どうも皆さんこんにちは。筆者の賀茂茄子です。
 本日はアディショナル直前ではありますが、アンリミロキサスエルフの構築記事を記述します。Tier2レベルのデッキですが、楽しいのでぜひ使ってみてください。

0)サンプル構築
 サンプルは以下の通りで、まあまあ尖った構築かと思います。多分カーマインを採用しているのは私くらいでは?
A
カーマイン入りのロキサスエルフ

1)アンリミロキサスエルフの特徴
 アンリミロキサスエルフは、旧リノセウス(以下リノ)を魔改造したデッキです。ロキサスを用いてPPおよプレイ回数を踏み倒し、リノやシャムシャマなどで1ショット(もしくは2ショット)を狙います。特徴は以下の通り。

--------------------
有利な点
5ターンキルがまあまあの確率で実現できる(アンリミでも早いキルターンです)
・打点が手札から出るので、盤面干渉を主軸としたデッキに強い(AFネメなど)
・PPとコストを踏み倒す動きが単純に強い
・ロキサスが無くても、0コストカードでリノセウスを走らせて勝てる
・ウェルダーが強い

不利な点
・必要なカードが異常なほど多く、手札事故が多発する
リノセウスとロキサスがサーチできない(リザ不採用理由は後述)
守護に弱い
ダメージカットに弱い
・盤面干渉力が貧弱
・自陣の盤面管理が難しい
--------------------
 アンリミの平均キルターンは6~7ターンですが、まあまあの確率で5キルできる点が非常に評価できますワンショット系デッキだと、おそらく最速ではないでしょうか。リノセウスが結局強いですね。2マナで10点以上を叩き出すのは反則では?
 またなにより、回している時が非常に爽快感があって楽しいです。これだけで使う価値があります(確信)。


 ただしかなりの欠点を抱えたデッキでもあります。
 まず「必要なカードパーツが多い」点。"ロキサス"は当然として、0マナを集めるための"荒野の休息、ワンダーコック"、キルカードの"リノ、シャムシャマ"、リノやアミュレットを対象とした"各種バウンス"と、初期手札が7枚くらい欲しいレベルです。
 しかもこれらのカードを適切ターンに引かないと、キルターンが1~2ターン送れてしまって逆にやられます。

 次に「自陣の盤面管理」が難しいです。ロキサスプレイ時に全ての盤面が活用できないとパワー半減。相手のプレイ次第では半盤面ロックのような状況にされて詰みます

 そして極めつけが、守護に異常なほど弱いです。2枚出されたら、5キルはほぼ不可能と言って良いです。ダメージカットにも弱いです。

 とまあこのように、結構未完成なデッキとなっています。核となるパーツはそろっているので、サーチや低コストバーンが追加されたらtier1もあり得そう。
ローテだと最強、アンリミだと適正カード


2)3コスリザを入れる構築はダメなの?
 さて構築を語る前に、3コスリザを入れる構築について考えます。結論を申し上げますと、現在のカードプールなら入れない方が良いです。理由は以下の通り。
-----------------
 ・ロキサスとリノサーチに絞ると、ニュートラルカードまみれになってデッキの最大値が大きく下がる
 ・対面によってはラストワードが発動せず、ロキサスが手に入らない
 ・手札があふれることが多いので、リザのラストワード発動時にサーチしたカードが燃えることがある
-----------------
 特にロキサスがラストワード経由でしかサーチできない点が致命的です。ローテならいざ知らず、アンリミで3/1/3を出すというテンポロスをして、さらにドローラグがあるのは悠長すぎる。
豪風リノのようなデッキ出ない限り、このカードは採用しないほうが良い

 以上の点によりリザは不採用。リノとロキサスはデッキから素引きする必要があります。またリノは初期手札にキープできない(他に欲しい初動カードが多いから)のも結構厳しいですね。


2)採用カード
①主軸
 確定枠は以下の通り。特に重要なのは荒野の休息とロキサスです。この2枚があるから5ターンキルが実現できますからね。本項ではロキサスだけ補足説明を行います。
A
主軸は以下の通り
・ロキサス
 このカードは
 「アミュレットプレイ時に1PP回復する⇒1マナナテラなどが実質無料でプレイできる
 「アミュレットが離れた時、バフアミュレットを3枚まで生成する⇒自身でPPを回復できる
 以上の特徴があります。

 例えば5ターン目なら「0マナナテラ+1マナアミュ×3⇒4PP回復」できます。4PPなので、リノは1回のみプレイ可能です。0マナが2枚なら5PPになり、リノが2枚走れます(走られないほうが打点が出ることもある。)
 詳しくは以下の表をご覧ください。

 また4枚より多くカードプレイ回数を稼ぐ行為は、リノの打点上げのみに寄与します。リノが手札に無い(もしくはドロー期待値が無い)なら、回数を稼いでもただの無駄プレイです。

 またナテラを絡めてロキサスを起動した際、アミュレットで4面埋まってセルフ盤面ロックになる状況が結構あります。ナテラをバウンスするか、途中でシャムシャマなどを挟み込んでこれを回避しましょう。

A
6PPまで回復しきってしまうと、ウェルダーのエンハンスが起動してしまうので注意


②準確定枠
 個人的な準確定枠は以下の通り。ウェルダーと各種バウンスについて解説します。
A
準確定枠
 ・ウェルダー
 1/1とアンリミにしてはスタッツが貧弱なカードですが、アクセラレート2プレイでデッキから直接召喚できるのは流石に強い。20点より体力を削っておけば、ワンショットが格段にやりやすくなりますからね。

 このデッキは1~2ターン目に行えるアクションが少ないデッキなので、パスチャー等含めて直接召喚を狙い、デッキ圧縮と削りを行います。
 ロキサスプレイ時に直接召喚を行うことで、盤面に並んだバフアミュレットを掃除したりするムーブも覚えておくと良いですね。
直接召喚条件が緩すぎる

 ・自然の導き&森林の狼
 前述したとおり、本デッキはロキサスプレイ前に盤面を開ける必要があります。また当然リノセウスやアミュレットを使いまわしながら打点を刻むため、バウンスは必ず必要です。
 またロキサスとリノセウスをデッキから引く必要があることから、ドローが可能なバウンスはフル投入すべきでしょう。

 ちなみにウェルダーがデッキに存在している関係で、アクセラレート持ちの狼の方が優先度が高いです。

ドローバウンスを最優先

 その他カードのシャムシャマは、1マナ進化無し3点打点が刻める非常に優秀なカードなので3枚投入。パスチャーはウェルダー直接召喚はもちろんのこと、ロキサスプレイ後の打点上昇にも寄与できるので3枚入れます。


③選択枠
 選択枠は以下の通り。深淵の獣人は、ワンドロー持ちアクセラレートカードなので3枚投入しています(ただ単体カードパワーが弱いので、確定かといわれるとうーんと言う感じ)。
 ゼノサジはピンで入れるならドローを入れておこうということで採用(たまにエイラビショに刺さるし)。
 その他カードについて解説します。
A
選択枠
 ・ラミエル
 このデッキはOTKパーツが揃うまでの動きが貧弱で、特に後攻を取った時にアグロにひき殺されがち。よって捲りのカードを何枚か仕込んでおくべきでしょう。
 現在のカードプールで言うと、"ラミエル"、"ヴァーミンハンター"、"エルフクイーン"が候補として挙げられます。

 この中で言うと、PPブーストができる"ラミエル"が1番使いやすいと思います。2マナなので荒野の休息と同時にプレイできますし、次のターンに6PPになるので、リーサルが格段に狙いやすくなるからです。先攻で引いてしまっても、ウィッチ以外なら序盤の壁として利用できますからね。

 "ヴァーミンハンター"は先行でプレイしづらいところ、進化時にPP回復ができますが、ラミエルに比べると次ターンのリーサルが狙いにくかったので不採用。

 "エルフクイーン"は盤面干渉力が最も高いですが、後手4で休息を合わせられない点が致命的なので不採用。

 進化時に2コスナテラを生成しながら、パニッシュメントスナイパー的な能力を盛ったカードが欲しいですね(ただの壊れ)。
A

後手まくりを狙うなら、次ターンに繋がるラミエルを採用したほうが良さそう

 ・カーマイン
 さて、このデッキで最も特徴的なカーマインについて解説をします。
 カーマインは「アクセラレート1:(自陣を含む)ランダムなフォロワーに3点ダメージ」を与えるカードです(本体能力はあまり気にしなくて良いです)。

 対空射撃と比べると、単体で3点除去が可能な点が優秀です。このデッキは妖精花などのアミュレットを序盤にプレイできるアミュレットがほぼ無いので、対空射撃はあて先に困る場面が多いんですね。

 また単純に1コス3点除去が優秀かつ、相手の盤面にフォロワーがいなくてもプレイできる点が優秀。アクセラレート持ちなので、除去しながらウェルダーを引っ張り出すことも可能です。

 以上の点から、少なくとも対空射撃よりは採用したほうが良いと考えます。
 ただし前述の通り自陣を巻き込む可能性があるので、使いどころを間違えると痛い目を見ます。
ランダムダメージなので、シャドウリーパーや星の鎧がついたペインレスも取れる


2)マリガン
 優先キープ:ワンダーコック、ロキサス、荒野の休息
 後手かつ対面がアグロ:ラミエル、(ネクロ以外のアグロ対面なら、カーマイン)
 必ず返却:その他のカード(リノも含む)

 本デッキはロキサスが引けないと話にならないので、ワンダーコックなどの荒野の休息パーツカード以外は全力マリガンを推奨します。
 初手ウェルダーで顔を詰めるプランもありますが、直接召喚ができるのでキープするメリットは薄いかと(ルーニィなどで回復されちゃうと意味ないし)。

 パスチャー×2などを狙ってアクセラレートをキープする行為は、手札枯渇に陥って結局負けに繋がります。(獣人ならギリキープ対象か?)

 また後手でラミエルやカーマインをキープしたくなりますが、アグロ対面以外なら返却します。
 特にラミエルは後手で無条件キープしたくなりますが、荒野の休息(ワンダーコック)の方が強いので、アグロ対面でもない限り返却推奨です

 またリノセウスも必ず返却します。キープしたいですが、5ターン目まで使わないカードをいくつもキープできるほど余裕があるデッキではないので(ロキサスはキープしますが)。
このデッキの要


3)プレイングの例
①VS骸ネクロ(先攻)
 ネクロ対面はアグロ7割、骸3割です。どっちもブン回られると絶対に勝てないので、理想手札を集めつつ相手が事故ることを祈り、5キルを狙います。

・マリガン

 荒野の再生のみキープ。
A

・3ターン目
 相手の手札状況:骸の王を保持(葬送はしていない)
 このターン、カーマインを使って盤面を取るかワンダーコックでパーツを集めるかの選択です。ちょと微妙なところですが、個人的にワンダーコックで良いかなと。
 骸の王はアミュレットを出す盤面が多ければ多いほどヤバくなるので、無駄に処理する必要は薄いです。またカーマインを絡めて次のターンの王を処理できる(かもしれない)ので、一旦温存しておく判断をしました。

A

・5ターン目
  相手の手札状況:天界への階段
 さて、相手は天界の階段を叩き割り、次ターンフォロワー含む4ドローの状況です。おそらく次のターンに大量の守護が出てくるので、可能ならこのターンにキルしたい。

 そしてこっちのトップドローはリノセウス。実はこの手札、もう1枚リノセウスを引けばリーサルが取れます。よってそれを狙います。
 引けなかったらどうするかって?アンリミはそんなことを考慮して勝てるフォーマットじゃないんで…。

 以下にルートを記述します。
A

 ①「ロキサス」⇒0ナテラ」⇒「ナチュラルマナ×2枚」⇒「ナテラ×2枚」(残りPP3 | ロキサスのアミュレット生成残り1 | プレイ回数は6。)
 この時点でリノを引けたので勝利確定。

A

 ②リノプレイ(残りPP2 | ロキサスのアミュレット生成残り0 | プレイ回数7回により、7点+バフ3点=10点)
A

 ③2枚目のリノプレイ(残りPP0 |  プレイ回数8回により、8点+バフ1点+進化=11点)
 以上によりリーサル
A

 正直これをじっくり考察する時間はありません。一つ言えるのは、リノを活用すると7点+8点+バフ4点+進化2点でワンキルが狙えるということですかね。


②VS疾走ウィッチ(後手)
 現在ウィッチは9割型疾走ウィッチです。序盤の動きはお互い鈍いので、理想手札を集めるようにしましょう。

 ・マリガン(後手)
 ノータイムでマリガン。相手がネクロ以外のアグロ系だと確定しているなら、カーマインキープでもありかなと思います。
A
ウェルダーはマジミサで取られるので、キープするのは非推奨

 ・3ターン目
 運よく防陣を出してくれたので、カーマインで処理しながらパスチャーを出して、2/2ウェルダーを直接召喚します。
A
カーマインが刺さった場面

・4ターン目
 少し難しいターンです。まずロキサスが引けていないので、次のターン引ける確率を高めたい+ロキサスが起動できるよう準備したい。もし仮に引けなくてもリーサルが取れるように、少しでもダメージを削っておきたい。
 また対面のカオスウィザードを放置すると大変なことになるが、カーマインが自陣を破壊してしまう可能性もあるのでプレイできない。
 
 以上の状況により、パスチャー+獣人で直接召喚されたウェルダーでカオスウィザード取り荒野の休息でロキサスの受けを作りつつ、ワンダーコックは進化顔面が良いと判断しました。

 2ターン目とは違い、カーマインの弱点が見える場面でしたね。
A
カーマインの弱い点が見える盤面

・5ターン目
 さて、見た目以上に危ない盤面がやって来ました。アンリミ疾走ウィッチは5~6ターンにかけて15打点程度盤面に並べてくるデッキなので、次のターンでキルできなければほぼ敗北が決定します。この手札なら、ロキサスを次に引くのに期待するより、シャムシャマなどで2ターンキルを狙ったほうが現実的でしょう。
 
 このターンは「ナチュラルマナ⇒1マナナテラで4ppに」⇒「アクセラレートカーマイン(アクセラカウント1)」⇒「ウェルダー素だし(プレイ回数4回達成)」⇒「シャムシャマ自動進化で顔面アタック」⇒「狼でシャムシャマ回収して次に備える(アクセラカウント2)」⇒「ウェルダー直接召喚で進化顔面

 以上のルートを通りました。書いてて思ったんですが、プレイングが複雑すぎんか?
A
A
最終盤面はこちら。ロキサスを最後の狼でツモッたので、ルーニィがいない限りほぼ勝ち

・6ターン目
 ロキサスを引いているので、リーサルは容易ですね(アミュレットを2枚生成しつつ、2枚目のシャムシャマを自動進化させればリーサル)。
 もしロキサスを引いていなかった場合、ナテラの大樹と自然の導きを使って「リノセウスor追加のバウンス」を引けば勝てます(ウェルダーとパスチャーは使い切っていたので受けにはならず)。
 ここまで来てトップ期待になるのかって?そういうデッキなので諦めましょう。
A
リーサルだが、疾走ウィッチの展開力も異常だと思った(コナミ)

 以上になります。


終わりに
 非常に楽しいデッキなのですが、使ってみると粗が目立ちましたね。特にキーパーツのサーチが出来ないのがなんとも。攻撃力5以上をピンポイントでサーチできるカードとか出てくれたら安定すると思うんですが、まあそんな都合の良いカードは刷られないでしょう。

 本日は以上となります。また次回の記事でお会いしましょう。