2pick平均4勝を目指すblog

シャドウバースについて詳しく書いていきます

カテゴリ: 蒼空の騎士

今季書いた記事のまとめです。定期的にこういったまとめ記事を上げていきたいなあ。

~初心者の方向けの記事~

●普段構築をやっている人向けシリーズ
part1 2Pickで大事な3つの事柄について
part2 強カードまとめ(ネメシス、ドラゴン、ウィッチ)
part3    〃   (ネクロマンサー、ロイヤル)
part4    〃   (エルフ、ヴァンパイア、ビショップ)
part5 マリガンの基本
part6 Pickにおいて普遍的に強いカード&ケアすべきカードまとめ


~中級者向けの記事~

●データで見る評価シリーズ
part1 Pickの基本について ※少し詳しめ
part2 データで見る各リーダーの特徴

以下個別記事↓
エルフ編
ロイヤル編
ウィッチ編
ドラゴン編
ネクロマンサー編
ヴァンパイア編
ビショップ編
ネメシス編


~上級者向け記事~
マリガンを深めるシリーズ
前編
中編
後編


~コラム記事~
コラム1 蒼空の騎士環境における、AFの取り扱いについて
コラム2 今環境の振り返り
コラム3 来季落ちるカードの簡易まとめ
コラム4 効果が難しそうな新カードをまとめてみたその1


本日は少し早いですが,今季2Pickの振り返りを行います。

1)全体的な話
今期は前環境からがらりと変わったなという印象が強かったです。というのもWLDのパワーカードが軒並み落ちた影響で、パワーPickスタイル(強いカードをとにかく取るスタイル)が通用しなくなったと私は感じているからです。平たく言うとテンポ環境になったのかなと。来期はシルバー以下に多面処理札が欲しいなあと感じています。
そしてNカードの「ラカム」「アルテア」「伝説の幕開け」「プロトバハムート」の4枚が本当に強かったです。個人的に「伝説の幕開け」はナーフしてほしいなあ・・・と現在感じております。

2)各クラスのお話
前環境はネメシスが圧倒的Tier1だった印象でしたが、今期は他のクラスを上に挙げる人が増えた印象がありました。つまり相対的に弱体化を受けたと言えますね。
その理由として、ネメシスの序盤~中盤を支えていたベーシックカードが軒並み落ちたことが、かなり大きかったと考えられます。特に「鉄鋼の拳闘士」と「ネクス」が落ちてしまったことが、個人的にとても悲しかったですね・・・。加えて非常に繊細な組み方を求められる部分も、難しかったなという印象です。(前環境はそうでも無かった印象です。)
ですがそれでも強いリーダーであることは間違いなかったと思います。来期も上位リーダーから転落する事は少なそうですね。(ちなみに筆者は優先度1位に設定していました。)

お次はドラゴンについて。このリーダーは環境初期弱いという声が大きかったですが、最終的に強リーダー認定をしている人が増えた印象がありました。かくいう私も「このリーダーは安定感あって強いなー」という印象を持っていました。
その原因はおそらく「前環境の弱カードが軒並み落ちたこと」だと思います。加えて今環境追加されたカードが軒並み序盤~中盤に強いカードだったため、安定して攻めることができましたね。アディショナルカードの追加も大きかったと思います。
ただ次の環境で「竜の峡谷」が落ちてしまうことが非常に気になります。新パックでは、新しいフィニッシャーカードの追加を期待しております。(ちなみに第2位でした)

次に突然大量のパワーカードを配られたウィッチについて。いやー、テコ入れすごいなと感じました。(小並感)
特に20枚以下制限の「暗黒の召喚士」と「才能の開花」の2枚がえげつないパワーを持っていました。「暗黒の召喚士」に関してはその圧倒的パワーゆえに、構築でも悪用されるという。もうこれわかんねえな状態でしたね
ブロンズの「グランドスピア」や「ピースフルサモナー」の追加も大きかったと思います。非常に使いやすく、好感触でした。
そしてやはり「連鎖する雷」は強かったです。「暗黒の召喚士」の処理を押し付けている間に雷でライフを焼き切るルートは、多用させていただきました。
一方過去の弱カードがカードプールに存在していたせいで、安定感はあまりなかったですね。来期の追加カードはどうなるんだろうか・・・?(ちなみに第3位でした)

以下は少し簡単に記載します。
私は「エルフ」と「ネクロマンサー」を中堅クラスに設定していました。
一時期は「エルフ」を1位にしていたのですが、途中で下げました。環境が固まっていくにつれて「ちょっときついなー」と感じることが多くなったからです。他クラスコスト踏み倒しカード多くない?(第4位でした)
「ネクロマンサー」は安定感抜群のリーダーだったかなと認識しています。ただしフィニッシャー不足だったせいで、ライフを詰め切る手段が取れなかったときはめちゃきつかったですね・・・。少し右手の力が必要なリーダーだったかなと認識していました。(第5位でした)

下位リーダーには「ヴァンパイア」「ロイヤル」「ビショップ」を設定していました。
私は結構初期の段階から「ヴァンパイア」を第6位にしていましたね。(つまり使う事があるリーダーでした。)
なぜ6位に置いているの?と疑問に思われている方も少なくないでしょう。たしかに今環境で落ちたカードが軒並み強かったため、凄まじい弱体化を食らったことは事実です。しかし「麗しのサキュバス」を筆頭とする横展開カード、「インプランサー」などの直接ダメージ系カードを活用すれば、勝てないリーダーではないと私は判断しました。またレジェンド依存度が低い部分も好印象だったかなと感じています。(強いとは言っていない。)

「ロイヤル」はレジェンド枠および「大商人」に対する依存度が大きすぎるなと感じたため、使用をあきらめました。上位に置いておられる方も多いため、ここは好みの部分かなと思います。
「ビショップ」は本当に勝ち方が最後までつかめなかったリーダーでした。シルバー以下に多面処理カードがなさ過ぎて、ちょっと広げられると処理が間に合わず、ライフが溶けていることがめちゃくちゃ多かったですね。使用されている方には申し訳ないですが、私には合わなかったです

3)まとめ
とまあここまで書きましたが、今期は「Nカードが強かった」「テンポ環境になった」、以上の2つがキーワードだったかなと感じています。特にNカードが強かったので、どのクラスでもNカードを最大限に警戒しなければならなかった部分が、不思議な感じでした。
来期は構築でWLDのカードが落ちるので、互換としてNパワーカードが配られる可能性があります。なんにせよ、今後追加されるカードに期待ですね。

以上です。次は来期落ちるカードの考察を行います。





初心者講座その6←前   次→来季落ちるカードの簡易まとめ

~過去の記事~

中級者向けPick記事 Part1

中級者向け各リーダーのPick解説part1 ※エルフ編




~本日のお品書き~
1) はじめに
2) 2コスフォロワーの強さ
3) 各リーダーごとのケアすべきカード ※コストソート

------------------------------------------------------------
1)はじめに
本日は環境が変わっても変化する事はないであろうフォロワーの基本および,今季ケアすべきカードについて書きます。


2)フォロワーのスタッツによる強さ
※注意:基本的に、バニラカードという前提で書きます。

①2コスフォロワーの強さ
当然ではありますが、2/2/2フォロワーが2コス枠では最も強いです。
次いで強いのは2/2/1カードですが、2/2/2とは大きな隔たりがあります。特に2/2/1カードをネメシス相手に出すことは、かなり勇気のいる行為です。なぜなら操り人形に取られてしまうからです。

次に2/1/42/1/3カードが続きます。基本的にこれらのカードは弱いのですので、あまりピックしない方が良いでしょう。
2/1/2カードは、2コスフォロワーの数に含めません。2/2/2カードと相打ち出来ない可能性が高いからです。


【例外的に強いor許容できるフォロワー】
2/2/1・・・ブラックウィッチアンナ、まどろみの白竜、ハーメルンなど
2/1/4・・・基本該当はなし
2/1/3・・・レディグレイなど
2/1/2・・・スコルピオなど
2/1/1・・・マチルダ


可能なら,2/2/2フォロワーで済ませたい

②3コスフォロワーの強さ
2Pickでは、【3/2/3スタッツを持つカード=無条件で強い】という法則があります。なぜなら2/2/2カードを上から取れるからです。
特に3/2/3守護フォロワーは非常に強力です。2ターン目に出した2/2/2フォロワーを守ることができるからですね。※特に先行で強いです。

逆に3/3/2カードは弱いです。なぜなら2/2/2カードと相討ちになってしまうからです。これは1コスト分不利になると言えますね。
3/2/2カードは3/3/2カードよりもスタッツが弱いのですが、代わりに強力な効果を持っている事が多いです。一長一短であると言えるでしょう。


例外的に強いor許容できるフォロワー
3/3/2・・・オートマタナイトなど
3/2/2・・・ゴブリンエンペラー、ローアインなど多数
3/2/1・・・ワルツなど
3/1/2・・・純心の歌い手(ドローカードとして見るため、スタッツがあるだけまし)

2Pickは基本的に【体力】>【攻撃力】 よってこれらのカードは弱い


③4、5コスフォロワーの強さ
4/3/4カードは2コス3点スペルで取られないので、4/3/3カードよりも優秀です。

5/4/5は進化アルテア(5/6/6)を上から踏めるため優秀です。
また5/3/6はアルテアを単体で取ることが出来ませんが、攻撃力4のフォロワーを進化して上から踏んだ時に体力が4残るため優秀です。
ようは使い分けですね。
※5/4/4以下のスタッツのカードは、効果が強いことが多いです。
地味だけど,優秀なフォロワー達


④6コスト以上のコスト帯
6コスト以上のカードは、基本的に効果が強いかどうかで判断します。
特に強いファンファーレ効果持ちのカードは積極的にピックしたいですね。
強い効果持ちのカードは,積極的にピックしたい

3)各リーダーごとのケアすべきカード ※コストソート
各リーダーから飛んでくるカードの把握は重要です。その中でも特に重要なカードをまとめます。あまりケアしなくてもいいかな・・・と思ったカードは記載しません。
では行きましょう。

◎ニュートラル
3コスト・・・落とし穴(確定)
4コスト・・・ラカム(進化3点)
5コスト・・・麒麟(進化2点),アルテア(進化4点),神罰(確定)
6コスト・・・ミスターフルムーン(準確定)
8コスト・・・ランページマンモス(進化ランダム2点×2)
9コスト・・・プロトバハムート(AOE3点)

※注釈
・基本的に進化権を使って効果を発動するカードが多い
・ケアし辛いカードが多いので,「もし出されたとしたら・・・次はこう動くか」のような先読みが重要。
9ターン目のプロトバハムートケアはどのクラス対面でも必須。怠るとたいてい負け。



①エルフ


1コスト・・・対空射撃(3点)
2コスト・・・森荒らしの報い(2点),レーネ(?点),妖精の調べ(バフ)
3コスト・・・3/2/3カード多数
4コスト・・・ネルシャ(準確定生成),紅弓のエルフ(進化AOE2点),スーテラ(進化AOE1点),メーテラ(進化準確定),森のささやき(準確定)
5コスト・・・エンハンスリーフマン(バフ)
6コスト・・・忌刃鬼(AOE1点),カシオペア(X点)
10コスト・・・キングエレファント(X点)

※注釈
・対空射撃と森荒らしがあるので,基本的に体力を4点以上にしておくと安全
・4コスト帯に強いカードが多い。ただしシルバー枠以上なので,数自体は少ない。
・進化時効果持ちカードが強い。特に「紅弓」と「スーテラ」のケアは必須
・横展開にも縦(スタッツが大きいフォロワー)にも対応できるが,どちらかというと横展開に強いクラスである。


②ロイヤル


2コスト・・・クーフーリン(2点)
3コスト・・・ワルツ(3点or確定生成),暗殺術(5点),ノーニャ(指揮官ありで必殺)
4コスト・・・先陣の騎兵(進化横展開),前線の城塞(1点×3or4),逆境への対処(AOE1点),バルバロッサ(5点)
5コスト・・・エンハンスルシウス(確定),ポルックス(ニュートラルで進化 6点)
6コスト・・・エンハンスクーフーリン(確定)
7コスト・・・エンハンス大商人(ドロー),エンハンス嵐の槍使い(3点+AOE2点)
8コスト・・・スカイフォートレス(5点+α),エンハンスドラゴンナイツ(?点),角冠の王(AOE1or2点)

※注釈
2ターン目までに出てきた指揮官は積極的に取る。(ノーニャがいるため)
・後半はニュートラルも積極的に取る。
・暗殺術(5点)や確定除去が大量にあるため縦にめちゃくちゃ強い反面AOEが貧弱なので,横展開にめっぽう弱い。※レジェンド枠にはAOEあり。
・レジェンド枠がめちゃくちゃ強いが,それ以外は割と貧弱。カウントしておくと良い。


③ウィッチ

2コスト・・・グランドスピア(2or4点)
4コスト・・・ライトニングランサー&カリオストロ(進化3点),ノヴァフレア(AOE2点),才能の開花(5点)
5コスト・・・ストームレイジ(3+AOE1点)
6コスト・・・大召喚(横展開)
7コスト・・・キングスノーマン(横展開),精神の締め出し(確定除去),暗黒の召喚士(4点)

※注釈
・基本的に5点以上の点数が出ないクラスなので,可能ならばその水準以上の体力を維持する。
・4コストのライトニングランサーはケアできない場合が多い。出されたときにどうするか?ということを予想しつつ動く
・7コストの召喚士はケアしにくいが,確定除去などを温存するなどの対応を考えておく。
連鎖する雷があるので,10ターン目までに体力を7点以上にしておくと少し安心。13点以上にしておくとより安心。
ストームレイジなどを筆頭に,横展開に強いクラス。逆に確定除去が少ないため,縦置きに弱い。


④ドラゴン

1コスト・・・ブレイジングブレス(2点),竜の翼(5点生成)
2コスト・・・マチルダ(1点生成)
3コスト・・・ロイ(3点生成),アリーザ(3or4点)毒尾のドラゴン(必殺)
4コスト・・・バジリスクライダー(必殺)
5コスト・・・エンハンスドラゴニュートの威圧(AOE2点),テールスイング(確定除去)
6コスト・・・エンハンスベオウルフ(確定),コーダ(攻撃不可)
7コスト・・・新ジルニトラ(2+4+4点),竜の峡谷(5/5生成),エンハンスリトルドラゴン(攻撃不可)
8コスト・・・氷炎竜(3点)
9コスト・・・狂えるドレイク(AOE?点)ケートス(確定)

※注釈
3ターン目毒尾のドラゴンや,4ターン目バジリスクライダーをされると憤死する。可能なら低コスト消滅札や,ライトニングランサー等のカードをキープするほうが良い。
テールスイングやエンハンスベオウルフ等の確定除去が多い。一方AOEは完全にレジェンド枠に頼ることになる。よって基本的に縦に強く横に弱いリーダーとなる。
・攻撃不可カードにやられることも多い。それらを処理できる札を適当に放り投げないほうが良い。
竜の峡谷を安全に着地させないような立ち回りを意識すべし。


⑤ネクロマンサー


2コスト・・・消えぬ怨恨(2or4点),サルナーン(能力消去),フェリ(3回攻撃付与)
3コスト・・・フラン(4点)霊呼びの少女(1点生成)
4コスト・・・カストール(ラストワード),マミー(2点),冥河の案内人(確定除去)
5コスト・・・漆黒の剣鬼(2点),憂鬱な霊媒師(1点),深淵への誘い(確定)
6コスト・・・エンハンスグレモリー(バフ)
7コスト・・・死滅の霧(AOE4点),アヌビス(確定),滅殺の鎧(大型スタッツ)
10コスト・・・新モルディカイ(7点),エンハンスアイシャ(10点)

※注釈
・盤面にフォロワーが残っていると強い効果を発揮するカードが多い。相手の盤面をしっかりと処理したい。
確定除去が非常に多い。また2面処理札も多い。ただAOEは貧弱なので,迷ったら横展開のほうが良いかも?(体力を3以上にしておくと少し安心)
10ターン目のアイシャケアは可能なら行うべし。


⑥ヴァンパイア


2コスト・・・鋭利な一裂き等のスペル(3点),ヴィーラ(進化時特殊効果),スコルピオ(必殺)
3コスト・・・ナイトメアデビル(横展開)毒蛇の一噛みなどのスペル(4点),パズズ(必殺)
4コスト・・・エウリュアレー(必殺),ダークジェネラル(4点),ナルメア(進化確定),麗しのサキュバス(横展開)
5コスト・・・激情の悪魔(AOE1点)
6コスト・・・フェンリル(4点+2点),インプランサー(3点),大悪魔の腕(AOE3点)
7コスト・・・エンハンスデビルハンド(2点+バフ)エンハンス激情の悪魔(AOE2点)ステンノ(2×2点)
9コスト・・・厄災の魔神(4点バーン)

※注釈
横展開を駆使した速攻系リーダーなので,2パス=死。注意したい。※使う側も使われる側も。
激情の悪魔等のカードがあるので横展開に強いが,確定除去が殆ど無い。特に5点以上の体力にすこぶる弱い。よって縦置きがどちらかというと刺さる
・ドローカードも少ないため,耐久していれば勝手に爆散していく。


⑦ビショップ


2コスト・・・漆黒の法典等のスペル(3点),ロレーナ(進化4点),愚神礼賛(確定),結晶(フィニッシャー)
3コスト・・・プリズムスイング(4点),ペガサスデュラハン(ラストワード)
5コスト・・・神殿の狂鬼(2回攻撃),清き殲滅(確定)
7コスト・・・エンハンスジャンヌ(3点AOE)
8コスト・・・グレートタウラス(5点),テミスの粛清(確定AOE)

※注釈
・基本的に結晶で攻めるリーダーなので,早期決着を狙うほうが良い
カウンター系のリーダーである。特に7の新ジャンヌ,8の粛清リソースを削り取られるとかなりきつい。注意すべし。
・中盤の動きは基本的に弱い。そのスキをついて,強い盤面を作りたい。


⑧ネメシス


2コスト・・・イカロス&パラケルスス(進化3点),ロケットナックル(3or6点),歴史を知る者&ミリアム(テンポロス極小フィニッシャー生成),機構翼の剣士(強AF生成)
3コスト・・・すり替わり(3点+1点),ジャンク(1点×2),パペットルーム(1点×4)
4コスト・・・シロウ(コスト踏み倒し)
5コスト・・・魔獣の傭兵(共鳴1点AOE),異界転送(確定)奪い取る指揮(?点+?点)
6コスト・・・バジリス(AOE3点)
7コスト・・・ツヴァイ(4点+3点×2),作られし巨像(?点)
8コスト・・・オーキス(基本1点×3),マグナレガシー(AOE?点)
9コスト・・・ノア(2+3点+α)


※注釈
・最も注意すべきカードは,間違いなくバジリスである。このカードのケアは必須。
・上で上げたバジリスを筆頭に,細かく盤面を取ることが得意なため,横展開に強い。一方確定除去が薄いクラスであるため,縦に弱い
・AF生成をすると,どこから何が飛んでくるか把握しにくくなる。突進or疾走系のAFを覚えると良いと個人的に思う。


以上。明日からは,新環境に向けた記事を書いていきまーす。



※gamewithによるピックカードまとめは→リンク


コラム←前   次→まだ

~過去の記事~

中級者向けPick記事 Part1

中級者向け各リーダーのPick解説part1 ※エルフ編

~本日のお品書き~
1) はじめに
2) AFカードの強さと弱さ
3) まとめ

------------------------------------------------------------
1)はじめに
本日は初心者向けの記事ではなく、中級者~上級者向けの記事です。内容はタイトルにも書いた通り、「蒼空の騎士環境における、2PickネメシスのAFについて」についてです。
この記事を書こうとしたのは、【最近Pickにおいてネメシスが弱いんじゃないか説が出ている→いや弱くは無いと思うけど,組み方は間違いなく難しいよな・・・】と思ったことがきっかけです。
では、早速参りましょう


2)~AFカードの強さと弱さ~
先日からの記事にも書いておりますが、私はカードを「攻め」「守り」「リソース回復」の3つに分類しています。
ネメシスは更に「AF」「人形遣い」の2分類に注目します。特にAFカードは扱いが難しいですね。見ていきましょう


①AFカードの見方
「今期はAF関連のカードが強い」と以前から述べていますが、何故強いのかを説明していなかったと思います。それを説明します。

●AF単体の強さ
構築のAFネメシスを触ったことのある方には釈迦に説法かもしれませんが、AFカードは「コストパフォーマンス」が非常に優れています
特に「2/3守護AF」や「4/3疾走AF」などのドローがついてくるAFは、2Pickにおいて非常に強いカードとなります。リソース回復をしつつ、標準スタッツを場に残せるからです。
「7/5/5復活AF」は今季弱くなりましたが、それでもフィニッシャーとして活躍するカードです。

●AF生成カードの強さ
AF生成カードは、基本的に低コストです。「機構翼の戦士」「古代の増幅器」「鉄杖の機構士」などが、その最たる例ですね。
特に「低コストで標準スタッツを持ちつつ、AFカードを生成する」カード達は、2Pickにおいて非常に強力です。なぜなら【低コスト標準スタッツ持ち】=【初動事故を抑えつつ、強力なAFを仕込むことができる】からです。

例えば「歴史を知るもの」を例に取ってみます。
このカードは「5/5復活」カードを生成するのですが、2コスで2/2を出しながら5/5復活カードを生成する部分が強力です。5/5復活カードが強いのではありません。標準スタッツを出しつつ、フィニッシャーを仕込める部分が強力なんです。(2ターン目に動きつつフィニッシャーを加える行為は、2Pickにおいて非常に強い動きです。)
こんなことはあり得ませんが、仮に「5/5復活AF」をそのままPickできるカードプールだったとして、そのカードのピック優先度は「歴史を知るもの」よりも低くなるはずです。

他のAF生成カードも同じです。特に「機構翼の剣士」は、生成する全てのカードが強いのに2/2/2という標準スタッツを持っているので、壊れと言わざるを得ません。

●AFサーチカードの強さ
AFカードの大部分は、1枚ドローが付いています。つまり「AFをサーチする」=「ドローを加速しつつ,スタッツを持つカードを手札に加える行為」と言い換えることができます。
そして何よりも強いのが、AFサーチカードの大部分が「標準スタッツを持っている」ことです。他のクラスには標準スタッツを持ちつつドローできるカードが非常に少ないので、その点ネメシスは有利であると言えます。※テンポロスを少なくしつつ、ドローができる。
特に「黒鉄の兵士」や「熱狂の機兵」,「ミリアム」などのカードを、ブロンズorシルバー枠から取れる部分がすごく強いです。

●AF関連カードの弱点
ここまでAFカードの強さについて語りましたが、当然弱点もあります。それは「生成」と「サーチ」がうまくかみ合わなければ、強い動きが生み出せないという部分です。
特に今期は「生成」カードの提示率が下がっているため、意識してそれらのカードを取らないと「サーチカードが腐る」ことも珍しくありません。
また以前から「AFカードを素引きしてずるい!」という意見をちらほら見かけますが、私はサーチされる方が嫌です。素引きはドローが加速しない(or減速する)のに対して、サーチは加速する(or元の速度に戻る)からです。

●あなたはどっちをピックする?
あなたはこの状況で、どちらをピックしますか? ※上は選択肢、下はPick状況

a

a

ちなみにツイッターでアンケートを取ったところ、「シロウ+奪い取る指揮」が優勢でした。
当然「シロウ」は相当強く、かつAF生成カードがまだデッキにない状況ではあります。しかしここで「熱狂の騎兵」を持っておけば、AF生成カードを引いた時に強く動けます。さらにノアもまあまあ強いカードです。
よって私は、左の「熱狂の騎兵+ノア」を取りました。単体のパワーより、AF生成を引いたときのデッキ回転を優先したわけですね。
その後AF生成カードが提示されたため、そちらをピックしていきました。
a
ちなみにこれは左 静謐なる歯車は,AFドローがあるので必要ないと判断

a
これは当然右

a
これは左 シロウが欲しい+AFサーチカードが多めに取れている+奪い取る指揮を避けるPick


当然私の選択が正解とは言いません。ですがネメシスは「AF系統のバランスがかなり重要であり、優先度も高い」ということだけは覚えておいてほしいと思います。
パワーPick(単品で強いカードを拾うPick方法)では,真に強いネメシスデッキはできません。何が足りていて、何が足りていないのか。それらをしっかり把握することが大切です。


●あなたはどのようにマリガンする?
以下のデッキにある「古代の増幅器」が初手に来た場合,あなたはマリガンしますか?またマリガンでこのカードが手元に来た場合,1ターン目に置きますか?
a
※クリック推奨
これは個人的な意見なのですが,マリガンで返します。加えて,1ターン目にプレイはしません。理由は以下の通り。
~理由~
・「古代の増幅器」は3/1突進AFカードを生成するので,ドロー減速が発生するかもしれない。
・加えてAFサーチカードが一切ないため,不用意にAFカードを仕込んでしまうと,手札切れが起こる可能性がある
・このデッキのドローカードは「静謐なる歯車」のみであるので,そのカードへのアクセス率を上げたほうが結果として長く戦える。

以上のように判断すべきだと思うからです。


ではこちらのデッキではどうでしょう?
b
※クリック推奨
このデッキの場合,確実にキープします。加えて,高確率で1ターン目にプレイすると思います。理由は以下の通り。
~理由~
・「古代の増幅器」は3/1突進AFカードを生成するので,ドロー減速が発生するかもしれない。
・しかし「熱狂の騎兵」や「黒鉄の兵士」「ハクラビ」などのAFサーチカードがあるため,AFを仕込んでおけば,強く使うことができる
・またそれ以外のドローカードが無いため,AFサーチが出来ないと手札切れで死ぬ。よって置いたほうが良いと判断する。

以上です。


かなり極端な例を提示しましたが,AF生成カードを序盤のターンにプレイするかどうかは,結構大事な要素だと思っています。
特にAFサーチカードが少ないのに「イカロス」等の3/1突進AF生成カードを序盤に出すことは,相応のリスクを伴います。

AF生成カードとサーチカードが何枚あるのか?序盤に出すほうが良いのか?終盤に出すほうが良いのか?
できあがったデッキを眺めて,マリガンをしっかり決めてください。そうでなければ,「強いデッキだったのに,うまく回らなかった(´・ω・`)」ということになってしまいます。

3)まとめ
ここまでつらつらと書いてきましたが,いかがでしたでしょうか?
ちなみに「人形遣い」関連のカードは,盤面を取るための守備カードとして扱うのが無難だと思っています。AFを優先すべきなのか,はたまた人形を優先すべきなのか・・・。それは,デッキによるとしか言いようがありません。
とにかく練習あるのみです。ネメシスは,ピック次第で強く弱くもなるリーダーです。最低値のボーダーが高いことに加えて,上振れたときに爆発的な強さを誇るため霞んでしまっていますが,本来は繊細なPickを求められるリーダーです。そこを意識して置いて損はないと,私は思います。

以上です。明日は初心者向け記事に戻ります。




※gamewithによるピックカードまとめは→リンク


その5←前   次→その6

~過去の記事~

中級者向けPick記事 Part1

中級者向け各リーダーのPick解説part1 ※エルフ編

~本日のお品書き~
1) はじめに
2) 押さえるべき3つの基本
3) 本日のまとめ
------------------------------------------------------------
1)はじめに
本日から、Pickにおけるマリガンの基本についてお話します。確率等も少し交えながら、進めていきますね。
※本日は、全リーダーに共通するマリガンの基本です。細かい話は、明日以降お伝えいたします。


2)押さえるべき3つの基本
さて、デッキが完成した後は実践に移りますが、構築と同じくマリガンを行います。

そのマリガンで重要な事はたくさんあるのですが、今回は3つの視点に注目します。
①2コストカードを引くためのマリガン
②5コスト以上の勝ち筋になるカードをキープするマリガン
③3、4コストをキープするマリガン

では、早速行きましょう。

①2コストカードを引くためのマリガン
構築でもPickでも、2コストフォロワーからスタートするのは基本中の基本です。つまり2ターン目までに2コストフォロワーを引く事が、非常に重要となります。

デッキ内に存在する2コストフォロワーの数に対するドロー確率は、以下の図のようになります。この表を参考にして、私はマリガンの基準を決めています。それぞれ見ていきましょう。
※基準は、ドロー確率が80%付近かどうかです。
図1:2Pickにおける、2コストカードのドロー確率

ⅰ)2コストフォロワーが5枚以下の場合は、それらを引くためにフルマリガンをする
デッキに存在する2/2/2、2/2/1、2/1/4カードが5枚以下かつ,それらのカードが初手に無い場合、フルマリガンを行います。そうでなければ、かなりの確率で2パスをしてしまうからです。

ⅱ)6~8枚の場合は、1枚キープまで許容する
6~8枚の場合、1枚キープをしてもドロー確率が80%近く、もしくはそれを超える値になります。よってこの場合、1枚キープまで許容します。
※当然気に入らないカードがあれば、全マリガン推奨。

ⅲ)9枚以上の場合
9枚以上の場合、2枚までキープを許容します。
※個人的な話ですが、あまり2枚キープはしません。2Pickにおいて、絶対にキープしたいカードが初手で2枚来ることは少ないかなー?と感じているからです。

ex)その他細かい話
・対面がエルフ、ロイヤル、ヴァンパイアなどの速攻系リーダーの場合、2パスが致命傷になります。よってマリガンの基準を、少し厳しく見積もります。(2コスが7枚以上あっても、全マリガンする事もしばしば)
・後攻の場合、2コストの数が少なくても「ライトニングランサー」等の4コス以下2面処理札をキープすることがあります。(必ずキープするかどうかは諸説)
・後攻の場合、2コスト処理スペルを数に含めます。また初手でキープする事もあります。
例)森荒らしの報いを、2コストフォロワーの数に入れてカウントする。


~まとめ~
大雑把に言うと,2コストフォロワーが7枚より多い少ないかで、マリガンの基準を判断します。私はこの基準を、ほとんどの場合守るようにしています。特に今期は2パスが致命傷になりやすいので、2コストフォロワーの数をしっかり見るように心掛けましょう。
以下に挙げる②③のマリガンも、この項の条件クリアを優します。2コストカードが少ないのに、高コストカードをキープすることはご法度です。

確率の記事リンク ←以前書いた確率の記事 構築の情報が主です

a
図2:2コスを引くために,適切なマリガンを予め把握しておくべし


5~7コストの勝ち筋になるカードをキープするマリガン
2コストフォロワーの数を見た後は、勝ち筋になる攻めのカードをキープするか決めます。
※なおここで言う【攻めのカード】=【フォロワーorフォロワーを生み出すカード】です。「連鎖する雷」などは,高確率でデッキに戻します。


代表的なカードは、【竜の峡谷】や【暗黒の召喚士】などです。これらのカードをキープするメリットとデメリットは、以下の通りです。
メリット ・・・勝ち筋を持つことによって、確実にそのカードをプレイできる状態になる。
デメリット・・・これらのカードは基本的に高コストなので、事故確率が高まる


ここからは、私の経験則的な話になります。ご注意を。

●エルフ等の速攻系リーダーと対面した場合、どのようなマナカーブを描いていたとしても、【有利盤面以外で投げにくい攻めのカード】はデッキに返します事故が起こると死ぬからです。
●「始祖マナリア」や「暗黒の召喚士」などの【有利盤面でなくても投げやすい攻めのカード】は、キープすることがあります。※速攻系リーダー対面だと,返す確率が高まります。
●明確な攻めのカードがデッキに2枚以下の場合,キープする率を高めます。※デッキに戻すと,引き戻しにくいからです。

~まとめ~
速攻系リーダー対面では,あまりこれらのカードをキープしないほうが良いと思います。(キープによる事故が致命傷になるため)
攻めが遅いリーダーであっても,これらのカードをキープすることは事故に繋がりかねません。相応のリスクを背負う覚悟でキープしましょう。

mig
図3:キープすることによる「危険性」と「見返り」を,きちんと意識すべし


③3、4コストをキープするマリガン
●3/2/3カードは,3ターン目非常に強いカードになります。(2/2/2を上から踏めるため)
2コストフォロワーをすでに引いている,もしくは引く確率が高い場合,キープすることを推奨します。
●問題は4コストカードです。ライトニングランサーなどの進化効果持ち効果フォロワーは,後攻のみキープします。一方オケアノスなどの常時強いカードは,先行でもキープすることがあります。
◯そして3コストと4コストが両方初手で来てしまった場合,私は3コストの方を残すことが多いです。
※あくまで多いだけですが・・・

3/2/3を3ターン目に出すことで,有利になりやすい対面リーダー↓
・ウィッチ,ネクロマンサー(シルバー枠orレジェンド枠にしか3/2/3カードを持っていないため,3ターン目にまあまあの確率で体力2以下のカードが出てくるから)
図4:3/2/3というスタッツだけで価値が高い キープも視野に入れることがある


3) 本日のまとめ
・2パスを防ぐため,2コストフォロワーが7枚以上か未満かを事前に見ておくべし。
・高コストなカードをキープすることは,事故にもつながる。速攻系のリーダー対面の場合,デッキに戻したほうが良いだろう。
・3コス4コスも,キープ対象になることがある。特に3/2/3は強いので,できればキープしておきたい。

以上です。まずは,2コストフォロワーの数を意識してください。それによってマリガンを決めると良いでしょう。
次は,ウィッチとドラゴンの細かいマリガンについて書きたいかな~。


※gamewithによるピックカードまとめは→リンク


その4←前   次→コラム

~過去の記事~

中級者向けPick記事 Part1

中級者向け各リーダーのPick解説part1 ※エルフ編

↑このページのトップヘ