こんにちは。筆者の賀茂茄子です。
 昨今荒れに荒れているアンリミ環境、以下がお過ごしでしょうか。筆者はくっそ文句たれながら回していますが、ようやく比較的マシなデッキを作れたので解説します。

 名前を付けるとすれば教会スカルフェインビショでしょうか?では早速参りましょう。

 ※本デッキの前形は、以下の2デッキになります。こちらも参考にご覧ください。↓
アミュレット教会ビショリンク
純粋スカルフェインビショリンク
 
1)サンプル構築とデッキ構想
A
サンプル構築

 サンプル構築は上図の通り。
 構築の構想は以前書いた「教会アミュレット」と「スカルフェイン」、2デッキの一番強いカードを詰め込んだだけです。弱いカードは徹底的に排除し、純粋なパワーでねじ伏せます。

 教会は"疾走+バーンによる直接打点"、"テンポロスを排除したドロー"を担います。(速度的には"アグロ~前寄りミッドレンジ")
 スカルフェインは「アンヴェルトによるAOE」「1ターンあたりの展開」「自身の盤面リセット」を担います。(速度的には"前よりミッドレンジ~後ろよりミッドレンジ")

 理論上は全ての対面に対応できる万能デッキに属します。それゆえマリガンを誤ると、一瞬で負けるデッキでもあります。


2)主要カードの役割
 ①セリーナ
 本デッキはスカルフェインと比べてアミュレットが少ないので、カウントを進める効果は期待できません。ですが3点バーンまでの効果は比較的発動しやすいため、これを狙って場をコントロールします。

 対面によっては、スカルフェインよりも優先度が高いです。特に「庭園ドラ」などのミッドレンジ帯デッキに対しては、バーンが有利に働くことが多いです。
実はビショップで現状一番狂ってるカード 本デッキでは攻撃札

②スカルフェイン
 本デッキのスカルフェインは、アンヴェルトを割るための要因と言っても過言ではありません。4ターンに着地させ強い盤面を作ることも当然可能ですが、相手のパワーカードを返す対応札として使った方が強いと思います。(場づくりアミュレットカードが少ないため)

 「純粋スカルフェイン」「骸の王」などの、序盤に意味不明な展開をしてくる対面では必ずキープします。アンヴェルトを活用して、対面のカードを一掃しましょう。
アンヴェルト強制起動マシン 本デッキでは守備札として使う事が多い

③博愛の翼人
 本デッキの要であるカードです。
 疾走打点が欲しい場合は「ムニャール」を。相手の盤面形成を止めたい場合は「アンヴェルト」を増やすなど、状況に合わせたアミュレットを2コスで生成できます。
 このカードの使い方が勝率に大きな影響を与えます。何を増やしたいのか、しっかりと考えてカードをプレイしましょう。

このデッキの要

3)採用しなかったカード

①アミュレット関連
 本デッキは「ディスティニーウィングナイト」の2ターン目起動を目標としているため、2コス以上のアミュレットを採用していません。2コスアミュレットを入れるなら、ウィングナイトは採用しない方が良いでしょう。

 また天球儀以外の1コスドローカードは抜きます。純粋スカルフェインのようにアミュレットを割れれば問題ないのですが、本デッキだとただのテンポロスドローになる確率が高いです。
叩き割れない場合が多いので、ただのテンポロス

②ムーンアルミラージ・ジャスティー
 教会ビショには入ることがありますが、5コスで進化込み最大7点は弱いです。ムニャールはアミュレットだし1コスだし、進化込み最大6点打点になのヤバくない?

 またラットから生成されたナテラは、スカルフェインでドローに変換できるようになりました。骸の王のでかい守護は"ダーティプリースト"や"アンヴェルト"で吹き飛ばせるので、必殺で突破する必要もなくなりましたからね。
ちょっとパワー不足ですね 盤面に3点入れながら疾走できたら再度採用できそう


4)対面ごとのマリガン優先
 以下の画像の通りです。教会が刺さるのかアンヴェルトが刺さるのか、よく考えてマリガンを行いましょう。
A
基本優先カードはこちら

B
基本優先カードはこちら

5)その他注意すると良いこと
・教会をスカルフェインで叩き割ることを躊躇しないようにしましょう。
・教会を安易にドロー効果でプレイしないようにしましょう。スカルフェインで叩き割った後、再度出すことも多いです。後単純に熾天使が裏目になることもあります。
・セリーヌの効果を最大限に発揮するために、カウントダウンアミュレットの操作は間違えないように。


終わりに
 最近思うのですが、アディショナルカードの追加要らなくないですか?
 消費者に買わせるために強いカードが追加されがちで、それによって環境がめちゃくちゃ歪むの流石に疲れたんですがそれは。
 では本日はこの辺りで失礼します。

スポンサードリンク