こんにちは、筆者です。
 本日は2020/11/28現在、アンリミ環境Top_Tierであるスカルフェインビショについて記述します。

0)サンプル構築と大まかなデッキ特性
A
サンプル構築

 本デッキは骸ネクロと感覚的に同じです。4ターン目以降に大量のフォロワーを展開し、対処できない盤面を形成して殴り飛ばします。またAOEおよび回復が豊富で、アグロに対する耐性が半端ないです。
 骸ネクロとの違いを挙げると、以下のようになります。
----------------------------
骸と比較して強い点
・ビショ特有の1コスアミュレットを詰め込めるため、ドロー安定度が高く、息切れしずらい。
・セリーヌと合わせて、アミュ割り要員が6枚詰め込める
アンヴェルトのおかげで、アグロ耐性が高い(環境を歪めている原因な気がする)。

骸と比較して弱い点
・骸は最速3ターンで骸が出せるが、こちらは最速でも4ターン目になる。
疾走打点が少ない(特に大型打点)。
・骸の王は引いたターンに即時プレイしやすいが、スカルフェインは即時プレイしづらい(手札でコストが下がるため)
----------------------------
 天敵は「ブン回りAF」「ブン回り教会ビショ」です。ですがそれ以上に己との闘いといったところでしょうか。

1)確定枠
 個人的な確定枠は、以下のようになります。分類して考察します。
 A
確定枠

①アミュレット割り要員
 先日アッパー調整を受けた「スカルフェイン」と、おなじみ効果もりもりの「セリーヌ」になります。両カード最速着地が4ターン目なので、この時の場を強くすることが最も重要になります。
 ちなみにこの2種類のカードが手札に無い場合、基本的にフルマリガンで探しに行きます。VSアグロ対面でのみ、アンヴェルトを1枚キープします。
これらのカードをフル活用する回しを意識する


②1コスアミュ(ドロー)
 1コスドローアミュレットはフル投入します。こうすることで、フルマリガンをしても高確率でこれらのカードを引き直すことができます。(キーパーツをマリガンで引きたいので、ドローをガン積みしてデッキに戻しても大丈夫なようにしている)
 封じされた法典は使い方に気を付けないとダメですが、1ターンで割れるのが意外と強いですね。
 A
1コスドローアミュはガン積みがおススメです

③1コスアミュ(その他)
 その他1コスアミュレットは以下の通りです。
アンヴェルト :スカルフェインで割って最も強いカード。1コスの性能じゃないので3枚。
・カームフェザー:回復が結構偉い。また体力が5なので、ミラー時のアンヴェルトを受けても
         死なないのが高評価ポイント。
・ダーティ   :1コスで消滅確定除去を打てるのは非常に強力。本体の性能も強く腐らない。
・ムニャール  :1コス最強の疾走カード。進化して体力が5になるのも評価ポイント。
 A
その他1コスアミュレット系

③バニッシュメントスナイパー
 とにかく強い。このデッキで1番強いカードと言っても過言ではない。このカードを3枚採用しない理由は微塵も存在しない。理由は語らなくていいと思う。
凄まじい

2)その他カードの採用基準
 本デッキで入りやすいカードは、以下の通りです。
A
よく採用されるカード

●1コス系
 ドローはガン積みと言いましたが、流石に泉は弱すぎます白翼への祈りは枠が無いですね。このデッキは疾走打点で削るのがメインじゃないので、他のカードを入れるべきかなと。
 そして邪教の神殿ですが、個人的に採用しなくていいと思います。まずセリーヌで割れない点がかなりの減点ポイント。またサタンで生成するカードが弱いですし、1コス6/6or7/7を立てられますが、他のカードで代用できると判断したためです。

 天馬召喚については1枚入れていますが、好みで抜いて良いと思います。私は1コスで大きいスタッツが出せる部分を評価して1枚入れています。(2枚は要らないかなと)。
サタンはこのデッキに要らないと思う

●2コス系
 本環境は異常なほどミラーマッチが多いので、必然アンヴェルトを意識する必要があります。1コスならいざ知らず、2コストと言う重いアミュレットだと体力が4以下のカードは不採用で良いです。
 また天界の階段はサーチが強いですが、2マナは重いです。他のカードで素引きしていきましょう。(安定しない?アンリミで安定を求めていたら死にます。)

 安息の領域は、場のフォロワーを全て打点に変換できる可能性を秘めているので1枚入れています。(2枚は被ったら死ぬので1枚で良いかなと。)
 天食らう聖竜は、AOE1点が意外と強い(アンヴェルトと合わせて5点AOE)+6/6スタッツが強いので、私は3枚入れています。ここは好みの領域になりますね。
安息の領域は1枚入れたほうが良いです

A
完成

3)アミュレットのカウントダウン
 本デッキのカウントダウンは以下のようになっています。4ターン目を基準に考えます。
●1コス
 カウントダウンが3以下のカードは、1ターン目に出すと4ターン目に割れます。
 基本ドローアミュレットは1ターン目に出して4ターン目に割りますが、手札にセリーヌがある場合のみ、出すタイミングを調整する場面があります

●2コス
 愚神礼賛も、2ターン目に出すと4ターン目までに割れます。
A
セリーヌを出す時は、4ターン目に場を埋め尽くすように調整する


4)マリガン
 セリーヌとスカルフェイン全力で良いです。1枚あればいいので、被ったらスカルフェインを優先で残して戻します。
 アグロ対面の場合、アンヴェルトを単キープします。

 マリガンが簡単すぎない?

5)その他意識すると良いこと
 アンヴェルトはスカルフェインでしか割れないので、早期に場に置く意味があまりありません

 また以下のような場面の場合、アンヴェルトを次のターンに投げる択も考えられます。投げると相手が警戒してフォロワーを投げない場合があるため、次のターンに投げてスカルフェインでたたき割ったほうが意表を付けます。

 特にミラーの場合、アンヴェルトを意識外から出すことが非常に重要です。不用意に場を埋めてしまうと、アンヴェルトが出せず積むことも多いです。
 特にコストが下がったスカルフェインが手札にある場合、アミュレットを手札に抱えることを意識しても良いでしょう。

  ※AF対面の場合、進化権があるとミニュエでアミュレットが消されます。アンヴェルトは基本叩き割れるターンに出しましょう。エンジェルシュートも一応警戒対象。
A
この手札だと、アンヴェルトを出さないという選択肢もあり

終わりに
 このデッキはミラーでいかにアンヴェルトを差し込めるか勝負になりがちです。ドローを適切に回し、相手の意識外から強カードを差し込みましょう。
 他のデッキに比べてプレイングはそこまで必要ではないですが、調子にのってポンポンカードを投げないようにですね。

 ではこの辺で。
スポンサードリンク