完全にオリジナルの記事を上げるのは初めてかも知れない。

今回は,デッキに仕込まれたAFカードの数を数える方法を提案します。

なお,この記事で真に伝えたいことは数える「方法」ではありません
頭に頼らずとも,「体を使って数を数える方法がある」という視点をもって頂きたいと思って筆をとった次第です。早速行きましょう。
a

0章~前提条件~
RAGEで使える場面を想定しているので
①イスに座っている
②端末を持つ手は基本的に使えない(専用の立てる用具があれば別。ネメ使うなら購入オヌヌメ)
メモ用紙等は一切ない
という場面を想定します。

・参考文献が一切ないオリジナルなので,使えるかどうかは読者様の判断におまかせするということで一つお願いします。


1章~数える対象の優先度~

ネメシスのAFは,
1)アナライズ (以下2/1AFと表記)
2)エンシェント(3/1突進)
3)ミスティック(2/3守護)
4)レディアント(4/3疾走)
5)プライム  (5/5復活)
の5つが存在します。

で,この中で圧倒的に数える必要があるのは「2/1AFだと筆者は思っています。
なぜなら,
①「魔鉄の獅子」「製造術」が大体計6枚積まれ,生成枚数が一番多い
②加速装置がある場合,2/1AFに生命の量産を打つことが非常に多い
からです。なので最低でもこのAFは数えておくべきだと思います。

次は3/1突進AFのはず。2番目に生成枚数が多いからですね。(イカロスが主な原因)

ここまでは,基本的に数えておくべきカードだと思います。



で,「他のAFカードは数える必要そこまでない」というのが筆者の考えです。
なぜなら3種類以上のカードを覚えるという行為は,基本的に難しいはずだからです。(筆者は1種類でもたまに「あれっ?」てなる,記憶力ナメクジ野郎です(^q^))
仮に数える能力があったとしても,プレイングに脳のリソースを裂くべきなのは間違いないので,できる限り数を数える行為を抑えたほうが良いはず。(少なくとも5/5復活はイランと思います。そこまで生成枚数多くないし,引いてきて使えるなら使おうくらいでいいはず。)

よってとりあえずですが,2/1AFと3/1突進AFの数え方のみについて言及します。


2章~足の位置を用いた数え方~
前提条件でも申し上げたとおり,RAGEではメモを取ることが難しく,端末を持ちながら操作するはずです。よって,手は拘束されており,フリーなのは足だけです

よって,足を用いたカウント方法を提案します。


~方法~(図1参照)
●時計回りに足を曲げながらカウントします。

①0枚→垂直に足を立てる
②1枚→に足を投げ出す
③2枚→に曲げる
④3枚→後ろに引く
⑤4枚→に曲げる
⑥5枚→に足を投げ出す+使っている足と同じ手の指を1本立てる(手がまったく使えないなら,「靴を脱ぐ」などで対応)
以後繰り返し・・・(8以上はあんまないと思うので,省略)
a
図1:カウント方法(左足を使う場合)


私は軸足が左なので,2/1AF左足3/1突進AF右足に割り振っています。どちらの足でも時計回りなのは代わりありません
後,カウント忘れることが結構ありますが,足の角度は完全には解かないほうが良いと思います。忘れたらだいたいでいいです。むしろカウント忘れて動揺したりするほう悪影響のハズ。


~終わりに~
いかがでしたでしょうか。
この方法を用いずとも,別に覚えられるよーという人はこの方法を用いる必要は一切ないでしょう。また,「もっと良い方法」があるという方は,ぜひご一報を。
また,この方法を用いられる場合は事前に練習しておくことをおすすめします。本番でいきなりやっても,うまくいかないでしょうから。


冒頭でもお伝えしたとおり,オフラインでも使える体を使った数の数え方を提案しました。少しでもお役に立てたのなら幸いです。ではでは~・ω・


前の記事  次の記事→まだ



2Pickの基本 part1

個別評価記事part1(エルフ編)

各リーダーから出る打点part1


ツイッターはこちら↓

スポンサードリンク