテロイヤル記事の3」です。今回の記事は、上のリンク先記事を参考にして執筆しています。可能なら、読んで頂ければ幸いです。 
その2

 また例によって、今回も私がこう考えたよという記事です。よって正解構築などでは一切ありません。ご注意下さい。
 そして今回のデッキは、「マジックミサイル」を警戒していない構築になっています。ご注意下さい。
お辞儀をする黒い制服の店員のイラスト(男性)
今回の記事も、正解構築ではないです ご注意を

1)完成構築と、筆者が思う確定カード

 さて前回書いたその2から、デッキを大きく変更した。今使っている、キレイなデッキはこちら。
b
※ブログ執筆のため、整ったデッキを公開しています カスタマイズ性があるということですね

 上の構築の中で、これらのカードは入れたほうが良いと考えている。
a
※個人的に入れたほうが良いと思っているカード達です

 この中で目につくのは、「簒奪の従者」だと考えられる。加えて前回解説した「簒奪の蛇剣」が入っていない
 これらの採用基準について、理由を述べて行く。

2)1~4ターン目は、弱い動きが多い?

-------------------
●ロイヤルは常に盤面に強い、というわけではない
後手を取った時、かなり苦しい。が、「簒奪の蛇剣」はあまり積みたくない
従者は後手2のカードとして、強めのカードである。
-------------------

 ロイヤルと言えば、【盤面に強い】というイメージを持つ人が多いだろう。どれだけ相手が強いカードを置いたとしても、「リーシャ」や「簒奪の使徒」で盤面を掃除できるからだ。「レイサム」着地後は特にそれが顕著である。

 しかしこれは厳密に言うと間違いであると考えられる。
 ロイヤルが1~4ターン目にプレイできるカードは、以下の通り。
a
1~4ターン目の行動カード

 これらはエンハンス等がついており、かなり強いカードである。しかし

1~4ターン目のカードとしては、強いカードがほとんど存在しない

 例えばだ、以下のように「自分が蝙蝠ヴァンプ」を使っていたとしよう。あなたはどのような行動をするだろうか?
a
※あなたが蝙蝠を使っているなら、どのような行動をしますか?

 いろいろな択があると思うが、私は「エルネスタ」を処理せず「悪夢の始まり」をプレイした後ライフを削りに行くと思う。

 なぜならロイヤルのカードプールの性質上、明確な裏目がほとんど無いからだ。相手の盤面にいるエルネスタは、実質「ファイター」と変わらないと判断できる。

 2ターン目だけではなく、ロイヤルは特に後手を取った時1~4ターン目の動きが貧弱になる場合が多い。相手からすれば、ライフを削るためのボーナスタイムである。以前ならこの部分を先陣の騎兵で補えたが、今環境はそれが無理な部分がかなり厳しい。

 当然自分のライフが少なければ相手の顔面を詰めにくくなってしまう。これをなんとかしなければ、後手まくりなど到底不可能になるだろう。
これらは強いのだが、2ターン目にプレイするとただのファイターに成り下がる
特に後手2だと弱い

①後手まくりを意識して、「簒奪の蛇剣」を入れるのは弱い?

 後手まくりと言えば、「簒奪の蛇剣」などの2コス3点スペルを入れることが考えられる。しかしこれはあまり良くないと現在判断している。
(その2の記事と真逆の事を言っています。お詫びして訂正させていただきます。)

 確かに後手で2コス3点スペルを打つ行動は強いのだが、それ以降に打ってもそれほど強くない。ロイヤルは5ターン目以降、強烈な盤面干渉カードを連打できるからだ。より簡潔にいうと、蛇剣は後半腐る

 加えて先手で手札で被ると大惨事である。打つ対象がいなくて2パスした、ということにもなりかねない。

 つまり「蛇剣」は後手まくりのカードとして不向きであり、少なくとも3枚入れるカードでは無いと考えられる。(筆者は現在0枚です。ピン刺しする時もあります。)
 そこで私は、このカードの代わりに「簒奪の従者」を採用することとした。
蛇剣で後手まくりを考えると、おそらくデッキのパワーが落ちる

②後手2で「簒奪の従者」は強めのフォロワー?

 さっきと似た場面を考える。エルネスタを「簒奪の従者」に変えてみたとして、あなたはどのようなカードをプレイするだろうか?
a
※あなたが蝙蝠を使っているなら、どのような行動をしますか?

 こちらもいろいろな択があると思うが、「簒奪の従者」を無視→悪夢の始まりをプレイ→ライフを削る、ということは厳しいと私は判断する。フォレストバットが完全有利トレードされてしまうからだ。生み出される財宝系カードも、「靴」以外裏目になる場合が多い。

 他にも「従者」はロイヤルミラーで出された「クイックブレイダー」や「アクセラレートレイサム」などを上から踏むことが可能。

 つまり「従者」は、こと「後手2ターン目」を考えると、ロイヤル最強クラスのカードになると考えられる。当然リーシャを使用して、後半強く使うことも可能。「蛇剣」を抜くのであれば、最低2枚は積んだほうが良いはずだ。

(※私は2ターン目に引く確率を上げたいので3枚投入。ちなみに先手の場合はマリガンで戻すことも多い。)
(※後手4で進化当たりしても強いカードになりえますね。)
(※冒頭でも言ったとおり、マジックミサイルや隠伏天誅などに対して弱いです。環境を見て判断しましょう。)
攻撃力1が目立つが、相手の動きを制限できるのが強い

③4で強いカードは、「レイピアマスター」と「キャノンスマッシャー」

 今環境は「アイテール」からリーシャを引っ張ってくるため、4の動きが貧弱になりがちである。よってその部分を埋める必要がある。

 以前「レイピアマスター」は2で投げやすいと言ったが、先行4の3/3必殺が今環境強いので、可能ならそのタイミングでプレイしたほうが良い。(逆に今はセリアのほうが2で投げやすいと判断しています。)

 また「キャノンスマッシャー」はリーシャとシナジーが無いが、こと4ターン目には強いカードになり得るので、採用候補に上がる。

 個人的には「従者」中心ならレイピアマスターは4で投げたほうが良く、「キャノンスマッシャー」中心ならレイピアマスターは2で投げやすいカードになり得るのではないかと考えている。ようはデッキと対面次第といったところか。

 ちなみに私は従者を優先したため、スマッシャーは入れていない従者2スマッシャー2の構築も十分ありえるので、そこは調整していただきたいと思う。
a
現状このようなデッキです 今解説していないカードについては、その2を参照して下さい

2)3×13+1枚構築の理由

-------------------
●ロイヤルはかなり難しいので、初めのほうは使いやすい構築にしたほうが良い。
ワルツはピン刺しなら、かなり活躍する。
-------------------
 今のロイヤルはアイテールがいるため、2枚刺しやピン刺しが多めの構築が作り易い。特に「ゼタ」や「ディオネ」などが採用されるケースが多いだろうか。

 しかし今回私はそのようにせず13×3枚+ワルツの構築にした。これは使いやすさを意識したためである。

 今季のミッドレンジロイヤルははっきり言って難しい。対面によって役割がコロコロ変わるし、トップ引くカードも考慮しなければならない。
 4環境ほど前のCGS環境からロイヤル一筋の人ならピン刺し多めの構築でも許されるだろうが、今環境から本格的に触り始めた人にとってはかなり難しいはずだ。(筆者もその口です。)

 よって3枚×13枚に統一。ここははっきり言って好みだと思われる。つまりこの構築で終わるのではなく、環境や自身のプレイスタイルを考慮して、カスタマイズを行うべきだろう。
(※後手2で従者や、先手3でネクロや機械ヴァンプに対して「オクトリス」を確実に投げたいというのも理由です。)

 ちなみに削る候補としては、「白と黒の決闘」「クイックブレイダー」「オクトリス」「簒奪の従者(2枚刺しにする)」などになるだろうか。(全てのカードにシナジーがあるので、何を中心に据えるのか考えないと駄目ですね。)
b
3刺しカードが多いので、比較的シンプルなデッキになっています。

 ちなみにワルツであるが、前回蛇剣より弱いと述べた。今でも3枚刺すほどのカードでは無いと思っている。
 
 しかしピンならかなり活躍する。結局「魔弾」が強いのだ。
(※ロイヤルに限らず、どのデッキも1コスト余る状況はかならずあるので、その隙間で打ち込むことも出来ます。)
 7ターン目にリーシャを起動したりできるので、それによってレイサムの着地が容易になるのもいい部分だろう。
b
3刺しカードが多いので、比較的シンプルなデッキになっています。

3)終わりに

 さて、3回に渡ってローテーロイヤルについて語ってきました。
 書いてみた感想ですが、はっきり言ってこのデッキ難しすぎます。文字だけではとても語りきれません。
 手札状況もそうですが、採用カードによっても動きがかなり変化します。蝙蝠ヴァンプのように、この動きをすれば勝てるよ~っていう行動が無いのが本当に困りもの。

 しかし使いこなせれば間違いなく強いです。私の記事の構築はあくまで一例です。慣れてきたら、より使いやすい型に変更するのも大いにありだと思います。

 それではこの辺で。次回はどんな記事を書こうかな~。

~以前書いたロイヤル記事~
その1
その2
その3(今回の記事)

~参考記事~
目さん作成ロイヤル記事(キャノンスマッシャーについて記述されています。)

~以前書いた蝙蝠ヴァンプ記事~
ローテーション闇喰らいの蝙蝠ヴァンプデッキについてのメモ その1(見なくて良いかも)
ローテーション闇喰らいの蝙蝠ヴァンプデッキについてのメモ その2(オススメ)


2pickドラゴン←前の記事 次の記事→まだ



~2pick記事まとめ~
ロイヤル
ビショップ
 

 どうも、最近忙しくて記事作成が遅れがちの、筆者です。

 さて今回とある方に、私の記事を引用して、記事を書いていただきました。
 内容は「ローテロイヤルの記事」です。
 →筆者:目さん 記事リンク

 この記事と以前までに書いた記事を踏まえて、ゴールデンウィークに記事を書く予定です。その際はぜひよろしくお願いします(`・ω・´)ゞ

~私が書いた、ローテロイヤル記事~
その1(この記事)
その2
その3(まだ)



2Pickドラゴン←前の記事 次の記事→まだ

 こんにちは,筆者です。

 本日はALT環境の2Pick個別記事ドラゴン編です。
 前環境強いカードが大量に落ちた反面、今環境追加されたカードがそこそこレベルでした。

 正直安定感がないため、6~7位程度だと私は判断しています。(ワンチャン使えるかもレベル?)


1)忙しい人の為のPickドラゴンまとめ
 長文を読むのがしんどい人は,ここだけでも見ていってもらえると幸いです。

強い点
AOE1点が非常に多い
確定除去が多い
覚醒時に強い効果を持つカードを大量に保持
軽量除去が多い


弱い点
フィニッシャーが少ない。特にレジェンド未満の枠で顕著。
2点以上のAOEがほぼ無い。
5,6マナに穴がある反面、7コスト以上のカードが多い


~総評~
 前環境落ちたカードが強く、今環境追加されたカードがそこそこ強いレベルだった。加えて今環境非常にいびつなマナカーブをしているため、事故が多発します。
 おそらく6位、高く見積もっても4位より上の順位にはしないほうが無難だと思います。


 ブロンズ枠は「ブレイジングブレス」、「圧倒する猛撃」等の除去スペルが豊富です。また2/2/2カードが豊富なので、安定したデッキを組むことが出来ますね。ちなみに「ドラゴスネーク」は非常に強力なため、Pickしておくことをおすすめします。

 シルバー枠は「精霊龍姫」「忌まわしき紫竜」等の便利なカードは多いのですが、ちょっとパワー不足感が否めません。特に「竜の祠」がかなり使いにくいので、あまりPickしないほうが無難ですね。

 レジェンド枠は「ドラゴン牧場」等のフィニッシャー枠カードを優先して取っておきましょう。この枠で取らないと、かなり展開が苦しくなると思います。

また全体として「AOE1点カード」と「処理スペル」が豊富です。フェアリー等を並べるエルフなどに刺さることが多いですね。


 当然弱点もあります。
 まず5~6コスカードが非常に少ない半面、7以上のカードが多いため、U字型のマナカーブを描きやすいです。よって手札に「低コストカードが集まりすぎて、手札が枯れる」現象や、「高コストカードが集まりすぎる」現象が多発します。マリガン等気をつけて行いましょう。
 そして2点以上のAOEカードがほぼ無いため、ケアされると厳しいです。相手の場に体力1のフォロワーを並ばせるように誘導する戦略が大事ですね。
 そして全体としてフィニッシャーが少ないです。「ドラゴスネーク」や「ドラゴン牧場」等は、しっかりと取るようにしましょう。

 とにかくフィニッシャーを優先しましょう。高コストカードまで耐えられれば、比較的有利に立ち回れるリーダーのはずですので・・・。

マナカーブ等の情報についてはこちら→リンク

2)Pickドラゴンで強いカードまとめ
攻めのカード=フィニッシャーや、それに準ずるカード
守りのカード=主に盤面を取ることに長けているカード
リソース回復=ドローやサーチなどに関連するカード

a


b

c

d

~総評~
個人的に特に強いと思うカードは,
ブロンズ・・・「ドラゴスネーク」「侮蔑の嘲笑」「圧倒する猛撃」
シルバー・・・「忌まわしき紫竜」「グリフォンの守衛
レジェンド・・・「ドラゴン牧場」「ガルミーユ」「ポセイドン」「豪炎のドラゴン」etc
 です。

3)デッキをどのように組むべきか?
①フィニッシャーを優先すべし
 ドラゴンは低コスト処理等の防御系カードが豊富な反面、フィニッシャーに当たるカードが少ないです。特にレジェンド未満には「ドラゴスネーク」くらいしか無いので、積極的にPickしていきましょう。当然レジェンド枠からも、フィニッシャーを取っていきたいですね。

ドラゴスネークは、貴重なブロンズフィニッシャー

②5,6コス帯を上手く通過するデッキを
 ドラゴンは5~6コスカードが非常に少ないため、その部分をうまくやりくりしないといけません。当然5,6コス帯の強カードをPickすることは重要です。

 もしくは2+3で5ターン目、3+3で6ターン目を通過することが考えられます。どっちにしても手札消費が増えるので、ドローカードは多めにPickしておくべきでしょう。

 またPP加速をして、5~6PP帯を早めに抜ける方法も考えられます。ですが今季無理にPP加速すると、盤面を作られて終わる時が結構あります。注意しましょう。

ドローカードや、5~6コストフォロワーは比較的優先

③処理スペルのとり過ぎには注意
 ドラゴンは盤面を取るためのスペルが豊富です。特に確定除去がブロンズ枠に2種類ある部分が優秀ですね。
 しかしこれらのカードを適当に取っていると、自分から盤面展開出来ないデッキになってしまいます。盤面を作るカードは、意識して取ったほうが良いですね。
これらは強いのだが、取りすぎると自分から動けなくなる 注意

④AOE1点カードが多いのはメリットだが、反面ケアされやすい
 これは覚えておいてレベルです。
 ドラゴンクラスは1点AOEカードが多いので、フェアリーやスケルトン等を出してくる相手に対して強く出れます。
 一方体力1点を回避さえすれば良いので、上手い対面だとケアし続けてきます。AOE札が多いからと言っても、過信は禁物ですね。


4)まとめ
 前環境ドラゴンはまあまあの位置にいましたが、今季かなり厳しいと思います。特にコストマナカーブが歪む部分がどうにもならないですね。
 ただし上振れPP加速からの高コストカード連打が強いときもあるので、ワンチャンあるリーダーじゃないかな~と思います。
 それではこのへんで失礼いたします。


ミッドロイヤル その2←前の記事 次の記事→ローテロイヤル構築記事 その1


~本シリーズの記事まとめ~
ロイヤル
ビショップ
 ←シャドバ以外のつぶやきもあります。ご了承ください。

その1
その2(この記事)
その3(まだ)
-----------------------------
 こちらは鋼鉄の反逆者(STR)環境の、4/15時点での記事です。ナーフ等されていません。ご注意下さい。
-----------------------------

 この記事は、その1からの続きです。「ローテミッドロイヤル」を触ったことがない人は、見ておくと以後の話がわかりやすくなると思います。知ってる人は、特に見なくても良いです。
 →その1

 なおこの記事では、以下の「エルネスタ(従者)」入りのローテミッドロイヤル構築について語ります。
 「キャノンスマッシャー」入りの構築についてはその3で書きますので、そちらもよろしくお願いします。
a
本日はこちらを扱います

0)前置き
・この構築が結論というわけではありません。「筆者はこれが良いんじゃないか」という事柄を解説している記事です。
・特定の個人の構築を批判するものではありません
・今回私が運営する窓のメンバーに協力してもらいました。この場を借りてお礼申し上げます。

 以上をご理解いただいたうえで、お進み頂ますようお願い致します。
お辞儀をする黒い制服の店員のイラスト(男性)
一つの意見として御覧ください

EX1)STR環境まとめ
 まず構築を語る前に、1環境前のALTとSTR環境を比較します。
--------------------------------------------
ALT環境tier1(ナーフ後)・・・AFネメシス、聖獅子、ランプドラ、ミッドロイ、ミッドネクロ、マナリアetc・・・
 ⇨(かなり混沌としているが、どちらかと言うとミッドレンジ~コントロール環境)
STR環境tier1・・・ミッドレンジロイヤル、蝙蝠ヴァンプ、ミッドレンジネクロ※機械系もそこそこ
 ⇨直接ダメージ&潜伏環境(キルレンジは大体ミッドか?
 ①ネクロやヴァンプに存在するラストワードに対する対抗札が必要。
 ②キルターンが8~10でほぼ固定されているため、それより前に倒しきる必要があり、潜伏や疾走が重要になる。
これらのカードのせいで、リーサルまでに明確なリミットが存在
--------------------------------------------
ALT環境・・・先陣の騎兵が使えた
STR環境・・・【先陣の騎兵】【リーシャ、剣舞】
先後関係なく、明確な4の動きが乏しく。また安定した回復札が無い
リーシャによる進化を節約した盤面干渉が強力。剣舞に寄る攻めながら盤面を掃除する動きが可能に。
「騎兵」による回復力は低下 その代わり「剣舞」と「リーシャ」による盤面処理は強力に
--------------------------------------------
 またこのデッキは「蝙蝠」や「アーカスフェリコンボ」のような1ターンで大量のダメージを稼げないため、
常にちまちまと削っていく必要があると感じています。


EX2)2種類のデッキパターンについて
 さて、今環境様々なミッドロイヤルデッキがあります。その中でも
「エルネスタ」「簒奪の従者」「キャノンスマッシャー」のどれを採用するのか?
「リーシャ」の枚数
「オクトリス」の枚数

 について、まだ明確な答えが出ていないと私は認識しています。そして今回色々な意見を集め、集約した結果、

ミッドレンジロイヤルは、2種類の型があるのではないか?

 という結論に至りました。
a

 そして本日は、
 「リーシャおよびエルネスタ(簒奪の従者)」を重視した構築について語ります。
a

 それでは参りましょう。


1)疾走と潜伏は大切
 前述したが、今環境は「アーカス」や「ヴァーナレク」などを意識すべき環境。これらは盤面干渉力が異常に強く、5面展開しても取られてしまうことも多い。特に7ターン目以降以降、工夫を行わなければ相手のライフを削れない
中盤以降、これらのカードのせいでライフが削りにくい

 よって強い【潜伏】および【疾走】、補助として【バフ】カードが重要になると私は考える。

 ●まず「リオード」は確定。これに「エンハンス白刃の剣舞」を付与できれば、盤面を掃除しながら相手のライフを一気に削ることが可能。生成する「アサシン」にも様々な用途がある。
 ●「セリア」「レイサム」も疾走打点カードとして強力、「クイックブレイダー」はこの2枚のカードとシナジーがあるため、それぞれ3積みで良いだろう。
 ●「ドラゴンナイツ」を削っているデッキあるが、疾走札を削る選択はあまり良くないと考えられるため、以下3積みで話を進める。(※7ターン目に「パーシヴァル」+「アサシン」の動きも強力)
a
残り22枠

EX)アサシンの使い方
 前環境までリオードを「アサシン」で再潜伏することが多かったが、今は頻度が減った筆者は考えている。先5で「白刃の剣舞」を打つことがある、リーシャという再潜伏する価値があるカードが追加された、などの理由だ。

 その代わり6~7で「リーシャ」7で「パーシヴァル」を潜伏させることで、相手のライフに大打撃を与える動きが強い。
 つまりこのカードはフィニッシャーを生成する役割を担っていると言えるだろう。

アサシンは、リオードを伏せる役割だけではない

2)デッキを安定させるためのカード
 当然疾走札だけでデッキは完成せず、補助カードも必要になる。

 ●「アイテール」はレイサムなどを確定でサーチできるため3積み。このカードがないと、今のロイヤルは上振れ前提デッキになるくらいの強カード。
 ●「レイピアマスター」は1~10全てのターンをこれ1枚でまかなえる上、レイサム能力下で必殺守護を持ちながら走ることも可能。3積み。

 ●「簒奪の使徒」は、「セレス」および「ヴィーラ」を、相打ちせずに取れる部分が大きい。また「剣舞+リオード」の5/7を、後5でも取ることができる。(※翼+ヴィーラは無理ですが。)
 そしてミラーに置ける「白セリア」現行tier2デッキに多い機械デッキの小型フォロワーを一気に片付けることも可能。そしてこのカードは手札で被ったとしても、567ターン目に継続して投げることも可能。よって3積み。

 ●最近削っているリストも多い「白と黒の決闘」だが、個人的に3枚確定
 ・まずネクロマンサー対面では、交戦時ダメージ持ちの「セレス」に対する対抗札になりうる。またファフニールのAOEに対する蓋も可能。
 ・ヴァンパイア対面では「邪眼の悪魔」のAOEや、単純に処理スペルを防げる。
 ・ミラーでは先5「剣舞+リオード」に対する、後手4の回答にもなりえる。

~2019/4/29追記~
 白と黒の決闘だが、現在ネクロマンサーが減っていること。1で開かないと腐ることが多いことなどの理由で、2枚にしても良いかもと思っています。



以上。
a
残り10枠

EX)アイテールの使い方(※リーシャを中心に考える場合)
 前環境まで「先陣の騎兵」という後手の強カードをサーチできたが、今環境は4であまりプレイしたくない「リーシャ」がサーチされる。※よって4は別の動きで埋める必要がある

 しかし「アイテール」は3でかなり強い動きになるカード、3でこのカード投げたくないな~という状態のデッキにすることは良くないという仮説が生まれる。

 よって「リーシャ」をサーチしてしまうなら、逆にリーシャを起点として強く使えるようなデッキにすべきではないか?と私は考えた。
 特に6ターン目に「リーシャ」+「2コス以下兵士」で進化権を節約しながら盤面を取る動きが強力であるため、2コスフォロワーを可能な限り「兵士」で埋めるべきであると私は考える。

リーシャを中心に考えるなら、アイテールは3で投げやすくなる

3)リーシャに寄せた構築?
 前提として、「リーシャ」はアイテールの4コストサーチ先として必要なので、最低1枚は必須。問題何枚デッキに入れるのか問題だ。
 今回は「3枚で固定すべき」という視点で話す。このカードの特徴とともに、その理由を述べる。
-------------------------------------------
●リーシャの特徴
良い点
 ・特に5~7で強く使える。特にロイヤルの弱点である6~7マナ帯で強く使えるのが大きい。
 ・進化権を温存できる。(→レイサムのための進化権を温存できる)
 ・レイサム下でも、めちゃくちゃ強烈な動きが可能。
 ・クイックブレイダー等の単体で弱い兵士フォロワーでも、強いシナジーが組める。
 ・必殺生成できる。
 ・10でバーンカードを生成できる。

悪い点
  ・盤面に対しては強いが、ライフに圧力をかける役割は薄い
 ・4コストカードだが、4ターン目に置くのは弱い
 ・兵士カードが無いと弱い
 ・手札消費が多い。
 ・アイテールでサーチできるから、2枚でもいい説?(私はこの理由で減らさないですが)
-------------------------------------------
●なぜリーシャを3枚?
 理由は以下の通りである。

 ●ロイヤルクラスは「レイサム」を安全着地させることが一つの勝ちパターンであり、8ターン目まで進化権を温存することも多い。その動きをこのカードは実現することができる。(特に5~7で強く動けるため。)
 
 ●「アイテール」によって確定サーチできるため、このカードを強く使える構築を目指すべき。

 ●現状このデッキには兵士カード(及び兵士カードを生成するカード)が多い。その中で「クイックブレイダー」および「レイピアマスター」コンボカードの側面が強く、シナジーカードが手札に無いと弱いカードである。
 しかしリーシャはこの2枚のカードを起点として強く使える。(弱いカードに役割をもたせることができる。)

 ●後述するが、今回【序盤の事故軽減】のために「2コス兵士フォロワー」を2枚追加した。それらのカードは後半引くと弱いが、「リーシャ」と組み合わせて強く使うことができる。

 ●何度使っても強いカードである。

 以上。
a
残り7枚

4)後攻4ターン目の動きを、2+2で補う
 このデッキは現状4ターン目の動きがかなり乏しい。特に後手4ターン目の強い動きが現状皆無であるため。これを解消する必要がある。しかし「アイテール」のサーチが「リーシャ」で固定されているため、例えば「フローラルフェンサー」などのカードを入れることは出来ない

 そこで今回私は、4ターン目に「2コス処理スペル」+「2コスフォロワー」で動くことを想定して、「簒奪の邪剣」を採用することとした。ちなみに「簒奪の使徒」とのシナジーもある。

 ちなみに「ワルツ」は今回不採用とした。理由は以下の通り↓
-------------------------------------------
・先攻3の動きとしては強いが、後手では2/2/2と相打ち、3/2/3に至っては上から踏まれてしまう。よって後攻でまくるカードとしては微妙だと判断。
・「リーシャ」とのシナジーがあるが、そのメリット以上に、3~4ターン目にテンポを取られるデメリットが大きいと感じた
-------------------------------------------
 おそらくこの部分は考え方によって変わると考えられるが、以後3積みで話を進める。



~2019/4/19追記~
 この部分について、かなり考え方を変更しました。その理由は、その3で解説しています。そちらを参照して下さい。
 その3リンク


a
残り4枚

4)オクトリスの枚数は?
 今環境はネクロマンサーおよび蝙蝠ヴァンプを最も見るべき環境である。よってオクトリスを採用する価値があると私は判断した。
 問題はこのカードを何枚積むのかである。まずはオクトリスの特徴をまとめる。
-------------------------------------------
●オクトリスの特徴
良い点
 ・ラストワードを奪える
 ・財宝カードを生成できる。
 ・8で「剣舞」「アサシン」などとくっつけることが可能

悪い点
 ・ラストワードを奪えなければ、8ターン目までほぼバニラ。
 ・明確なシナジーが、「剣舞」と「アサシン」に限定される。
-------------------------------------------
●総評
 オクトリスは【ラストワード奪取】や【8で剣舞やアサシンコンボ】など強い点がある。特に「フラウロス」や「ニコラ」を奪えると、相手に相当のダメージを与えることができる。
 だがラストワードが奪えない場合はほぼバニラカード。また上手い相手だと、ソウルコンバージョン等で奪われないようにする動きをしてくる。
 8で強く使えるとは言え、ロイヤルは強い8の動きが多い
 
 よって絶対に3積みしたいカードなのか・・・という疑問が出る。ここでは一度2積みで話を進めようと思う。
※ちなみにレート等ネクロが異常に多い環境なら、3積みすべきだと思われます。
a
一度2積みで話を進める 残り2枠

5)残りは2コス兵士で埋める
 現状デッキに2コスフォロワーが実質4種12枚入っている。しかし多くが2ターン目に使いたくないカードである。
 個人的に「レイピアマスター」は比較的投げやすくリオード」も進化前に伏せるので、2で置いてもギリギリ許容範囲であると考えている。
-----------------------------------
~2019/4/19追記~
おそらくレイピアマスターは、先行4では強いので、2で投げないほうが良いかもと思っています。どっちかというと、今季は「セリア」のほうが2で置くことが多いと判断しています。ここら辺デッキによって変化するので、要検証といってところでしょうか。
-----------------------------------

 よって現状安定して置ける2コスカードは6枚。これはドロー確率的にあまり良い数字ではない。よって2で置ける2コスカードを8枚にし、どのパターンでもドロー確率を70%近くor以上にすべきだと今回判断した。
確率については、こちらのリンクを参照して下さい
a
クリック推奨+詳しい意味を知りたい場合は、リンク先に飛んで下さい

 さて、現在の環境で候補としては、以下の5枚であると考える。

 そしてこの中で、リーシャを中心に考えるなら「エルネスタ」および「従者」が最有力になる。
a

●採用しなかったカードについて

「キャノンスマッシャー」・・・先4で強いが、兵士指揮官シナジーが無いため不採用。
「オースレスナイト」・・・横展開で強いが、ミラーで簒奪の従者を出されると詰むため不採用。
「ホーリーナイトベア」・・・単純に守護な部分が良いが、エンハンスが邪魔になる場合が多かったため不採用。

●「エルネスタ」と「従者」について
 まず共通点として
・両者とも兵士→後半引いても、リーシャの弾として強く使える。
・両者ともエンハンスが無い黒セリアの打点上昇に使いやすい。
 という利点がある。

 「エルネスタ」は単純に2/2/2であるため、従者よりもライフに対する圧力は高い。また要らない手札を1枚変換できる部分も強い。だがこの部分が弱点になる場合も多い
 「従者」は2/1/1なので、ライフに対する圧力は弱く、マジックミサイル等にも弱い。ただし現環境1/1が多いため、それらのカードに対する対抗手段として強く使うことができる。また財宝カード生成も可能。

 以上のように利点と弱点があるが、「従者」はミラーで「隠伏天誅」や「簒奪の使徒」のファンファーレで取られるなどのデメリットが目立ったため、今回私は「エルネスタ」を採用するに至った。

 以上、採用カードについて終わり。

 ~2019/4/19追記~
 この部分について、「従者」を優先するようになりました。その理由は、その3で解説しています。そちらを参照して下さい。
 その3リンク

a
以上のような理由で、このデッキになりました

5)終わりに
 さて、今回は構築についてのみ語りました。しかし冒頭で述べたとおり、この記事は「こうじゃないか・・・」と私が現時点で考えている事柄を述べただけに過ぎません。

ご批判ご意見等頂けましたら、ありがたいと存じます。
 
 その3記事では、「キャノンスマッシャー」型について記載したいと思います。その後で、立ち回り等についても記述したいと思います。

本記事その1←前の記事 次の記事→2Pickドラゴン


~ローテロイヤル記事~
その1
その2
その3(まだ)




~2Pick記事まとめ~
 ←シャドバ以外のつぶやきもあります。ご了承ください。

↑このページのトップヘ