2pick平均4勝を目指すblog

シャドウバースについて詳しく書いていきます

カテゴリ: 起源の光,終焉の闇

暇なんで,今季の2Pickを振り返ります

1)全体として
 正直ネメシス一強でしたね・・・・。前環境でも強かったのに,プライムAFというOPを与えたらダメでしょ。ただ,「デッキの組み方は前環境から変化した」と私は認識しています。詳しくは個別に。
 あと,アディショナルカードという新要素が追加されたことが,大きな出来事だったかなと。特にオケアノスちゃんはダメでしょ。なぜに3コス4点スペルをあのスタッツで加えるのかコレガワカラナイ。
 新カードも見るからにパワー高そうだし・・・。カード製作者が変更されたねこれは。

2)エルフ

 今季一番触ったけど,結局勝てなかったクラスでした。原因は,おそらく私のプレイスタイルにあった気がします。私のようにコントロール系のプレイを好む人は,今季のエルフで勝てなかったのでは無いでしょうか?
特に「茨の森」を取れなかったときは,ほぼ負けていた気がします。来季はもうちょっとそこらへんなんとかしてほしいなと思いますね。はい。

個人的優先ピック対象(上限3つづつ)
レジェンド ヴィーナス,使役者,リラ
シルバー 茨の森,ネルシャ,森のささやき
ブロンズ 対空射撃,森の哲学者,イピリア

3)ロイヤル
 
 上振れと下振れの差が半端ではなかったと記憶。というか3コスト膨らみすぎだろふざけてんの?
 あと,5勝がかかった試合に高確率で現れるA帯アグロロイヤルは,本当に勘弁してほしかった。血管切れるでほんまに(^q^)
 加えて,進化権を温存するか,使ってしまうか,めちゃくちゃ悩んだ場面が多かった希ガス。 レジェンド依存も高かった印象があったかなと。悪くは無いんだけど・・・って感じでしたね。

個人的優先ピック対象(上限3つづつ)
レジェンド 白と黒の決闘,スカイフォートレス,バルバロッサ
シルバー ワルツ,クーフーリン,先陣の騎兵
ブロンズ 前線の城塞,アックスデストロイヤー,暗殺術


4)ウィッチ

今季一回しか選んでないので,印象がほぼない()
正直2コス3点スペルを保持していないのが致命的なんですよねえ・・・。ブロンズの2コスフォロワーの単体パワー上げてくれませんかねえ?コンボクラスだから無いか・・・。

個人的優先ピック対象は,エアプすぎるので省略


5)ドラゴン

 信頼してよく使ってたけど,事故ることも多かったクラスでした。特に竜の峡谷orギルヴァが出ないときは「うわあ・・・」ってなっていましたね。それだけが勝ち筋では無いんですが・・・。
 2コスから動けなかったときは,「あっ負けた・・・」と思ってしまうクラスでもあったかなと。2面処理札が少ないんだよ増やせよ(`・ω・´)
 あと贅沢かもしれませんが,2/2/2増やしてください。まどろみの白竜に対して,先3ジャンク出さないでください。お願いしますm(_ _)m
 最後にこれだけは言わせてください。フェルレインナーフしろ(^q^)

個人的優先ピック対象(上限3つづつ)
レジェンド ジルニトラ,フェルレイン,ギルヴァ
シルバー 竜の峡谷,ガルア,オルカの大渦
ブロンズ バジリスクライダー,龍遊の少女,大亀の長老

6)ネクロマンサー
 
 何度「ゾンパ返せよ・・・」って思ったことか。3点がとりにくいとかいうレベルじゃねーぞ(^q^)。なぜ消えぬ怨恨で代用せにゃならんのだ・・・。
 ネクロマンス溜めカードと消費カードのバランスも難しかった・・・。勝つ時は,霊魂再生と剣鬼がほぼ関係していましたね。
 あと月と太陽をピックできたときは,それはそれは宇宙でしたね。エンハ霊魂再生で「アマテラス」+「山岳隊長」=イエーイタノシー(^q^)みたいな。
来季は少し強化されそうな雰囲気なので,楽しみにしておりますよ運営さん。

個人的優先ピック対象(上限3つづつ)
レジェンド 月と太陽,アイシャ,気まぐれな蘇生者
シルバー 悪夢の処刑人,アヌビス,ビックソウルハンター
ブロンズ 霊魂再生,漆黒の剣鬼,ベレヌス


7)ヴァンパイア
 
今季私の中で2番手でした。ブロンズの剛拳激情の悪魔緋色の剣士などパワーカードを叩きつけまくってゴリゴリ削るプレイが本当に強かった。ケアを押し付ける動きも爆裂に強かったですね。Nカードに神罰が追加されたことも,大きかったと思います。
 唯一の不安要素は,やはりドロソでした・・・。血の取引返せや(^q^)

個人的優先ピック対象(上限3つづつ)
レジェンド ファントムキャット,カラボス,昏き底より出でる者
シルバー 緋色の剣士,フェンリル,バンダースナッチ
ブロンズ 剛拳の用心棒,激情の悪魔,スコルピオ


8)ビショップ
 
 本当に最後まで踊らされたクラスでした。結局,結晶をサブプランとしてみるのが一番強かったと私は認識しています。
 新カードの愚神礼賛がすっごいパワーカードだったので,取り得カードでしたねえ・・・。あと,消滅札が多いのも結構アドだったと思います。
 ただ,4点取るのが難しすぎた・・・カリュドーンを返して()
 来季は,3点以上処理札を求めます。

個人的優先ピック対象(上限3つづつ)
レジェンド ジャンヌ,ケリュネイア,ペガサスデュラハン
シルバー お茶会,清き殲滅,聖獅子の神殿
ブロンズ 愚神礼賛,宝石の甲羅,漆黒の法典


9)ネメシス

 本当,圧倒的な強さでした。アディショナルカードの「心なき決闘」も,激烈に強かったです。
 冒頭でもお話した通り,私は今季のネメシス,人形を軸にして,4/3疾走AF5/5復活AFを添える形を好みました。人形軸を好んだのは,単体で仕事をするからです。AFを軸にするデッキは仕込む→サーチの2アクション必要なので,安定しなかったですね。
 4/3疾走は,死ぬとAFをサーチしてくるので,別枠として捉えました。5/5復活は,処理を押し付けるのがお仕事だったかなと。
来季もネメシス一強なのでしょうか・・・?


個人的優先ピック対象(上限3つづつ)
レジェンド ツヴァイ,オーキス,異界転送
シルバー ミリアム,すり替わり,ディルク
ブロンズ 静謐なる歯車,ジャンク,パペットルーム


以上。雑談なので,リンクは無しでオナシャスm(_ _)m


今回から,各記事で説明できなかった細かい部分について言及します。まあ「お菓子の切れ端詰め合わせ」みたいな感じと思って頂ければいいかなと。
※今シリーズは、データを用いた説明をあまり行いません。ご注意を。


・進化の取り扱い
※中級者~上級者向けかつ、筆者の主観満載なので注意(難易度4/5★★★★☆)

進化をどのタイミングでどのフォロワーに切るのか見極める事は、シャドバにおいて大切です。
かつ、進化権を温存する事は、2Pickにおいて基本中の基本です。なぜならどのフォロワーにも突進を付与+スタッツ強化できるからです。
ですが、そんなPickの中でも「置き進化」や「火力増加のための顔進化」を行う場面が存在します
私の中で、このような特殊な進化を切る傾向にあるリーダーは、以下のとおりです

筆者が特殊な進化を使いがちなリーダー(自分が使っている時の視点)~
-------------------------------------------------------------------
 エルフ(顔面進化中心)、ドラゴン(空進化中心)
中 ヴァンパイア、ネクロマンサー(低気味)
 ロイヤルウィッチビショップネメシス
-------------------------------------------------------------------

で、特殊な進化を行う基準は、以下の4つだと私は思っています。
①どの様なプランで戦うリーダーなのか?また対面したリーダーがどのような特性を持っているか?
②進化権を使って強い効果を発動させられるカードを、どれくらいピックできているか?
③相手リーダーから出てくる打点ケア
④盤面および、手札の状況

ひとつづつ取り上げます。
※これは傾向にあるだけであってどの場面でも特殊な進化を使えと言っているわけではありません。そこはご注意を。
※基本的に,相手の盤面にフォロワーがいる場合は顔面進化はしないほうが良いと思います。相手の盤面が空の場合に進化を切りがちですね。

a



①どの様なプランで戦うリーダーなのか?対面したリーダーがどのような特性を持っているか?

まず、顔面進化を切りがちなエルフについて。これはカードプール特性に大きく依存しています。
そもそもエルフは、他のリーダーより高スタッツカードが少なく明確なフィニッシャーがほぼ存在していないはずです。なので序盤から攻めなければ、後半に出ていた高スタッツフォロワーに押し潰されてしまいます。よって、相手ライフを削る目的で顔面に進化を切る場面が、他リーダーと比べて多いです。

また、進化をしてスタッツを上げることは、相手により大きな負担を強いることにも繋がります
例えば「フェアリー3枚」が場に出ている場合、進化を切らなければ「星の本流」や「操り人形の糸」で一掃されてしまいます。しかし、1体顔面進化を切っていれば、簡単に3面処理される確率が低くなるはずです。(今度はすり替わりが裏目になるのは仕方ないです。そこは割り切りましょう。)
そして、エルフは盤面にフォロワーが残っていることがアドであると以前の記事でも述べました。これを実現するために、顔面進化を切ることが有ります。
進化を切らないと,激情の悪魔とかに一掃されてかなしぃ

次に置き進化を使いがちなドラゴンについて。これは私だけの考えかもしれませんが、聞いてください。
エルフとは異なり、ドラゴンには「竜の峡谷」という明確なフィニッシャーカードが存在します。(※ギルヴァかこのカードが無いと、多分ドラゴンは勝てないです。)
しかしこのカードは、相手の盤面に強いフォロワーが存在している時、非常に投げにくいです。なぜなら、出したターンは5/5スタッツが出るだけで、何もできないからです。
で、その竜の峡谷はpp7。そこまでに強い盤面を作り上げる必要があります。極論「竜の峡谷」さえ出してしまえば、その後は進化権はそれほど必要ではないと筆者は思います。

よって、手札に竜の峡谷を所持している場合(このカード,筆者は基本キープします。でないと勝てない・・・),7PPまでに進化権を吐いてもいいという考えの元、相手の盤面にフォロワーがいなくても、スタッツを上げるために置き進化を筆者はしがちです。
ブレイジングブレス等で処理できる状況であっても、場に強力なスタッツを残すために、「瞬間的にはアド損である進化」を使う場面もあります。(先日のJCGで、必要ないですが山岳隊長に進化を切りました。)
こいつを安全に着地させられれば,大体勝ち

逆にロイヤルビショップネメシス進化権を温存しがちです。理由は単純で、進化を切って強烈な効果を発揮するカードが大量に存在するからです。(ロイヤルはアグロ的に攻める事が出来ますが、アックスデストロイヤーや角冠の王用の進化権は残しておくべきでしょう。)
ウィッチは進化件なし盤面干渉フォロワーが少ないので、進化を温存します。
このカードに進化切りたくないです?

逆に対面するリーダーによっても、特殊な進化を切る頻度が上下します。
ドラゴン相手にする場合ロングゲームになるとこちらが圧倒的に不利なので顔進化を切る頻度が上昇します。(竜の峡谷がある+ドローカードが多めなリーダーなので)
逆にヴァンパイアの場合、復讐状態にすることが悪手です。よって顔進化の頻度を下げます。(緋色の剣士などのケアのために、進化だけ切って放置する場面は多いですが)
また、進化を切っても簡単に返される場合は進化を切りません(進化を切っても体力3以下フォロワーしか場に残せない時、エンハンスジャンヌで一掃されたりするみたいな?)

こんな感じでしょうか。



②進化権を使って強い効果を発動させられるカードを、どれくらいピックできているか?
先ほど言ったように、ロイヤル、ビショップ、ネメシスは進化を切って強烈な効果を発揮するカードが多いです。なので基本的に進化権を温存します。(ロイヤルは顔面進化切る場面がまあまあありますが)
逆にレジェンド以下に進化権を切って強いカードがほとんどいないドラゴンでは、「進化をふんだんに使ってもいいのかな?」と思っています。
重要なのは、「デッキに進化を切って強いカードがどれくらい存在しているのか把握する」ことだと思います。


③相手リーダーから出てくる打点ケア
これが一番重要かなと思います。先日からまとめているように、手札から出しやすい点数は各リーダーごとに決まっています
特にビショップはそれが顕著です。基本的に3点より大きな打点を進化権無しで出せません。よって体力4以上のカードに対しては、確定除去等に頼ることになります。
ヴァンプも顕著です。基本的に体力5以上に弱いですね。

と言う感じで、ビショップと対面する時に体力4以上に出来るなら、ヴァンプと対面する時に体力5以上に出来るなら置き進化や顔面進化を切ります。当然貴重な進化権を1つ消費することになります。迷うくらいなら進化を吐かない方が無難ですね。


~簡易版各クラスから出やすい打点(カード単体の点数なので注意)~
①エルフ

よく出る点数3点以下 (茨の森、忌刃鬼、森荒らし、対空射撃など)
出にくい点数4点~5点(フェアリーセイバー、ホワイトヴァラナ)
出ない点数 :6点以上(一応天使の泉+ホワイトヴァラナはある)
確定除去  :森のささやき、リラ、(ネルシャ)
その他   :基本的に盤面で戦うリーダー。盤面にフォロワーを残すと、ネルシャ等のカードを絡めたコンボが決まりやすい。また、「手札や盤面の状況で火力が変化するカードが多い」事も特徴。

②ロイヤル

よく出る点数1~3および5点 (逆境への対処、クーフーリン、火遁の術、ワルツ、暗殺術など)
出にくい点数6点(ポルックス、エンハ火遁の術、エンハ粗暴な豪剣士)
出ない点数 :7点以上
確定除去  :クーフーリン、モモ、アックスデストロイヤーなど多数。必殺も3種類ほど。
その他   :ありとあらゆる点数が出せる一方で、ファンファーレダメージ系が少ない。注意して損はなし。

③ウィッチ

よく出る点数2点以下(マジックミサイル、マジックガンハンターなど)
まあ出る点数3点(連鎖する雷、ライトニングランサーなど:ちょっと高コスト)
出にくい点数4および6点(ストームレイジ、エルザ)
出ない点数 :7点以上(アイシクルランスなどのスぺブカードには注意)
確定除去  :精神の締め出し、エウロペ
その他   :進化無し盤面干渉フォロワーがブロンズに存在しないので注意


④ドラゴン

よく出る点数1~2点(ドラゴニュートの威圧、ブレイジングブレス、ヒッポグリフの乗り手)
まあ出る点数3~4点(ロイ、氷炎竜、竜翼の暗殺者、大亀の長老など:ちょっと高コスト)
出にくい点数5~6点(ギルヴァ、アジダカーハ:レジェンドのみ)
出ない点数 :一応10点までは出る(ジルニトラ、リントヴルムなど:レジェンドのみ)
確定除去  :エンハベオウルフ、ドラゴニックランスなど
その他   :前半は3点が出にくい(ラグがある)。竜の峡谷を出すまで粘れるように立ち回るべし

⑤ネクロマンサー

よく出る点数2点以下(霊呼びの少女、漆黒の剣鬼など多数)
まあ出る点数4点(ネクロマンス消費消えぬ怨恨、死滅の霧)
出にくい点数3点および5~6点(マッドハッタ―から出るブリキ、アイシャなど:高コストカード多い)
出ない点数 :7点以上(最果ての骸を見ないなら6点以上)
確定除去  :呪われた忠誠や必殺
その他   :本当に3点が出ないので、山岳隊長や確定除去カードをNからピック推奨。かつ、ネクロマンスを貯める事が非常に重要なので、一枚で2以上貯められるカードも価値が高い。

⑥ヴァンパイア

よく出る点数3点以下(パズズ、緋色の剣士、豪拳の用心棒など多数)
まあ出る点数4点(毒蛇の一噛み、吸血の刻印、フェンリルなど)
出にくい点数5点~6点(プセマのみ)
出ない点数 :7点以上実質5点以上は出ない
確定除去  :エメラダ以外、必殺関連しかない
その他   :1~4点は非常に得意だが、それ以上の点数は非常に苦手。神罰や落とし穴などのピック優先度は高い(当然ドロソ最優先)


⑦ビショップ

よく出る点数1~3点(星の奔流、リュカオン、漆黒の法典など多数)
出にくい点数5点(グレートタウラス)
出ない点数 :4点以上(基本的に、4点以上は出せない:タウラスのみ)
確定除去  :愚神礼賛、清き殲滅
その他   :基本的に体力3までしか取ることができない。よって確定除去は意外と優先度高め。

⑧ネメシス

よく出る点数1~3点(特に1点はめちゃくちゃ出る。3点はすり替わりなど)
出にくい点数4~6点(次元断,4/3疾走,ロケットナックル,ツヴァイなど)
出ない点数 7点以上(造られし巨像等の変化カードはあるので注意)
確定除去  :異界転送,悪魔のエピタフ
その他   :人形系統以外は,一度仕込む必要があるカードが多いので注意。



④盤面および、手札の状況
ここは経験則的な部分が多いので,あまりかけないですスミマセン。
基本的に,次の自分の手札が弱い場合,進化を切ります(次pp5なのに5コストの強いカードがないなど)
曖昧ですが,このような視点で進化を切ることもなる事を頭の片隅に置いていただけますと幸いです。


以上。part2は,進化を我慢する時・・・とか書けたら良いなあ・・・。

前の記事  次の記事→まだ



~過去のシリーズ~

2Pickの基本 part1

個別評価記事part1(エルフ編)

ピックにおける打点part1

ツイッターはこちら↓

今回も、各クラスごと盤面干渉カードの打点を簡単にまとめます。

最後はヴァンパイアビショップネメシス3つです。


先日の記事と同じく、各クラスごとに

点数ソート
コストソート
+α要素(相性のいいNカードなど)
その他特筆事項や筆者の考察(クラス特徴など)

の4点をまとめます。


6)ヴァンパイア
以前まとめた記事はこちら。見てない方はこちらもどうぞ⇒リンク
(進化)というのは、進化権ありでその点数が出るという意味です。点数ソートだけに表記します。
【】に入っているカードは,特殊な状況でのみ発動する点数です。
茶色=ブロンズ黒色=シルバーレジェンド=緑色です。

①点数ソート
1点激情の悪魔(攻撃時)パズズ(復讐)
2点トーヴ銀鎖の使途(復讐)、サーベイジウルフ緋色の剣士、【血統の王】、エンハ激情の悪魔(攻撃時)
3点鋭利な一裂き豪拳の用心棒絡みつく鎖致命の刃ヴァンピィ大悪魔の腕
4点ダークジェネラル(復讐)バンダースナッチ、ステンノ、エメラダ(復讐)
5点以上プセマ(3+3点AOE生成)、フェンリル(4点+2点)
X点ヴァッサゴ(X点)
準確定除去×
確定除去エメラダ
必殺パズズエウリュアレー、緋色の剣士、

②コストソート
1コスト×
2コスト:【トーヴ(2点)】、銀鎖の使途(2点)、鋭利な一裂き(3点)、絡みつく鎖(3点)、スコルピオ(必殺)
3コストパズズ(AOE1点+必殺)、サーベイジウルフ(2点)、致命の刃(3点?)、吸血の刻印(4点)、毒蛇の一噛み(4点)、ヴァッサゴ(X点)
4コストダークジェネラル(4点)、エウリュアレー(必殺)
5コスト激情の悪魔(AOE1点)、【轟雷の悪魔(AOE1点)】、緋色の剣士(2点+必殺)、血統の王(2点×?)、豪拳の用心棒(3点)、バンダースナッチ(4点)
6コストヴァンピィ(3点+必殺)、大悪魔の腕(AOE3点)、フェンリル(4点+2点)
7コストエンハ激情の悪魔(AOE2点)、ステンノ(2点×2点)、エメラダ(確定)
8コスト×
9コストプセマ(3+3点AOE生成)
10コスト×


③+α要素(相性のいいNカード
+顔面バーン点数
●まずは、Nカードから (※相性が比較的いいNカードと思ってください。)
Nシナジーカードはファントムキャットしかなく、Nカードの種類にかかわらず打点を入れる。よって好きなNカードを取るべきだと思う
※以前の記事でも述べたが、レジェンド以外にドローソースが一切ないため、純心の歌い手などのピックを推奨する。

●バーンカード
ヴァンパイアは、顔面に打てるバーンカードが非常に多いので、まとめます。(疾走も記述

1点絡みつく鎖銀鎖の使途(復讐)、眷属の贈り物轟雷の悪魔カラボス(永続)、ヨルムンガンド
2点サーベイジウルフ、【血統の王】、ヴァンピィ
3点鋭利な一裂きヴァンピィ(復讐)
4点ダークジェネラル(復讐)、厄災の魔人エメラダ(復讐)
5点以上暗き底より出でる者ディアボロス・プセマ(6点生成)
x点ファントムキャット(0~4点)

これらのカードは、リーサルに関係してくる。意識して損はなし。(特にヨルムンガンドは忘れないようにしたい)


④その他特筆事項や筆者の考察(クラス特徴など)
自分が「ヴァンパイアを使っている視点」で以下まとめる。かつ、以前にまとめた内容が混ざっているので注意。

まず点数ソートから。
まず1点は、パズズ激情の悪魔の2枚である。激情の悪魔はエンハンスで使っても強力なので、2枚程度ピックして損は無いと思う。

次に2点。豊富に存在するが、特筆して強いカードは間違いなく緋色の剣士である。2点ファンファーレダメージを与えつつ、2コススペルで取りにくい体力スタッツ4だし、おまけに必殺が付いているからだ(これでナーフされたってマ?)このカードを、うまく着地させられるように立ち回りたい。

次に3点。ご存知豪拳の用心棒や、絡みつく鎖などの意味不明なくらい強いカードが大量に存在する
ここまでをまとめると、3点以下を取る手段は非常に豊富。特に豪拳の用心棒緋色の剣士は大きめのスタッツを出しつつダメージを与えるので、強い。

次に4点吸血の刻印毒蛇の一噛みなどの3コススペルが存在し、またフェンリルと言うチートカードがある。よって、他のリーダと比べて豊富であると言える。
ただし、3点以下を取るカードよりは種類が少ない+高コストである点。以前から少し触れているが基本的に【ファンファーレダメージ突進系】である点。(突進系は相手のフォロワーにぶつける必要があるので。)
以上の2点を考えると、「フェンリルなどを使わずに、豪拳や緋色で処理したい(相手フォロワーの体力を3以下になるよう誘導したい)」と筆者は思う。当然フェンリルは強いので、お間違えの無いよう。

次に5点合計で5点を超えるダメージを与えるカードは実質無いと思って良い。つまり、5点以上はほぼ確定除去や必殺に頼るしかないと筆者は考える。なのだが、確定除去カードはレジェンドのエメラダしかない
よって、落とし穴神罰などの確定除去カードをピックすべきだと筆者は考える(当然ドローソース最優先)

点数面をまとめると、1~3点を取る術は非常に豊富であり、4点も比較的取りやすい
一方で5点以上の体力を取ることが苦手なので、必殺や確定除去カードをバランスよく取りたいと筆者は思う。


次にコスト面
まず特筆すべきは2コスト3コストの低コスト処理スペル。特に鋭利な一裂き毒蛇の一噛みがブロンズにあるのがすごく良い。
そして5,6コストの緋色の剣士、豪憲の用心棒、フェンリルチート。これらのカードは非常に優先度が高い。
それ以外は、まあまあ強いカードが点在している印象か。


以上全てをまとめると以下の様になる。
●カードプールの特徴
1~4点ダメージを与える札は多い(低コストブロンズ帯に多い)
・一方で、5点以上のダメージが出るカードはない(レジェンドかつ、高コスト)
確定除去カード一応ある(エメラダ)
消滅系ない

●筆者の考察
ドロソが少ない点が弱い。補強して損はなし
高コストカードもある程度存在しているので,有利のはず
ファンファーレダメージ系が多い。それらのカードの優先とは高め。
・消滅系がない。堕天をピックしてもいいと筆者は思う。



7)ビショップ

以前まとめた記事はこちら。見てない方はこちらもどうぞ⇒リンク

(進化)というのは、進化権ありでその点数が出るという意味です。点数ソートだけに表記します。
【】に入っているカードは,特殊な状況でのみ発動する点数です。
茶色=ブロンズ黒色=シルバーレジェンド=緑色です。

①点数ソート

1点星の奔流(1点)
2点鳥飼の使徒の鳥、【リュカオン】、【バニッシュシスター】、克己の翼像天狐の社
3点翼の砂時計漆黒の法典焼けた鉄靴お茶会(進化),【ハティ】,【ヘヴンリーナイト】,【チョイスケリュネイア】、エンハジャンヌ
4点:【聖獅子の結晶】、神殿の狂鬼(進化)
5点以上グレートタウラス(5点×2)

X点アンドロメダ(X点),
準確定除去×
確定除去愚神礼賛(確定),清き殲滅(確定),
必殺:【デスサイスシスター(必殺)】,邪神の宴(必殺),【ハティ(3点+必殺)】


②コストソート
1コスト翼の砂時計(3点)
2コスト漆黒の法典(3点),焼けた鉄靴(3点+1点),【聖獅子の結晶(4点)】,アンドロメダ(X点),愚神礼賛(確定),【デスサイスシスター(必殺)】,邪神の宴(必殺),
3コスト星の奔流(1点)、【バニッシュシスター(2点)】
4コスト鳥飼の使徒の鳥(2点),克己の翼像(2点),天狐の社(2点×?),
5コスト:【リュカオン(2点)】、お茶会(3点),チョイスケリュネイア(3点),神殿の狂鬼(4点×2),清き殲滅(確定),【ハティ(3点+必殺)】
6コスト:【ヘヴンリーナイト(3点)】
7コストエンハジャンヌ(AOE3点)
8コストグレートタウラス(5点×2)
9コスト×
10コスト×



③+α要素(相性のいいNカードなど)
黄金卿の獅子およびアリスの冒険にNシナジーが存在するが、別に意識する必要はない強いカードを取ればいいと思う
※高スタッツカードを何枚か取った方がいいと、個人的に思う。



④その他特筆事項や筆者の考察(クラス特徴など)
自分が「ビショップを使っている視点」で以下まとめる。かつ、以前にまとめた内容が混ざっているので注意。

まず点数ソートから。
まず1点は、星の奔流が存在する。個人的にすごく評価に困っているカードなのだが、1枚はとってもいいんじゃないかなあと思う。(エルフや序盤のドラゴンには刺さる)

次に2点。2点を取るカードは、特殊なカードが多い。特にリュカオンは能力が発動しないことが多分にある。注意したい。

次に3点。ビショップは3点を取る手段が非常に豊富である。特に漆黒の法典タイムオウル焼けた鉄靴はブロンズにあることがすさまじく強い
ここまでをまとめると、3点以下を取る手段はすさまじく豊富



問題は4点以上だ。ハッキリ言って無い(ブン回り聖獅子の結晶のみ)。よって体力4点以上のカードを残されると、コッチとしては確定除去や必殺に頼る必要がある。注意しておきたい。

確定除去カードは、清き殲滅愚神礼賛が存在する。特に愚神礼賛何枚あってもいいカードのはず。(マナカーブが歪んでも、取っていいカードのはず)

点数面をまとめると、3点以下を取る術が多い一方で、4点以上は非常に取りにくい。よって、相手フォロワーの体力を3点以下にする+確定除去カードをある程度取るといいはず。


次にコスト面2コストの低コスト処理札及び、5コストの進化権を使って盤面を取るカードが目立つ。それ以外のコストでそれほど強いカードは少ないので、補強を意識して良いのではないだろうか。



以上をまとめると、以下のようになる
●カードプールの特徴
1~3点ダメージを与える札は多い(低コストブロンズ帯に多い)
・一方で、4点以上のダメージが出るカードはほぼない
確定除去カードある(清き殲滅、愚神礼賛)
消滅系ある(漆黒の法典、清き殲滅)

●筆者の考察
低コスト処理札が多いので、これらをうまく活用したい。
高スタッツカードが少ない。補強を推奨
・明確なフィニッシャーが「ブン回り聖獅子の結晶」しかないはず。なのだが、聖獅子関連カードを何枚とっていいか一切不明。最近、他の強いカードを押しのけてまで取る必要は無いカード群かなと筆者は思っている。(上手く回ればいいね,くらいの扱いをしている)
ブロンズ及びシルバーカード最高コストが6である。よってクラスカードで6コスト以下が膨れても、「しかたねえな?」と思っていいはず



8)ネメシス
以前まとめた記事はこちら。見てない方はこちらもどうぞ⇒リンク

(進化)というのは、進化権ありでその点数が出るという意味です。点数ソートだけに表記します。
【】に入っているカードは,特殊な状況でのみ発動する点数です。
茶色=ブロンズ黒色=シルバーレジェンド=緑色です。


①点数ソート

1点
オートマタナイトエンハ熊人形の少女冷酷な人形遣い(1点×?),オートマタソルジャー(守護付き),仮面人形、【魔銃の傭兵】、トイソルジャーフラワードールスピネ(1点付与)
2点:【マキナサーヴァント】、ジャンク(1点×2)、【鋼鉄の壊し屋】、【機構の弓兵(AOE2点)】、トイソルジャー(進化)次元断(非共鳴)、
3点3/1突進AFロケットナックル肉球砲の打ち手、【イカロスすり替わり(3点+1点)、オーキス
4点パペットルーム(1点×4)、4/3疾走AF次元断(共鳴)サフィラ
5点以上ロケットナックル(ディスカード)ディルク(5点)、ノア(3点+2×?)

X点
狭間の悪魔(X点)、造られし巨像(X点)、マグナレガシー(X点)、チョイスオーキス(2×?点)、クリスタルキャノン(2点×?)
準確定除去×
確定除去:【悪魔のエピタフ(確定)】、異界転送(確定)、消し去るもの(確定)
必殺関連×

②コストソート
1コスト3/1突進AF(3点)
2コストフラワードール(1点),【マキナサーヴァント(2点)】、【イカロス(3点)】,次元断(2or4点),ロケットナックル(3or6点)【悪魔のエピタフ(確定)】
3コストオートマタナイト(1点),トイソルジャー(1or2点),ジャンク(1点×2),パペットルーム(1点×4)、【鋼鉄の壊し屋(2点)】、【機構の弓兵(AOE2点)】、肉球砲の打ち手(3点),すり替わり(3点+1点)、狭間の悪魔(X点)
4コストエンハ熊人形の少女(1点),冷酷な人形遣い(1点×?),クリスタルキャノン(2点×?),4/3疾走AF(4点)、モートン(2コス消滅)
5コストオートマタソルジャー(1点),仮面人形(1点)、スピネ(1点付与)、【魔銃の傭兵(AOE1点)】、ディルク(5点)、異界転送(確定)
6コストサフィラ(4点)
7コスト造られし巨像(X点)、消し去るもの(確定)
8コストオーキス(3点 or 2×?点)、マグナレガシー(X点)
9コストノア(3点+2×?)
10コスト×



③+α要素(相性のいいNカードなど)
Nシナジーカードはないので、欲しいカードを取っていいと思う。
※確定除去が少ないので、落とし穴や神罰をピックしていいと思う。ドロソも欲しいか。

④その他特筆事項や筆者の考察(クラス特徴など)
自分が「ネメシスを使っている視点」で以下まとめる。かつ、以前にまとめた内容が混ざっているので注意。


まず点数ソートから。
まず1点は、操り人形関連が該当する。標準スタッツに近い値を出しつつ操り人形を加えるカードも多いので、強い。恐らく、全リーダーの中で、最も簡単に1点を取れるはず。

次に2点次元断マキナサーヴァントがいるので、比較的取りやすいはず。ただし、「次元断共鳴状態で4点札として使いたい」「マキナサーヴァント共鳴でないと発動しない」などの理由から、ちょっと使いにくいかなー?と筆者は思う。

次に3点ロケットナックルすり替わりなどの低コスト処理スペルが存在しているのが強い
ただし、ヴァンプなどと比べてファンファーレ3点ダメージ系がオーキスくらいしか存在しない。よって場にスタッツを残しつつ3点を処理することは比較的苦手。注意したい。
加えて、3/1突進AFカードは一度山に仕込む必要がある+確実にドローが減速するデメリットがある。よって、3/1突進AF生成カードがピック段階で多いのであれば、サーチカードおよびドローカードを多めに取るべきだと筆者は思う。(というより、3/1突進AFを仕込むカードは上限2枚だと筆者は思う。ドロートップが極端に弱くなるからだ。)

ここまでをまとめると、標準スタッツを出しつつ1点を取れるカードが大量にあってめちゃくちゃ強い。2点、3点については、標準スタッツを出しつつ処理することは不得意だが、それでも処理スペル等が大量にあるので強い。よって3点以下のカードを取ることに長けているはず。

次に4点次元断4/3疾走が該当する。
まず、次元断共鳴調整が必要である。よって自分がどのタイミングで共鳴になるのか、確認することが必要だ。意識したい。
次に4/3疾走であるが、「このカードがpickにおいて最強のAFカードではないか?」と現在筆者は認識している。なぜなら他のAFと異なり、サーチ機能があるので、死んだ後にAFを引っ張って来るからだ。つまりこのカードはチェーンする。(自分ターン死亡時しかサーチしないので注意)
よって、このカードを仕込む鉄鋼の拳闘士およびミリアムは、本体体力スタッツが貧弱な部分を差し引いてもかなり強いカードではないか?と思う。ただし、一度デッキを経由する必要があるのはデメリットなので覚えておきたい。

まとめると、3点を取るカードよりも種類が少なく使いにくいが、存在するだけアドといった感じ。


次に5点以上。5点は正直ディルクしか使えねえんじゃないかな・・・と個人的に思う。
で、このカード、体力スタッツが3と貧弱な部分は減点ポイントだが、5コスで5点が出るカードが弱いとは私は思わない。よってサーチ出来なかったとしても強いカードだと筆者は認定する。よって、積極的に取った方がいいと思う。6点以上の点数は、基本的に確定除去等に頼ることになるだろう。
ただし、ネメシスの確定除去で使いやすいのは,レジェンドの異界転送のみである。
よって、落とし穴神罰等のカードのピック優先度は高いと筆者は認定する。

ここまでをまとめると、1~3点は得意であり、4点も他リーダーと比べると強め。5点を取るカードも存在する。
ただし、ファンファーレダメージ系は操り人形を産み出すカードしか存在しないはず。つまり、できるだけ相手の体力を1にするように誘導することが理想(当たり前杉内)
また、3点以下は比較的取りやすいがそれ以上の点数がやや苦手であることも覚えておきたい。確定除去カードを補強することも重要なはずだ。


コスト面では、2~4コスト帯が強い印象を筆者は受ける。


以上をまとめると、以下のようになる
●カードプールの特徴
1~3点ダメージを与える札は多い(低コストブロンズ帯に多い)
4点ダメージが出るカードは存在するが、ちょっと使いにくい印象
・5点はディルクが存在する。それ以上の点数は、確定除去に頼ることになる。
確定除去カード一応ある(異界転送、悪魔のエピタフなど)
消滅系ある(すり替わり、異界転送など)

●筆者の考察
・低コスト処理札が多いので、これらをうまく活用したい。
・AFカードは、山に仕込んで引いてくる作業が必要なのでそこまで安定しない。どちらかと言うと、人形中心でAFを添える形にすると安定すると筆者は思う(諸説)



以上です。


次の記事

本記事 N,エルフ,ロイヤル編
    
    ウィッチ,ドラゴン,ネクロ編

    ヴァンパイア,ビショップ,ネメシス編


2Pickの基本 part1

個別評価記事part1(エルフ編)


ツイッターはこちら↓

今回も、各クラスごと盤面干渉カードの打点を簡単にまとめます。

今回はウィッチドラゴンネクロマンサー3つです。


先日の記事と同じく、各クラスごとに

点数ソート
コストソート
+α要素(相性のいいNカードなど)
その他特筆事項や筆者の考察(クラス特徴など)

の4点をまとめます。


3)ウィッチ
以前まとめた記事はこちら。見てない方はこちらもどうぞ⇒リンク
(進化)というのは、進化権ありでその点数が出るという意味です。点数ソートだけに表記します。
【】に入っているカードは,特殊な状況でのみ発動する点数です。
茶色=ブロンズ黒色=シルバーレジェンド=緑色です。

①点数ソート
1点マジックミサイル
2点マジックガンハンターお菓子の家ノヴァフレア
3点ライトニングランサー(進化),連鎖する雷エンハマナリアの竜術士マナリアの知識の魔弾,【呼び覚まされし禁忌】,生徒会長ハンナレヴィ白銀剣のゴーレム
4点ストームレイジ
5点以上エルザ(進化),
X点
暴威のゴーレム(2~4点),キングスノーマン(1~4点),ステラから出る奴ら(?点),アイシクルランス(X点),ギガントキマイラ(3+X点)
準確定除去
確定除去精神の締め出し(確定)
必殺:エウロペ(必殺)

②コストソート
1コスト×
2コストマジックミサイル(1点),マナリアの知識の魔弾(3点)、ステラから出る奴ら(?点)
3コストマジックガンハンター(2点),お菓子の家(2点),【呼び覚まされし禁忌(AOE3点)】,エルザ(6点),アイシクルランス(X点),エウロペ(必殺)
4コストライトニングランサー(3点),ノヴァフレア(AOE2点),
5コスト暴威のゴーレム(2~4点),連鎖する雷(3点),ストームレイジ(3点+1点AOE),エンハンスエウロペ(必殺疾走)
6コストエンハマナリアの竜術士(3点生成),生徒会長ハンナ(3点生成)レヴィ(3点)
7コストキングスノーマン(1~4点),精神の締め出し(確定)
8コスト白銀剣のゴーレム(3点×?生成)
9コストギガントキマイラ(3+X点)
10コスト×


③+α要素(相性のいいNカード)
率先して取るかどうかについては諸説。相性が比較的いいNカードと思ってください。

相当レジェンドに依存する。なぜなら「スペルブーストカード」が精神の締め出ししかレジェンド以下に存在しないから。(しかもそこまでスぺブしたいカードではない)
加えて「Nシナジーカード」が「プリス以外存在しない。よって,これらのレジェンドカードを引き当てたのなら,「スペルカード」及び「鏡の世界」などが使える。
ぶっちゃけそんなことよりも,単純に強いNカードを取ったほうが数億倍有益だと私は思う。



④その他特筆事項や筆者の考察(クラス特徴など)
自分が「ウィッチを使っている視点」で以下まとめる。かつ、以前にまとめた内容が混ざっているので注意。

まず特筆すべきは,低コスト処理カードブロンズマジックミサイルしか存在しない点だろう。ほかリーダーと比べて相当不利だ。
高コスト帯にはストームレイジがあって強いのだが,そこまでに盤面を荒らされることは目に見えている。
ライトニングランサーは強いのだが,進化権を切らないと行けないので後半相当弱くなる

次にシルバーについて。強いカードもあるにはあるが,3点即時で取れるカードが少ない。唯一の低コスト3点スペルのマナリアの知識も,50%の運ゲーである。マジックガンハンターも無限に2点が出せる一方で,盤面を開ける必要がある。よってそこまで強くない

レジェンド帯には強いカードが多いが,4枚しか枠がない。(たぶんウィッチで5連勝できたデッキには,レヴィ等の頭がおかしいカードが入っているはずだ。)

そして,消滅系統のカードが無い


まとめると,弱い。特にブロンズ帯終わっている。ウィッチを使う必要は無い(直球)。

4)ドラゴン

以前まとめた記事はこちら。見てない方はこちらもどうぞ⇒リンク

(進化)というのは、進化権ありでその点数が出るという意味です。点数ソートだけに表記します。
【】に入っているカードは,特殊な状況でのみ発動する点数です。
茶色=ブロンズ黒色=シルバーレジェンド=緑色です。

①点数ソート

1点マチルダ(ファイリザ生成)、ドラゴニュートの威圧覇竜激震
2点ブレイジングブレスマリオン原初の竜使い(覚醒)、魔獣の乗り手ヒッポグリフの乗り手(2点+α)、スターフェニックス
3点氷炎竜屠竜の勇士ロイ
4点竜翼の暗殺者大亀の長老(覚醒)、竜の集結(覚醒)
5点以上ジルニトラ(4点+4点)、ギルヴァ(5点永続)、アジ・ダカーハ(6点)、赤き猛竜(進化10点)、【リントヴルム(10点)

X点誓いの一撃狂えるドレイク
準確定除去×
確定除去:【エンハベオウルフ】、ドラゴニックランスケートス、【覇竜激震】
必殺バジリスクライダー鱗の狂戦士竜技の大剣士(覚醒)


②コストソート
1コストブレイジングブレス(2点),竜の集結(4点生成),嵐の翼(5点生成)
2コストマチルダ(ファイリザ生成),マリオン(2点生成),屠竜の勇士(3点生成)
3コストドラゴニュートの威圧(AOE1点),スターフェニックス(2点),ロイ(3点),赤き猛竜(10点),誓いの一撃(X点)、コスト低下ドラゴニックランス(確定),竜技の大剣士(必殺)
4コスト覇竜激震(1点or確定),原初の竜使い(2点×?),大亀の長老(4点),バジリスクライダー(必殺)
5コスト魔獣の乗り手(2点),ヒッポグリフの乗り手(2点+α),エンハドラゴニュートの威圧(AOE2点),竜翼の暗殺者(4点+α),ガルア(確定生成),鱗の狂戦士(必殺),
6コスト:【エンハベオウルフ(確定)】,ドラゴニックランス(確定)
7コストジルニトラ(4点+4点)
8コスト氷炎竜(3点)
9コストギルヴァ(5点永続),狂えるドレイク(X点),ケートス(確定)
10コストアジ・ダカーハ(6点),【リントヴルム(10点)


③+α要素(相性のいいNカードなど)
特筆してシナジーがあるカードは無い
「狂えるドレイク」をピックしているときは,「鏡の世界」が逆シナジーになるので注意。
※個人的に,「竜翼の暗殺者」と「天使の泉」は相性がいいと思う。


④その他特筆事項や筆者の考察(クラス特徴など)
自分が「ドラゴンを使っている視点」で以下まとめる。かつ、以前にまとめた内容が混ざっているので注意。

点数面から言及する。
まず1点を取るカードは,レジェンド以下にマチルダがいる。レジェンドには覇竜激震ドラゴニュートの威圧がある。エルフと比較すると,1点を取る術は少ない。
次に2点について。低コストブレイジングブレスマリオンだが,マリオンはちょっと使いにくい部分がある。注意したい。だがブレブレがあるので、1点を取るカードに比べると豊富

次に3点屠竜の勇士およびロイが低コストで3点を取れる。が,屠竜の勇士ディスカード要素がある+生成するカードが4コストと重いロイも同じく即時で出すには5PPが必要だ。よって,3点を取ることが、エルフなどと比べて難しいと筆者は判断する。(ラグがあるといったほうが正しいか)
ここまでをまとめると,2点までを取る術は比較的豊富だが,3点は取りにくいため,ケアされるとキツイ。(特に氷炎竜が出せる8PPまでは。)よって3点を残さないよう前半は立ち回るべし

次に4点。4点は竜翼の暗殺者最も使いやすと筆者は感じる。ただし突進であるため、4点ダメージを与えた後こちらの盤面が弱くなる暗殺者の体力スタッツが低くなる)。留意しておきたい。
そして5点以上は、レジェンドカードにしか存在しない。よって進化権が切れた後は、確定除去や必殺に頼ることになる。個人的には、ガルアの使い方が重要だと思っている。

点数ソートをまとめると、2点以下は簡単に処理できるが3点は苦手(特に序盤は)
4点は竜翼の暗殺者が使いやすいが、過信は禁物5点以上の点数は、基本的に確定除去や必殺に頼ることになる。以上。      


次にコスト面。1コストブレイジングブレスがある。これよりコスパのいいカードは3/1突進AFしかないので、非常に強力であるといえる。
2コスディスカード系が多い。使える場面も多いのだが、リスクもあるので取りすぎには注意
そして、特筆すべきは5コストカードだろう。基本的にドラゴンは5コストから本領を発揮しだといっても過言ではない。なぜなら、5コスト帯にヒッポグリフの乗り手などの進化なし盤面干渉フォロワーが集中しているからだ
8コストからは、氷炎竜がいるので3点を取ることが比較的容易になる。
まとめると、5ppから本領発揮である。それまでに有利な盤面を作っていれば、勝ちにつながると筆者は思う。



また、ドラゴンはご存知竜の峡谷フィニッシャー(試合を決めるカード)として考えられる。ただ、プレイしたターンは5/5スタッツを出すだけなので、不利盤面で投げることが難しい。よってそれまでに強い盤面を作る必要がある。ここからは筆者の主観なのだが、手札に峡谷があるならば、それまでに置き進化をするなど可能な限り強い盤面を作るといいのではないかと思う。(諸説)


以上をまとめると、以下のようになる
●カードプールの特徴
1~2点ダメージを与える札は、比較的多い(ブレイジングブレスなど)
・一方で、3ダメージが出るカードは、比較的少ない(8コストを超えると、氷炎竜があるので取りやすくなる)
・4点は竜翼の暗殺者があるが、5点以上は確定除去カードを使う必要があるはず。
確定除去カードある(ドラゴニックランス、ガルアなど)
消滅系はない

●筆者の考察
・フィニッシャーである竜の峡谷を安全に出すことが、ドラゴンは最も重要であると筆者は思う。そのためは、7PPまでに、強い盤面を作っていく必要があるはず。よって、7PPまでに進化権などを積極的に切り、強いフォロワーを残しておくことが肝要だと筆者は考える。


5)ネクロマンサー
以前まとめた記事はこちら。見てない方はこちらもどうぞ⇒リンク

(進化)というのは、進化権ありでその点数が出るという意味です。点数ソートだけに表記します。
【】に入っているカードは,特殊な状況でのみ発動する点数です。
茶色=ブロンズ黒色=シルバーレジェンド=緑色です。


①点数ソート

1点
悪戯な霊魂ベレヌス霊呼びの少女
2点消えぬ怨恨マミー漆黒の剣鬼(2点)、ソーラ(進化)、ポルターガイストセレスオディール(AOE2点)
3点マッドハッタ―から出るブリキ(進化)、エンハ巨腕のスケルトン(3点)
4点ネクロマンス消えぬ怨恨死滅の霧
5点以上アイシャ(5点or5点×2)、ケリドウェン(5点生成)、【最果ての躯(AOE6点)】

X点
×
準確定除去×
確定除去呪われた忠誠エンハビッグソウルハンター
必殺関連悪夢の処刑人、夜想の死神

②点数ソート
1コスト悪戯な霊魂(1点)
2コストベレヌス(1点)、消えぬ怨恨(2or4点)、呪われた忠誠(確定)
3コストソーラ(1点×2)、霊呼びの少女(1点×?)、ポルターガイスト(1点×2)
4コストマミー(2点)、セレス(2点)、悪夢の処刑人(必殺)、夜想の死神(必殺)
5コスト漆黒の剣鬼(2点)、アイシャ(5点or5点×2)
6コスト:【エンハビッグソウルハンター(確定)】、オディール(AOE2点)、ケリドウェン(5点生成)、【最果ての躯(AOE6点)】
7コストマッドハッタ―から出るブリキ(3点)、死滅の霧(AOE4点)
8コストエンハ巨腕のスケルトン(3点)
9コスト:×
10コスト×

③+α要素(相性のいいNカードなど)
率先して取るかどうかについては諸説。相性が比較的いいNカードと思ってください。

基本的に、Nカードとシナジーがあるカードはない。ダークアリスも、2PickではそこまでNシナジーがあるとは言い難い。よって、クラスの弱い部分を埋めるために活用すべきだと筆者は思う。
強いて言うなら、1枚でネクロマンスを2以上貯めることができるカードが優位ではないだろうか?(月と太陽、ゴブリンエンペラーなど)


④その他特筆事項や筆者の考察(クラス特徴など)
自分が「ネクロマンサーを使っている視点」で以下まとめる。かつ、以前にまとめた内容が混ざっているので注意。

点数の切り口から見る。
まず、悪戯な霊魂1点を出せる。加えて、霊呼びの少女がいるので、1点を取ることは得意のはず。(エルフよりは劣る)
2点を除去する札は、漆黒の剣鬼をはじめとする凶悪カードが複数存在するので、豊富といっていいだろう。

問題は3点だ。ゾンビパーティが落ちた関係で、3点を確実に取れるタイミングが7PP以降となる。これは相当弱い。よって、相手フォロワーの体力を2以下にするよう誘導することが大事である。(特に序盤は)

4点は、ネクロマンス発動消えぬ怨恨が存在する。3点を取る手段が非常に乏しいので、このカードの優先順位は高い。しかし今期のネクロは、ネクロマンス管理が結構難しい。使うタイミング等を実践で慣らしてほしい。
5点以上はレジェンドしかないのでほぼ出せないといってもいいはずだ

確定除去カード呪われた忠誠ビックソウルハンターなどが存在する。
しかし、呪われた忠誠自分のフォロワーをつぶす必要がある。よって「消えぬ怨恨+自身のフォロワー→相手のフォロワー」なので2:1交換カードとみなせる。よってデメリットが多い確定除去カードなのだ。注意したい。
ビックソウルハンターは、ネクロマンス6という激重ネクロマンスである。よって使い方に注意。(ネクロマンス4でいい・・・よくない?)


次にコスト面について。
特筆すべきは、2コストの「消えぬ怨恨4コストの「マミー5コスト「漆黒の剣鬼」であると私は思う。しかし、これらのカードはすべてがネクロマンス消費カードである。なので、霊魂再生等の1枚でネクロマンスを2以上貯められるカードを優先したいと私は思う。



以上をまとめると、以下のようになる
●カードプールの特徴
1~2ダメージを与える札は多い(漆黒の剣鬼最つよ)
・一方で、3点以上を除去する手段が乏しい
・確定除去カードある(消えぬ怨恨など)
消滅カードない( ;∀;)

●筆者の考察
・2点処理札が多いので相手の体力を2にするように誘いたい。
・ぶっちゃけ、取る必要はないんじゃないかなと思う。おそらくウィッチよりはましだろうが・・・。

以上。次はヴァンパイア,ビショップ,ネメシス


本記事 N,エルフ,ロイヤル編
    
    ウィッチ,ドラゴン,ネクロ編

    ヴァンパイア,ビショップ,ネメシス編


2Pickの基本 part1

個別評価記事part1(エルフ編)


ツイッターはこちら↓

今回は、各クラスごと盤面干渉カードの打点を簡単にまとめます。(ほぼ自分用の記事(^-^))

今回は,Nエルフロイヤル3つです。


で、どのようにまとめようかなと考えた結果、各クラスごとに

点数ソート
コストソート
+α要素(相性のいいNカードなど)
その他特筆事項や筆者の考察(クラス特徴など)

の4点をまとめます。何言ってるか分かんねえよと思われるハズですが、見て頂ければ分かると思います。では行きましょう。


0)Nカード
(進化)というのは、進化権ありでその点数が出るという意味です。点数ソートだけに表記します。
【】に入っているカードは,特殊な状況でのみ発動する点数です。
茶色=ブロンズ黒色=シルバーレジェンド=緑色です。
※Nはレジェンドとそれ以外で色を分けています。

①点数ソート
1点天界の先兵(進化)、【ゴブリンエンペラー】
2点麒麟(進化)
3点:【混沌のヴァルキリー】山岳隊長、【ヘクトル】卵の大爆発
4点アルテア(進化)、エンハンスブリンディランページマンモス(進化)
5点以上×
X点
ゾディアックデーモン
準確定除去タルトマン(進化)、堕天フルムーン
確定除去落とし穴神罰


②コストソート
1コスト×
2コスト天界の先兵(1点)、タルトマン(準確定)
3コスト:【混沌のヴァルキリー(3点)】,落とし穴(確定)
4コスト堕天(準確定)
5コスト麒麟(2点)、山岳隊長(3点)、ヘクトル(3点)、アルテア(4点)
6コストフルムーン(準確定)
7コスト卵の大爆発(3点)、エンハンスブリンディ(4点)ゾディアックデーモン(X点)
8コストランページマンモス(4点)
9コスト×
10コスト×


③+α要素(相性のいいNカード)
Nなので無し


④その他特筆事項や筆者の考察(クラス特徴など)
正直強い。Nクラスというのがあれば、相当上位に食い込みそう。

まず,点数の切り口からNカードの強い部分を上げると、
山岳隊長が3点を簡単に取れる。
アルテアがあるので、進化が有れば4点も刈り取れる。
・確定除去の落とし穴が3コスなのがすごい(コナミ)。そして神罰があるので、潜伏や高スタッツフォロワーを余裕で刈り取れる。というか確定除去が多い。
AOEも一応ある
以上かなと私は思う。

次に、コストの切り口であるが、
3コスト落とし穴強い
5コスト帯がチート
・6コスのフルムーンも強い
以上が特筆して強い部分かなと私は思う。


よって、除去と言う点ではすさまじく優秀。また今回は触れていないが、ドローソースや2コストフォロワーもしっかりそろっている。

総合すると、ピックに必要な要素のほとんどを満たしているはず。なので、各クラス弱い部分をしっかりと把握してNカードピックをすれば、ほとんどのクラスがそこそこ戦えるのではないかと思う。
(今期のリーダー評価が人によってバラバラなのも、Nカードが強いからなのか・・・?)



1)エルフ

以前まとめた記事はこちら。見てない方はこちらもどうぞ⇒リンク

(進化)というのは、進化権ありでその点数が出るという意味です。点数ソートだけに表記します。
【】に入っているカードは,特殊な状況でのみ発動する点数です。
茶色=ブロンズ黒色=シルバーレジェンド=緑色です。



①点数ソート

1点炎精の森、【百錬のアーチャー忌刃鬼ポーラフェアリー茨の森 も一応記載)
2点森荒らしの報い紅弓のエルフ(進化)、妖精の使役者(2点×?)、
3点対空射撃フラワープリンセス(の薔薇), アレア(のツタの魔弾)、雪原の戦士ユグドラシル
4点フェアリーセイバー
5点以上ホワイトヴァラナ(5点+バフ分)

X点本能の解放ネルシャレーネ(進化)、インセクトキングエルフの双撃
     俊足の大狼カシオペアキングエレフェント
準確定除去森のささやき
確定除去リラ
必殺:×

②コストソート
1コスト炎精の森(1点)、対空射撃(3点)(フェアリー(1点))
2コスト茨の森(1点)、ポーラ(1点),森荒らしの報い(2点),レーネ(X点)、インセクトキング(X点)、エルフの双撃(X点)
3コスト百錬のアーチャー(1点)、紅弓のエルフ(2点)、本能の開放(X点),リラ(確定)
4コスト妖精の使役者(2点×?)、アレア(3点)、雪原の戦士(3点)、【フラワープリンセス(3点)】,  ネルシャ(X点)、森のささやき(準確定)
5コスト俊足の大狼(X点)
6コスト忌刃鬼(1点),フェアリーセイバー(4点),ホワイトヴァラナ(5点)カシオペア(X点)
7コストユグドラシル(3点)
8コスト×
9コスト×
10コストキングエレファント(X点)

③+α要素(相性のいいNカードなど)
率先して取るかどうかについては諸説。相性が比較的いいNカードと思ってください。
バフ要因(フィトやホワイトヴァラナとのコンボ)
1コス天使の泉
3コスエンジェルナイトバイヴカハ
5コススノウ

プレイ数稼ぎ
・1コス系統、特に天使の泉

その他
フラワープリンセスがあるので、鏡の世界他リーダーと比べて優位
ドローソースがそこまで強くないのも覚えておきたい事項 天界への階段は結構強い
5コストが意外と穴なので、山岳隊長などが優位か?



④その他特筆事項や筆者の考察(クラス特徴など)
自分が「エルフを使っている視点」で以下まとめる。かつ、以前にまとめた内容が混ざっているので注意。

茨の森やフェアリー、忌刃鬼などがある関係上、1点なら簡単に処理できるのがエルフ最大の特徴だと筆者は思う。
また、3点以下ブロンズに森荒しの報い,対空射撃がある関係上、比較的簡単に刈り取れる。ただし,基本的に進化権無し盤面干渉フォロワーは少ない。注意して損はなし。
そして,4点以上を確定で出せるカードが非常に少ない。よって【進化権が無ければ確定除去or2枚以上のカードを使わないと取れない場面が往々にして存在するはず。注意したい。

処理という点では5コスト帯が穴であるのも今回発見した。よって山岳隊長などの優先度が高めではないかと筆者は思う。(5コストはイピリア以外レジェンド、かつ俊足の大狼ヴィーナスしかいない)

そして、そもそも高コストフォロワーがクラスカードに少ない。注意してピックしたい。Nカードとの相性は、上に挙げたとおりである。


また、こちらの盤面を無視して顔を攻撃してくる系の相手だと、こちらとしては非常にやりやすいと筆者は思う。
言い換えると、エルフ側にとって見れば、盤面にフォロワーが残っていることは結構なアド

理由が複数あるので項目ごとに分けると、
①ネルシャがいるので、かなりの大型フォロワーでも「悪魔のドレス」+「盤面に残ったフェアリー」などで簡単に処理できる
②盤面にフォロワーが残っていれば、「本能の開放」でバフをかけつつ相手の盤面を崩せる
茨の森によって、盤面限定の攻撃力を1上昇させられる
④盤面にフォロワーが残っていると、妖精の調べバフ対象が増加する。
進化なし盤面干渉フォロワーが、クラスブロンズに非常に少ない。よって盤面を掃除されまくると、こっちとしてはスペルに頼らざるを得ない(と筆者は思っている)

主な理由はこんなところ。当然他にもあるのだが、エルフ相手に盤面を無視してくる相手とあたったら、内心にっこり(*´ω`)していいはず。(当然油断すると死ゾ


以上をまとめると、以下のようになる
●カードプールの特徴
1~3点ダメージを与える札は多い(低コストブロンズ帯に多い)
・一方で、4点以上のダメージが出るカードは少ない(レジェンドかつ、高コスト)
確定除去カードある(森のささやき リラ)
消滅系ある(森のささやき)

●筆者の考察
盤面にフォロワーを残すプレイングを。
高コストカードが少ないので、長期戦になるとパワー負けして不利のはず。特にドラゴン戦は早めに勝負を決めるべきだと筆者は思う。
・ドロソも少し弱い。息切れに注意すべし。
5コストに穴がある。意識して損はなし。
・最近、コストの隙間に出せる+コンボ起点になるフェアリーが爆裂に強いのではないかと筆者は思っているが、どうなんですかね?



2)ロイヤル
以前まとめた記事はこちら。見てない方はこちらもどうぞ⇒リンク

(進化)というのは、進化権ありでその点数が出るという意味です。点数ソートだけに表記します。
【】に入っているカードは,特殊な状況でのみ発動する点数です。
茶色=ブロンズ黒色=シルバーレジェンド=緑色です。
※Nはレジェンドとそれ以外で色を分けています。

①点数ソート

1点
クイックブレイダー前線の城砦(1点×3or4)、角冠の王逆境への対処トランプナイト召集
2点角冠の王(進化),クーフーリンジュリエットモモ
3点火遁の術ワルツ白と黒の決闘のイメラ嵐の槍使い
4点×
5点以上暗殺術(5点)、バルバロッサ(5点)、【ポルックス(6点)】,エンハマスターサムライ(6点かつ進化),エンハ火遁の術(6点)、古の英雄(6点)、エンハ粗暴な豪剣士(7点)

X点
抜刀術エンハセリアエンハ嵐の槍使い(3+2点AOE)、スカイフォートレス(本体5点+3/4バフ)
準確定除去×
確定除去アックスデストロイヤー(進化),【モモ】,エンハクーフーリンワルツ、【赤ずきんメイジー(進化)】、銀嶺の秘剣士(進化)、
必殺関連エンハ狼牙の剣士、【ノーニャ】,銀嶺の秘剣士トランプナイト召集


②点数ソート
1コストクイックブレイダー(1点)
2コストクーフーリン(2点)、火遁の術(3点)、【赤ずきんメイジー(確定)】
3コストジュリエット(2点)、モモ(2点or確定)、嵐の槍使い(3点)、ワルツ(3点or確定を生成),暗殺術(5点)、エンハ狼牙の剣士(必殺)、ノーニャ(必殺)
4コスト前線の城砦(1点×3~4),逆境への対処(1点),白と黒の決闘のイメラ(3点)
5コストバルバロッサ(5点)、【ポルックス(6点)】、抜刀術(X点),エンハセリア(X点)、銀嶺の秘剣士(確定)
6コストトランプナイト召集(1点+必殺)、エンハ火遁の術(6点)、エンハマスターサムライ(進化で6点×2)、エンハクーフーリン(確定)、アックスデストロイヤー(確定)
7コストエンハ嵐の槍使い(3+2点AOE)、
8コスト角冠の王(1or2点),古の英雄(6点)、エンハ粗暴な豪剣士(7点),スカイフォートレス(本体5点+3/4バフ)
9コスト×
10コスト×

③+α要素(相性のいいNカードなど)
率先して取るかどうかについては諸説。相性が比較的いいNカードと思ってください。

低コストNカード(ウサギ耳やポルックスとの相性が良い)
ウサギ耳何でも良いからNカードあったらドロー。
 ポルックスロイヤル以外フォロワーがいれば進化。
よって,どっちにも使える2コスNフォロワーが重要のはず。
●タルトマン,秩序のヴァルキリー,フェリアなど。
●かつ,鏡の世界と相性がいい。

その他
ドローソースがそこまで強くないのも覚えておきたい事項 天界への階段などは,優先度高め。



④その他特筆事項や筆者の考察(クラス特徴など)
自分が「ロイヤルを使っている視点」で以下まとめる。かつ、以前にまとめた内容が混ざっているので注意。

まず,エルフよりそこまで考えることは多くないと思う。これは馬鹿にしている訳ではなく,使いやすいということが言いたい。
正直私は今期のロイヤルが好きだ。プレミ少なくなるし。個々のカードパワー高いし。

次に評価について。正直処理の鬼ありとあらゆる点数が手札から出せる。ただし,突進や疾走が多い反面ファンファーレダメージ系が少ないので,処理した後にこっちの盤面が弱くなりがち。注意したい。(突進等は相手のフォロワーにぶつけないといけないので,フォロワー体力が自然と少なくなる。)
そして,ブロンズの「暗殺術がないとキツイかなー」と思う場面がある(ような気がする
なんでかというと,安定したブロンズ単体処理札暗殺術くらいしか無いんじゃねと筆者は思うからだ。(諸説
シルバー爆裂に強いので,ワルツなどの強いカード取っていきたい。
また,4コストで強いカードが「先陣の騎兵」と「前線の城塞しか無いはずなので,意識してピックしてもいいと思う。
Nカードとの相性は、上に挙げたとおりである。


まとめると、以下のようになる
●カードプールの特徴
1~3点ダメージを与える札は多いが,安定したブロンズ単体処理札が少ない(と筆者は思う)
シルバーは,突進などの進化権なし処理札が多め
確定除去カードある(ワルツなど)
消滅カードある(ワルツ)

●筆者の考察
・突進系等の進化なし処理札は多め。活用していきたい。
高コストフォロワーまあまあいるので,ある程度長期戦もいけるはず。
・多分暗殺術は強い
低コストNフォロワーの優先度は高め
・ドロソは弱い。息切れに注意すべし。


以上。次はウィッチ,ドラゴン,ネクロマンサー。


本記事 N,エルフ,ロイヤル編
    
    ウィッチ,ドラゴン,ネクロ編

    ヴァンパイア,ビショップ,ネメシス編



2Pickの基本 part1

個別評価記事part1(エルフ編)


ツイッターはこちら↓

↑このページのトップヘ