2pick平均4勝を目指すblog

シャドウバースについて詳しく書いていきます

カテゴリ: 構築理論

こんにちは。筆者の賀茂茄子です。
 昨今荒れに荒れているアンリミ環境、以下がお過ごしでしょうか。筆者はくっそ文句たれながら回していますが、ようやく比較的マシなデッキを作れたので解説します。

 名前を付けるとすれば教会スカルフェインビショでしょうか?では早速参りましょう。

 ※本デッキの前形は、以下の2デッキになります。こちらも参考にご覧ください。↓
アミュレット教会ビショリンク
純粋スカルフェインビショリンク
 
1)サンプル構築とデッキ構想
A
サンプル構築

 サンプル構築は上図の通り。
 構築の構想は以前書いた「教会アミュレット」と「スカルフェイン」、2デッキの一番強いカードを詰め込んだだけです。弱いカードは徹底的に排除し、純粋なパワーでねじ伏せます。

 教会は"疾走+バーンによる直接打点"、"テンポロスを排除したドロー"を担います。(速度的には"アグロ~前寄りミッドレンジ")
 スカルフェインは「アンヴェルトによるAOE」「1ターンあたりの展開」「自身の盤面リセット」を担います。(速度的には"前よりミッドレンジ~後ろよりミッドレンジ")

 理論上は全ての対面に対応できる万能デッキに属します。それゆえマリガンを誤ると、一瞬で負けるデッキでもあります。


2)主要カードの役割
 ①セリーナ
 本デッキはスカルフェインと比べてアミュレットが少ないので、カウントを進める効果は期待できません。ですが3点バーンまでの効果は比較的発動しやすいため、これを狙って場をコントロールします。

 対面によっては、スカルフェインよりも優先度が高いです。特に「庭園ドラ」などのミッドレンジ帯デッキに対しては、バーンが有利に働くことが多いです。
実はビショップで現状一番狂ってるカード 本デッキでは攻撃札

②スカルフェイン
 本デッキのスカルフェインは、アンヴェルトを割るための要因と言っても過言ではありません。4ターンに着地させ強い盤面を作ることも当然可能ですが、相手のパワーカードを返す対応札として使った方が強いと思います。(場づくりアミュレットカードが少ないため)

 「純粋スカルフェイン」「骸の王」などの、序盤に意味不明な展開をしてくる対面では必ずキープします。アンヴェルトを活用して、対面のカードを一掃しましょう。
アンヴェルト強制起動マシン 本デッキでは守備札として使う事が多い

③博愛の翼人
 本デッキの要であるカードです。
 疾走打点が欲しい場合は「ムニャール」を。相手の盤面形成を止めたい場合は「アンヴェルト」を増やすなど、状況に合わせたアミュレットを2コスで生成できます。
 このカードの使い方が勝率に大きな影響を与えます。何を増やしたいのか、しっかりと考えてカードをプレイしましょう。

このデッキの要

3)採用しなかったカード

①アミュレット関連
 本デッキは「ディスティニーウィングナイト」の2ターン目起動を目標としているため、2コス以上のアミュレットを採用していません。2コスアミュレットを入れるなら、ウィングナイトは採用しない方が良いでしょう。

 また天球儀以外の1コスドローカードは抜きます。純粋スカルフェインのようにアミュレットを割れれば問題ないのですが、本デッキだとただのテンポロスドローになる確率が高いです。
叩き割れない場合が多いので、ただのテンポロス

②ムーンアルミラージ・ジャスティー
 教会ビショには入ることがありますが、5コスで進化込み最大7点は弱いです。ムニャールはアミュレットだし1コスだし、進化込み最大6点打点になのヤバくない?

 またラットから生成されたナテラは、スカルフェインでドローに変換できるようになりました。骸の王のでかい守護は"ダーティプリースト"や"アンヴェルト"で吹き飛ばせるので、必殺で突破する必要もなくなりましたからね。
ちょっとパワー不足ですね 盤面に3点入れながら疾走できたら再度採用できそう


4)対面ごとのマリガン優先
 以下の画像の通りです。教会が刺さるのかアンヴェルトが刺さるのか、よく考えてマリガンを行いましょう。
A
基本優先カードはこちら

B
基本優先カードはこちら

5)その他注意すると良いこと
・教会をスカルフェインで叩き割ることを躊躇しないようにしましょう。
・教会を安易にドロー効果でプレイしないようにしましょう。スカルフェインで叩き割った後、再度出すことも多いです。後単純に熾天使が裏目になることもあります。
・セリーヌの効果を最大限に発揮するために、カウントダウンアミュレットの操作は間違えないように。


終わりに
 最近思うのですが、アディショナルカードの追加要らなくないですか?
 消費者に買わせるために強いカードが追加されがちで、それによって環境がめちゃくちゃ歪むの流石に疲れたんですがそれは。
 では本日はこの辺りで失礼します。

その1
その2(この記事)
その3(まだ)
-----------------------------
 こちらは鋼鉄の反逆者(STR)環境の、4/15時点での記事です。ナーフ等されていません。ご注意下さい。
-----------------------------

 この記事は、その1からの続きです。「ローテミッドロイヤル」を触ったことがない人は、見ておくと以後の話がわかりやすくなると思います。知ってる人は、特に見なくても良いです。
 →その1

 なおこの記事では、以下の「エルネスタ(従者)」入りのローテミッドロイヤル構築について語ります。
 「キャノンスマッシャー」入りの構築についてはその3で書きますので、そちらもよろしくお願いします。
a
本日はこちらを扱います

0)前置き
・この構築が結論というわけではありません。「筆者はこれが良いんじゃないか」という事柄を解説している記事です。
・特定の個人の構築を批判するものではありません
・今回私が運営する窓のメンバーに協力してもらいました。この場を借りてお礼申し上げます。

 以上をご理解いただいたうえで、お進み頂ますようお願い致します。
お辞儀をする黒い制服の店員のイラスト(男性)
一つの意見として御覧ください

EX1)STR環境まとめ
 まず構築を語る前に、1環境前のALTとSTR環境を比較します。
--------------------------------------------
ALT環境tier1(ナーフ後)・・・AFネメシス、聖獅子、ランプドラ、ミッドロイ、ミッドネクロ、マナリアetc・・・
 ⇨(かなり混沌としているが、どちらかと言うとミッドレンジ~コントロール環境)
STR環境tier1・・・ミッドレンジロイヤル、蝙蝠ヴァンプ、ミッドレンジネクロ※機械系もそこそこ
 ⇨直接ダメージ&潜伏環境(キルレンジは大体ミッドか?
 ①ネクロやヴァンプに存在するラストワードに対する対抗札が必要。
 ②キルターンが8~10でほぼ固定されているため、それより前に倒しきる必要があり、潜伏や疾走が重要になる。
これらのカードのせいで、リーサルまでに明確なリミットが存在
--------------------------------------------
ALT環境・・・先陣の騎兵が使えた
STR環境・・・【先陣の騎兵】【リーシャ、剣舞】
先後関係なく、明確な4の動きが乏しく。また安定した回復札が無い
リーシャによる進化を節約した盤面干渉が強力。剣舞に寄る攻めながら盤面を掃除する動きが可能に。
「騎兵」による回復力は低下 その代わり「剣舞」と「リーシャ」による盤面処理は強力に
--------------------------------------------
 またこのデッキは「蝙蝠」や「アーカスフェリコンボ」のような1ターンで大量のダメージを稼げないため、
常にちまちまと削っていく必要があると感じています。


EX2)2種類のデッキパターンについて
 さて、今環境様々なミッドロイヤルデッキがあります。その中でも
「エルネスタ」「簒奪の従者」「キャノンスマッシャー」のどれを採用するのか?
「リーシャ」の枚数
「オクトリス」の枚数

 について、まだ明確な答えが出ていないと私は認識しています。そして今回色々な意見を集め、集約した結果、

ミッドレンジロイヤルは、2種類の型があるのではないか?

 という結論に至りました。
a

 そして本日は、
 「リーシャおよびエルネスタ(簒奪の従者)」を重視した構築について語ります。
a

 それでは参りましょう。


1)疾走と潜伏は大切
 前述したが、今環境は「アーカス」や「ヴァーナレク」などを意識すべき環境。これらは盤面干渉力が異常に強く、5面展開しても取られてしまうことも多い。特に7ターン目以降以降、工夫を行わなければ相手のライフを削れない
中盤以降、これらのカードのせいでライフが削りにくい

 よって強い【潜伏】および【疾走】、補助として【バフ】カードが重要になると私は考える。

 ●まず「リオード」は確定。これに「エンハンス白刃の剣舞」を付与できれば、盤面を掃除しながら相手のライフを一気に削ることが可能。生成する「アサシン」にも様々な用途がある。
 ●「セリア」「レイサム」も疾走打点カードとして強力、「クイックブレイダー」はこの2枚のカードとシナジーがあるため、それぞれ3積みで良いだろう。
 ●「ドラゴンナイツ」を削っているデッキあるが、疾走札を削る選択はあまり良くないと考えられるため、以下3積みで話を進める。(※7ターン目に「パーシヴァル」+「アサシン」の動きも強力)
a
残り22枠

EX)アサシンの使い方
 前環境までリオードを「アサシン」で再潜伏することが多かったが、今は頻度が減った筆者は考えている。先5で「白刃の剣舞」を打つことがある、リーシャという再潜伏する価値があるカードが追加された、などの理由だ。

 その代わり6~7で「リーシャ」7で「パーシヴァル」を潜伏させることで、相手のライフに大打撃を与える動きが強い。
 つまりこのカードはフィニッシャーを生成する役割を担っていると言えるだろう。

アサシンは、リオードを伏せる役割だけではない

2)デッキを安定させるためのカード
 当然疾走札だけでデッキは完成せず、補助カードも必要になる。

 ●「アイテール」はレイサムなどを確定でサーチできるため3積み。このカードがないと、今のロイヤルは上振れ前提デッキになるくらいの強カード。
 ●「レイピアマスター」は1~10全てのターンをこれ1枚でまかなえる上、レイサム能力下で必殺守護を持ちながら走ることも可能。3積み。

 ●「簒奪の使徒」は、「セレス」および「ヴィーラ」を、相打ちせずに取れる部分が大きい。また「剣舞+リオード」の5/7を、後5でも取ることができる。(※翼+ヴィーラは無理ですが。)
 そしてミラーに置ける「白セリア」現行tier2デッキに多い機械デッキの小型フォロワーを一気に片付けることも可能。そしてこのカードは手札で被ったとしても、567ターン目に継続して投げることも可能。よって3積み。

 ●最近削っているリストも多い「白と黒の決闘」だが、個人的に3枚確定
 ・まずネクロマンサー対面では、交戦時ダメージ持ちの「セレス」に対する対抗札になりうる。またファフニールのAOEに対する蓋も可能。
 ・ヴァンパイア対面では「邪眼の悪魔」のAOEや、単純に処理スペルを防げる。
 ・ミラーでは先5「剣舞+リオード」に対する、後手4の回答にもなりえる。

~2019/4/29追記~
 白と黒の決闘だが、現在ネクロマンサーが減っていること。1で開かないと腐ることが多いことなどの理由で、2枚にしても良いかもと思っています。



以上。
a
残り10枠

EX)アイテールの使い方(※リーシャを中心に考える場合)
 前環境まで「先陣の騎兵」という後手の強カードをサーチできたが、今環境は4であまりプレイしたくない「リーシャ」がサーチされる。※よって4は別の動きで埋める必要がある

 しかし「アイテール」は3でかなり強い動きになるカード、3でこのカード投げたくないな~という状態のデッキにすることは良くないという仮説が生まれる。

 よって「リーシャ」をサーチしてしまうなら、逆にリーシャを起点として強く使えるようなデッキにすべきではないか?と私は考えた。
 特に6ターン目に「リーシャ」+「2コス以下兵士」で進化権を節約しながら盤面を取る動きが強力であるため、2コスフォロワーを可能な限り「兵士」で埋めるべきであると私は考える。

リーシャを中心に考えるなら、アイテールは3で投げやすくなる

3)リーシャに寄せた構築?
 前提として、「リーシャ」はアイテールの4コストサーチ先として必要なので、最低1枚は必須。問題何枚デッキに入れるのか問題だ。
 今回は「3枚で固定すべき」という視点で話す。このカードの特徴とともに、その理由を述べる。
-------------------------------------------
●リーシャの特徴
良い点
 ・特に5~7で強く使える。特にロイヤルの弱点である6~7マナ帯で強く使えるのが大きい。
 ・進化権を温存できる。(→レイサムのための進化権を温存できる)
 ・レイサム下でも、めちゃくちゃ強烈な動きが可能。
 ・クイックブレイダー等の単体で弱い兵士フォロワーでも、強いシナジーが組める。
 ・必殺生成できる。
 ・10でバーンカードを生成できる。

悪い点
  ・盤面に対しては強いが、ライフに圧力をかける役割は薄い
 ・4コストカードだが、4ターン目に置くのは弱い
 ・兵士カードが無いと弱い
 ・手札消費が多い。
 ・アイテールでサーチできるから、2枚でもいい説?(私はこの理由で減らさないですが)
-------------------------------------------
●なぜリーシャを3枚?
 理由は以下の通りである。

 ●ロイヤルクラスは「レイサム」を安全着地させることが一つの勝ちパターンであり、8ターン目まで進化権を温存することも多い。その動きをこのカードは実現することができる。(特に5~7で強く動けるため。)
 
 ●「アイテール」によって確定サーチできるため、このカードを強く使える構築を目指すべき。

 ●現状このデッキには兵士カード(及び兵士カードを生成するカード)が多い。その中で「クイックブレイダー」および「レイピアマスター」コンボカードの側面が強く、シナジーカードが手札に無いと弱いカードである。
 しかしリーシャはこの2枚のカードを起点として強く使える。(弱いカードに役割をもたせることができる。)

 ●後述するが、今回【序盤の事故軽減】のために「2コス兵士フォロワー」を2枚追加した。それらのカードは後半引くと弱いが、「リーシャ」と組み合わせて強く使うことができる。

 ●何度使っても強いカードである。

 以上。
a
残り7枚

4)後攻4ターン目の動きを、2+2で補う
 このデッキは現状4ターン目の動きがかなり乏しい。特に後手4ターン目の強い動きが現状皆無であるため。これを解消する必要がある。しかし「アイテール」のサーチが「リーシャ」で固定されているため、例えば「フローラルフェンサー」などのカードを入れることは出来ない

 そこで今回私は、4ターン目に「2コス処理スペル」+「2コスフォロワー」で動くことを想定して、「簒奪の邪剣」を採用することとした。ちなみに「簒奪の使徒」とのシナジーもある。

 ちなみに「ワルツ」は今回不採用とした。理由は以下の通り↓
-------------------------------------------
・先攻3の動きとしては強いが、後手では2/2/2と相打ち、3/2/3に至っては上から踏まれてしまう。よって後攻でまくるカードとしては微妙だと判断。
・「リーシャ」とのシナジーがあるが、そのメリット以上に、3~4ターン目にテンポを取られるデメリットが大きいと感じた
-------------------------------------------
 おそらくこの部分は考え方によって変わると考えられるが、以後3積みで話を進める。



~2019/4/19追記~
 この部分について、かなり考え方を変更しました。その理由は、その3で解説しています。そちらを参照して下さい。
 その3リンク


a
残り4枚

4)オクトリスの枚数は?
 今環境はネクロマンサーおよび蝙蝠ヴァンプを最も見るべき環境である。よってオクトリスを採用する価値があると私は判断した。
 問題はこのカードを何枚積むのかである。まずはオクトリスの特徴をまとめる。
-------------------------------------------
●オクトリスの特徴
良い点
 ・ラストワードを奪える
 ・財宝カードを生成できる。
 ・8で「剣舞」「アサシン」などとくっつけることが可能

悪い点
 ・ラストワードを奪えなければ、8ターン目までほぼバニラ。
 ・明確なシナジーが、「剣舞」と「アサシン」に限定される。
-------------------------------------------
●総評
 オクトリスは【ラストワード奪取】や【8で剣舞やアサシンコンボ】など強い点がある。特に「フラウロス」や「ニコラ」を奪えると、相手に相当のダメージを与えることができる。
 だがラストワードが奪えない場合はほぼバニラカード。また上手い相手だと、ソウルコンバージョン等で奪われないようにする動きをしてくる。
 8で強く使えるとは言え、ロイヤルは強い8の動きが多い
 
 よって絶対に3積みしたいカードなのか・・・という疑問が出る。ここでは一度2積みで話を進めようと思う。
※ちなみにレート等ネクロが異常に多い環境なら、3積みすべきだと思われます。
a
一度2積みで話を進める 残り2枠

5)残りは2コス兵士で埋める
 現状デッキに2コスフォロワーが実質4種12枚入っている。しかし多くが2ターン目に使いたくないカードである。
 個人的に「レイピアマスター」は比較的投げやすくリオード」も進化前に伏せるので、2で置いてもギリギリ許容範囲であると考えている。
-----------------------------------
~2019/4/19追記~
おそらくレイピアマスターは、先行4では強いので、2で投げないほうが良いかもと思っています。どっちかというと、今季は「セリア」のほうが2で置くことが多いと判断しています。ここら辺デッキによって変化するので、要検証といってところでしょうか。
-----------------------------------

 よって現状安定して置ける2コスカードは6枚。これはドロー確率的にあまり良い数字ではない。よって2で置ける2コスカードを8枚にし、どのパターンでもドロー確率を70%近くor以上にすべきだと今回判断した。
確率については、こちらのリンクを参照して下さい
a
クリック推奨+詳しい意味を知りたい場合は、リンク先に飛んで下さい

 さて、現在の環境で候補としては、以下の5枚であると考える。

 そしてこの中で、リーシャを中心に考えるなら「エルネスタ」および「従者」が最有力になる。
a

●採用しなかったカードについて

「キャノンスマッシャー」・・・先4で強いが、兵士指揮官シナジーが無いため不採用。
「オースレスナイト」・・・横展開で強いが、ミラーで簒奪の従者を出されると詰むため不採用。
「ホーリーナイトベア」・・・単純に守護な部分が良いが、エンハンスが邪魔になる場合が多かったため不採用。

●「エルネスタ」と「従者」について
 まず共通点として
・両者とも兵士→後半引いても、リーシャの弾として強く使える。
・両者ともエンハンスが無い黒セリアの打点上昇に使いやすい。
 という利点がある。

 「エルネスタ」は単純に2/2/2であるため、従者よりもライフに対する圧力は高い。また要らない手札を1枚変換できる部分も強い。だがこの部分が弱点になる場合も多い
 「従者」は2/1/1なので、ライフに対する圧力は弱く、マジックミサイル等にも弱い。ただし現環境1/1が多いため、それらのカードに対する対抗手段として強く使うことができる。また財宝カード生成も可能。

 以上のように利点と弱点があるが、「従者」はミラーで「隠伏天誅」や「簒奪の使徒」のファンファーレで取られるなどのデメリットが目立ったため、今回私は「エルネスタ」を採用するに至った。

 以上、採用カードについて終わり。

 ~2019/4/19追記~
 この部分について、「従者」を優先するようになりました。その理由は、その3で解説しています。そちらを参照して下さい。
 その3リンク

a
以上のような理由で、このデッキになりました

5)終わりに
 さて、今回は構築についてのみ語りました。しかし冒頭で述べたとおり、この記事は「こうじゃないか・・・」と私が現時点で考えている事柄を述べただけに過ぎません。

ご批判ご意見等頂けましたら、ありがたいと存じます。
 
 その3記事では、「キャノンスマッシャー」型について記載したいと思います。その後で、立ち回り等についても記述したいと思います。

本記事その1←前の記事 次の記事→2Pickドラゴン


~ローテロイヤル記事~
その1
その2
その3(まだ)




~2Pick記事まとめ~
 ←シャドバ以外のつぶやきもあります。ご了承ください。

その1(この記事)
その2
その3(まだ)
--------------------------------
 こちらは鋼鉄の反逆者(STR)環境の、4/14時点での記事です。ナーフ等されていません。ご注意下さい。
--------------------------------

 みなさまこんにちは、筆者です。先日は蝙蝠ヴァンプ記事をご精読いただきまして、誠にありがとうございます。

 さて本日から、今環境におけるミッドレンジロイヤルデッキについて記述します。
  その1では、「ミッドレンジロイヤルのどこが強いの~?」という部分について、簡単にまとめます。

 なお「そこの解説は要らないよ~」という方は、その2に進んでいただいても問題ありません
 その2

~お品書き~
1)ミッドレンジロイヤルの特徴を、まずは箇条書きで
2)色々なデッキに合わせて動けるのが、このデッキ最大の特徴
3)リオード、剣舞が異常なほど強い
4)エンハンスカードが多く、ドローロップが強くなりやすい
5)強力な盤面干渉能力
6)潜伏、疾走カードは多い ただし1ターンで大量にライフを削ることが難しい



1)ミッドレンジロイヤルの特徴を、まずは箇条書きで
 まずはミッドロイの強さについて、大まかに説明します。
 現在私は、このように考えています↓
--------------------------------------------
良いところ
アグロ~コントロールデッキというくらい、カードの使い方によってキルレンジを変えられる
 →色々なデッキに対応しやすい
リオード+剣舞という、極悪コンボが存在。
フィニッシャーカードが確定サーチ
・簒奪の使徒やリーシャによる、強烈な盤面掌握
疾走札が多い。(セリアやドラゴンナイツなど)
エンハンス札が多く、ドロートップが強くなりやすい(低コストカードでも、エンハンスで強く使える)


悪いところ
・単純にドローカードが少ない
・エンハンスおよびアクセラレート効果持ちカードが多く、どのカードを何コストで出せば良いのか把握しづらい
・1ターンで大量の打点は出しづらい
・コストを踏み倒しているカードは少ない。
--------------------------------------------
 一部詳しく説明します。

考える人のイラスト
このデッキの良い部分って?

2)色々なデッキに合わせて動けるのが、このデッキ最大の特徴
 このデッキは、1枚のカードの多くの役割、使い方があります。

 たとえば「クイックブレイダー」を例に取ってみると↓
--------------------------------
・先攻1ターン目に出してアグロムーブ
・セリアの弾
・リーシャの効果起動
・レイサムの弾
etc
--------------------------------
 等々あります。
 つまりアグロパーツとしてだけではなく、「+リーシャ」で盤面を強く形成するミッドレンジ的な動きを実現したり、「+レイサム」「+セリア」でフィニッシャー的な役割を担うこともできます。他のカードも同じように様々な役割がありますね。


 これらを対面によって使い分けることで、どのデッキに対しても一定の勝ちパターンを形成することができます。これがミッドレンジロイヤルの真髄だと私は考えます。
 裏を返すとここが難しいため、どのパーツがどのような役割を担っているのか把握しておく必要があります。
a

3)リオード、剣舞が異常なほど強い
 皆さんご存知だと思いますが、「リオード」がめちゃくちゃ強いです(低コスト潜伏カードの中で最強)。さらに今環境「白刃の剣舞」によってさらに強化されました。特に「先5での剣舞+リオード」が本当にやばい
 また8ターン目に「オクトリス」+「剣舞」や、7で「パーシヴァル」+「アサシン」なども本当に凶悪なムーブだと思います。
これらのカードがあるから、ミッドロイが強いと言っても過言ではない。

4)エンハンスカードが多く、ドローロップが強くなりやすい
 例えば「蝙蝠ヴァンプ」に採用されている「姦淫の従者」を始めとする2コスフォロワーは、手札が枯れた状態で後半引いても、そこまで強い効果を発揮しません。

 しかしロイヤルは「レイピアマスター」「セリア」「キャノンスマッシャー」などのエンハンスが多いので、後半引いても強い効果を発揮するカードが多いです。つまりドロートップが強いということですね。
 フィニッシャーである「レイサム」を2コストカードとして使えたりする部分も、序盤の事故軽減カードとして優秀です。

 ただしこのエンハンスが邪魔になる場合も多いので、考えながらデッキを構築する必要があります。
エンハンスが多いことも、ロイヤルの強み ただしそれが裏目になる場合も・・・

5)強力な盤面干渉能力
 「簒奪の使徒」や「リーシャ」など、盤面勝負に強いカードが豊富で、ミッドロイヤルの利点だと思います。
 特に「レイサム」起動後の、盤面を取りながらライフを削る動きは強烈ですね。

 ただし盤面を取ることに意識が向いてしまうことも多いため、どこかで相手のライフを削る動きにシフトする必要があります。
強烈な盤面干渉

6)潜伏、疾走カードは多い
  ただし1ターンで大量にライフを削ることが難しい

 「リオード」等の潜伏、「ドラゴンナイツ」や「セリア」などの疾走が豊富に含まれているため、序盤から相手のライフを削る動きが可能です。
 
 ただし「闇喰らいの蝙蝠」や「ゴースト+フェリ」のように、1ターンで大量の打点を稼ぐことが難しいです。よって中盤から相手のライフを削っていくことが非常に重要で、その匙加減がとてつもなく難しいです。
疾走は多いが、一度に大量の打点は稼ぎにくい

 ミッドロイヤルの大雑把な説明は以上です。ではその2に行きましょう。
 →その2

Pickウィッチ←前の記事 次の記事→その2

~ローテロイヤル記事~
その1
その2
その3(まだ)


~2Pick記事まとめ~
 ←シャドバ以外のつぶやきもあります。ご了承ください。

こちら添削用記事です。続きを読む

 こんにちは皆さん。筆者です。
 前回書いた「ローテーション蝙蝠ヴァンプ」記事に様々な反応をしていただき、誠にありがとうございました。おかげさまで様々な知見を得ることができました
 ⇨その1※この記事の考えとは、まるで違います。注意!

 その結果、「これが良いのでは無いか」という構築に至りました。解説等を行いたいと思います。
a
現在私の中で良いと思っている構築

0)前置き
・この構築が結論というわけではありません。「筆者はこれが良いんじゃないか」という事柄を解説している記事です。
・特定の個人の構築を批判するものではありません
・私が考案したわけではなく各所から集めた情報を整理した結果、このような構築になりました。

 以上をご理解いただいたうえで、お進み頂ますようお願い致します。
お辞儀をする黒い制服の店員のイラスト(男性)


1)OOT環境と、STR環境の違い
 デッキを語る前に、2環境前のOOTと、現環境のSTR環境の違いを整理します。
--------------------------------------------
OOT環境tier1・・・闇喰らいの蝙蝠、アーカスネクロ、ランプドラゴン、マナリアウィッチ
 ⇨コスト踏み倒し環境?(中盤~終盤にかけて、爆発するデッキが主)
STR環境tier1・・・ミッドレンジロイヤル、機械ロイヤル、機械ヴァンパイアなど
 ⇨小型横並べ環境序盤から展開されるデッキが主)
 STR環境は小粒なフォロワーが並ぶため、低コスト処理及び、AOE札が重要になる。ただしSTR環境では「絡みつく鎖」が使えない

邪眼は生きているが、鎖は使えない

OOT環境のドローソース・・・血の取引、双石の悪魔、純心の歌い手
 ⇨単純ドローカード
STR環境のドローソース・・・血の取引、双石の悪魔、悪夢の始まり
 ⇨範囲指定ドローカード
 STRでは、範囲指定のドローカードを活かす構築が重要になっている。
悪夢の始まりには、明確な役割がある。
--------------------------------------------
 次に行きます。

2)OOTは「フラウロス」
  STRは「ヴィーラ、ヴァーナレク、翼」

 OOT環境ではシャドウバースの世界大会が行われ、蝙蝠ヴァンプから「フラウロス」が何度も直接召喚されました。筆者はその様子を現地で見ていたのですが、「蝙蝠ヴァンプって言ったら、直接召喚が一番エグい動きだよなあ」と思っていました。
 蝙蝠ヴァンプとは名ばかりで、「フラウロスを直接召喚することがメイン」のデッキであったと認識していました。(当然他のカードも強かったですが。)

 しかしSTR環境の蝙蝠は、「直接召喚がメインじゃない」と私は考えています。その理由は以下の通りです。
--------------------------------------------
①絡みつく鎖が落ちている
 ⇨直接召喚に必要な、低コスト自傷カードが減っている
②ドローカードが純心の歌い手から、悪夢の始まりに変わった
 ⇨このカードからは、直接召喚に重要な0コスト自傷カードが引き込めない
--------------------------------------------
 つまり直接召喚をすること自体がそもそも難しく、フラウロス直接召喚を主目的にしたデッキを作ろうとすると、OOT環境の劣化デッキになります。となると他の軸を作ったほうが強いはずです。
 
 そこで登場するのが新カードの「悪夢の始まり」です。このカードの登場によって、「ヴィーラ、ヴァーナレク」そして「姦淫の翼」をメインキルルートとした蝙蝠デッキ生まれ変わったと、現在判断しています。

この2枚+翼が主軸のデッキになった

3)悪夢の始まりと、採用フォロワーについて
 では、STR環境蝙蝠ヴァンプで最も重要となる「悪夢の始まり」について記述します。

①悪夢の始まりの基礎情報
コスト・・・3コススペル
効果 ・・・フォロワーをランダムに2枚、自分のデッキから手札に加える。手札に加えたカードの中の「機械でないフォロワーの数」と同じだけ、フォレストバットを出す。「機械・フォロワーの数」と同じだけ、プロダクトマシーンを出す。

②引いてくるカードを絞り込めることが、このカードの強み
 悪夢の始まりは、フラウロス直接召喚を主目的に考えると、純心の劣化になってしまいます。ただし「フォロワーを引き込める」部分は、純心と差別化できる部分となっています。
 現在の蝙蝠ヴァンプで採用候補に上がるカードは、以下のような感じです。
a

 「姦淫の信者」を入れたほうが良いと以前判断したのですが、これは先攻1ターン目以外そこまで強いカードではありません。さらに言えば「悪夢の始まり」のノイズカードになってしまいます。
 例えば5ターン目に「2+2+0+信者進化(全て自傷系カード)」でフラウロスを出すことも可能ですが、そもそも信者に進化を切るという行為自体が弱い行動です。直接召喚を重視した結果、弱い択を取るのは本末転倒だと思われます。

 以上の理由により、信者は抜いた方が良いと私は判断しました。よってフォロワーは以下に絞り込まれます。
a
悪夢の始まりを主軸に考えるなら、フォロワーはこのように絞り込んだほうが良いはず

 また悪夢の始まりは3コストカードなので、ドローしたカードを使うのは必然的に4ターン以降になります。ここで私は、中盤凄まじい性能を誇る「ヴィーラ」および「ヴァーナレク」に注目すべきだと判断しました。


③引いてきた「ヴィーラ」と「ヴァーナレク」を活かす=「姦淫の翼」
 以前も採用されていた「姦淫の翼」についてです。
 OOT環境では単純ドローカードしか無かったため、「たまたま引いてきたヴィーラとかに翼ついたら良いな~」程度のものでした。よって2枚程度入れるデッキが主流だったと記憶しています。

 しかしSTR環境では「悪夢の始まり」があるので、「ヴィーラ+翼」および「ヴァーナレク+翼」成功率がかなり高くなっています。特に「翼+ヴィーラ」の6/6(実質6/8)を楽に取れるデッキは現状かなり少なく、次のターンまで生き残ることもザラにあります。そうすると次のターン、ライフを6削れます。この動きが相当強い。
 またフラウロス直接召喚が厳しくなったため、エンハンス翼のドレインがかなり重要になっているのも注目ポイントですね。

④フラウロス、蝙蝠、双石の悪魔の枚数は?
 ここまでの話をまとめますと、「ヴィーラ」「ヴァーナレク」3枚「姦淫の翼」3枚固定したほうが、中盤強く動きやすくなります。
 また「姦淫の従者」「邪眼の悪魔」もこのデッキではかなり重要なパーツになるので、3枚で固定でいいでしょう。

 問題は「フラウロス」「蝙蝠」「双石の悪魔」の枚数です。私は現在以下のように考えています。
--------------------------------------------
●フラウロス 2枚
 ・直接召喚をしなければ勝てないデッキではない。(サブプランとして見たほうが無難
 ・悪夢の始まりから引きたくない(ヴィーラ、ヴァーナレクを引きたい)
 ・オクトリスが環境にいるため、直接召喚しない場合もある
 ・上振れ着地は強い
 ・1回直接召喚できたらラッキー程度で良い
 ⇨よって2枚


●闇喰らいの蝙蝠 2枚
 ・試合中に1回使えば十分(ヴィーラ、ヴァーナレクで1回キル範囲に持っていける。)
 ・「悪夢の始まり」により、ドロー率が上昇している。
 ・ただし中盤は「悪夢の始まり」から引きたくない(ヴィーラ、ヴァーナレクを引きたい)
 ・もはやこのカードが無くても勝てる試合もある
 ⇨よって2枚


●双石の悪魔 3枚(これは筆者の好みです 2枚でも良いかも?)
 ・自傷デッキなので、相手から受けるダメージを極力減らしたい。
 →2コスフォロワーから始動したいが、ヴィーラは2で置きたいカードでは無い。(※対面次第では置くこともある。)
 →2ターン目に置きたいフォロワーが「従者」および「双石」の2種類に絞り込まれる
 →2コスから始動したいデッキなので、2/2/1は現環境弱いが、それでも確率的に2ターン目に出す2コスフォロワーの総数は6枚以上(9枚以上)にしておきたい。(出せないと、強い弱い以前の話になってしまう。)
 →そうなると必然的に「双石」を3枚にしたほうが良い。

 ・単純にドロー生成は優秀
 ・フラウロスの直接召喚を容易にする。
 ⇨よって3枚

 →確率については、こちらのリンクを参照して下さい

⑤ここまでのまとめ
 よってこのようになります↓(悪夢の始まり、姦淫の翼も入ってます)
a
残り15枠

4)残りを何で埋める?
 フラウロス直接召喚が難しくなったとはいえ、「ヴァーナレク」等のカードを活かすために、0コス自傷カードはフル投入したほうが良いでしょう。
 当然「鋭利な一裂き」「血の取引」はこのデッキパワーと安定度を上げるカードですので、3積み安定。
 となるとこうなります。残りを何で埋めると良いのでしょうか?↓
a
※残り3枠を、何で埋める?

①私は姦淫の口づけを入れたほうが良いと判断しました。
 リーサルが遠のくという致命的な欠陥が目立つ「姦淫の口づけ」ですが、STR環境なら3枚投入すべきだと考えます。
 
 まず「絡みつく鎖」が落ちたので、盤面を取るカードが減っています。今環境は横並べデッキが多いので、処理を増やさないと盤面負けします
 また蝙蝠ヴァンプは「偶数コスト」のカードがほとんどです。奇数カードである「ヴァーナレク」は自傷7回以上にならないと使いませんし、「邪眼」は基本2で切ります。よって5ターン目までに奇数で切るカードは、現状「悪夢の始まり」しかないと言っても過言ではありません。3,5,7などのターン、かなりの確率で1コスト余ります
 その隙間を埋めるカードは、このデッキではかなり重宝します。(3ターン目に「血の取引+口づけ」とかめちゃめちゃ便利)

 よって3枚投入したほうが良いと私は判断します。少なくとも2枚は入れないと、かなり苦しい環境であると考えます。

 以上により、冒頭のようなデッキになりました。
a

5)マリガンについて(未確定です)
a

 マリガンについて、現在このように思っています。
先後関係なく優先キープ・・・闇の街、双石の悪魔、姦淫の従者、悪夢の始まり
先攻・・・血の取引 ※アグロ対面の場合、返すかも?
後攻・・・(ヴィーラ、邪眼 ※2コスの動きがない場合、キープしています。)
返すカード・・・フラウロス、蝙蝠、ヴァーナレク、(翼)


6)終わりに
 以上のような構築を語りました。私の中では、おそらくこれで良いんじゃないかなーと思っています。
 ぜひともこのデッキを回した感想等をお聞きしたいと思います。構築についてご意見のある方、ご批判のある方は、ぜひともコメントして頂けますと、大変ありがたいです。
 それではこのへんで。次はいつものPick記事に戻ります。


Pickネクロ個別記事←前の記事 次の記事→2Pick打点ケア表


~筆者が普段書いてるPick記事~
 ←シャドバ以外のつぶやきもあります。ご了承ください。

↑このページのトップヘ