どうも皆さんお久しぶりです。筆者の賀茂茄子です。最近更新が遅く、申し訳ございません。
 本日はリハビリということで、今季のシャドバ環境について、雑談気味に語ります。適当な感じの記事ですので、肩の力を抜いて御覧ください。
 少し批判が多い記事になっています。ご注意ください。


0)本記事における、私の主張
 少し長いので、私の主張を先に述べます
--------------------------------------------
 ①「強い進化効果持ちカード」を活用して先攻有利を解消したい意図はわかるが、運ゲー感が増すので抑えて欲しい。
 ②ランダム効果カードはDCGの特徴ではあるが、多くなりすぎると同じく運ゲー感が増すので、抑えて欲しい。
 ③「先攻だと8コスト、後攻なら7コストで使用できる」のようなフィニッシャーカードが欲しい。
--------------------------------------------
 では本編です。
お辞儀をする黒い制服の店員のイラスト(女性)
批判が多め記事です ご注意を

1)先行有利環境の是正
・進化権を使用するフィニッシャーの増加
 ハースストーンや遊戯王などのTCG(DCG)は、昔から先攻有利であると言われてきました。その理由は様々ですが、先に強いカードを投げられることが主な原因だと考えられます。
 それを是正するため、例えばハースストーンでは「コイン」という特別なルールが採用、先行有利の是正が図られています。(一回だけ1マナ多く使うことができるカードが、初手で配られるシステム)
 一方シャドバ進化権を後攻側に発生させることで、先攻有利を是正しようとしました。

 しかし皆様ご存知の通り、その取り組みは長きに渡って失敗。なぜなら「闇喰らいの蝙蝠」などの【プレイするだけで相手の体力を大量に削る】カードや、「骨の貴公子(ナーフ前)」「ゴブリンリーダー(ナーフ前)」などの【進化前に先出しすると有利になるカード】が多数存在したためです。(これらのカードを先にプレイした方が有利に決まってますよね?)

 そんな中、今季RoG環境でようやく後攻有利のデータが現れました。理由は先ほど述べた【プレイするだけで相手の体力を大量に削るカード】の減少が一つ。もう一つは、【進化権を用いることでフィニッシャー級の効果を発揮する】カードの増加です。

 例えば「新エイラ」「リーシェナ」「新アザゼル」などがその代表例でしょう。直接的なフィニッシュにはなりにくいですが、「新クルト」「テトラ」なども強烈なカードですね。
いずれもフィニッシャー級の能力を持つカード達

・進化権フィニッシャーが増えたことによる利点と弊害
 進化権を用いるフィニッシャーが増えたことで、先攻後攻有利問題は解消されつつあります。(※細かい話をすると、完全に解消はされていません。その理由は2章で。)

 しかしこの取り組みによって、弊害も発生しています。
 それは序盤から中盤にかけてのドロー依存が強くなった、より端的に言うと「ドロー運に左右されやすく」なったことです。簡単に説明します。


 今までは「超越」などの特殊なカードを除き、フィニッシャー級カードのコストは大体「7以上」に 設定されていました。つまり対戦後半までにこれらのカードを引けば良い、というデッキが多かったわけです。

 しかし今季は「進化権を活用する+大体4コストに設定されている」フィニッシャー級カードが大量に追加。当然これらのカードを後攻4ないし先攻5ターン目までに引く必要があります。当然に比べてドロー確率が減るため、対戦していて「このカードが適正ターンに引けたから勝った」「引けなかったから負けた」といった試合が増えます。

 そうなるとユーザー視点では「運ゲーやんけ!」という感想を持ちやすくなるはずです。
 まあ年がら年中引けた引けなかったと嘆いている人が多いのは事実ですが、それを感じる人が増えたことは、想像に難くないでしょう。

ドラフト会議でくじが当たった人のイラスト
引けた、引けなかったで勝敗が大きくブレる


2)DCGの特徴である、ランダム性カードの増加
 7/20~のrageにおいて、ゼウスを採用したコントロール進化ヴァンプを使うユーザーが現れました。現在ランクマッチにも大量に溢れかえっています。
 おそらく強いユーザーは、私が上で述べたことに既に認識していたのでしょう。4~5ターン目までに引かなければならないフィニッシャーカードに頼るのではなく、条件がランダムでも「一度に大量打点を稼げるカード」をデッキに入れたほうが良いということに。

 ゼウスはその能力ゆえに、先攻有利とまでは言えません。ですがやはり先に投げられるメリットは大きいはず。
 その他「真実の宣告」や「フニカル」「魅惑の一撃」など、現在多くのデッキにランダムカードが採用されています。

 ランダム性は紙のTCGにはないDCGの特徴です。ですがそれが軸になっているデッキが溢れかえれば、「なんだ、運だけで勝てるゲームなのか」という印象を植え付け兼ねません。
 実際私も最近感じることが多いです。

なぜカードをプレイするときに祈らなければならないのでしょうか

 それは何か違うような気がします。
必死に祈る人のイラスト(男性)
ゼウス走ってくれたら勝ち・・・!

3)これからシャドバの環境はどうなっていく?
 ここからは完全に妄想の話になりますので、ご注意ください。

 私は、以下のようなると現在予想しています。
------------------------------------------------------------------
進化権を使う、4コストフィニッシャーの増加
強ドローカードの減少
一枚で大量に打点を稼ぐカードの減少(増えても条件付き)
進化ターン前に強い効果を発揮するカードの減少
------------------------------------------------------------------

 総じて後攻有利になるように、追加カードが調整されるはずです。

 「1~3ターン目に先出しで詰みの状況になる」カードはほぼ刷られないはずですし、逆に「進化が終わった7ターン目以降に明確なキルができる」カードも少なくなるはずです。刷られても新ゼウスのように、特定の条件が付随するでしょう。

 また後攻の利点であるドローカードが一枚多い部分を強調するために、「純心の歌い手」などの強カードは配られにくくなるはずです(テンポロス要素やドローラグがあるカードしか追加されない、など)。
 そして4ターン目に進化で強烈な効果を発揮するカードは、今後更に増えていくはずです。これはほぼほぼ間違いないでしょう。

 個人的には、「先攻だと8コスト、後攻なら7コストで使用できる」のようなフィニッシャーカードが欲しいのですが・・・。シャドバの特徴である進化を運営は推したいはずなので、進化権部分で調整してくると思います。


4)終わりに
 以上、かなり適当にだべりました。
 正直今季のローテーションは、あまり良い環境では無いと思います。運営の意図は分かるのですが、使用者の実力に関係ない要素が多すぎます(ナーフ前セクシーヴァンパイアとかひどかった)。
 アディショナルで追加されるカードで、また環境が大きく変わるんだろうなあ・・・。今から戦々恐々としています。

 以上、リハビリ記事でした。