2pick平均4勝を目指すblog

シャドウバースについて詳しく書いていきます

2019年03月

 グラブルについてはこちら→リンク

 どうもこんにちは、筆者です。
本日は3月28日にリリースされました、鋼鉄の反逆者(STR)環境における、2Pickの所感について語ります。
 なおリリースされてから3日目の所感なので、間違っている可能性もございます。半信半疑でよんでいただけますと幸いです。

0)どういった環境なのか、箇条書きで書いてみる
 今環境の主な特徴は、このようになっています。
------------------------------------------
おそらく良環境。少なくとも一環境前のALT環境よりは相当良くなった。
●どれかのクラスが突出して強いわけではなく、優先度6番目のリーダーでも十分勝てる
●どのクラスも個性が強く、特性を理解していないと勝てない。逆に言えば慣れれば慣れるほど勝てるはず。
小型横並び環境。(「老いたる先導者」が暴れまわった、OOT環境をマイルドにした感じ。)
・「大型潜伏」や「リーシェナ」などの特定のカードに対する対抗策が無いため、どう頑張っても詰みの状況があるのが、唯一の懸念点
------------------------------------------
 以上です。また現在私は、リーダー優先度をこのように考えています。

 上位・・・ネクロマンサー、ネメシス、エルフ
 中位・・・ウィッチ(上位かも?)、ヴァンパイア、ドラゴン
 下位・・・ロイヤル
 どうあがいても絶望・・・ビショップ

 では上位層から解説していきます。
 (※以下に載せているグラフは、各クラスにある)

1)上位リーダー
●ネクロマンサー

 相変わらずドローカードの癖が強く、特に先攻時に手札が枯渇します。また3マナで強いカードが異常に少ないため、「3ターン目動けねえ・・・!」となることも少なくありません。
 しかしそれを補って余りある「横展開」「盤面干渉」「進化効果持ちフォロワー」「フィニッシャー」「強エンハンス」などのカードが揃っており、間違いなく強いリーダーです。おすすめですね。

~特に気をつけるべき3つのこと~
・手札枯渇が頻発するため、ドローカードを取る。それらは場のフォロワーを壊すので、「ゴースト」などを生成するカードも優先。エンハンス持ちも優先。
・汎用性のある3マナカードが異常に少ない。よって「フラン」や「死の夢を見る少女」などの3マナの動きを作るカードは、かなり優先したほうが良い。
・前環境ほど無理やりフィニッシャーを取りに行く必要は無いが、相変わらず「ファフニール」などは強いので、優先して取るべし。
a
穴は3マナです

●ネメシス


 使いやすい軽量除去が軒並み落ち、また相変わらずAFカードの取り回しが難しいです。
 ただし「BOSカード」「AF」「人形カード」等が環境にめちゃくちゃ刺さっています。特に「バジリス」が今環境異常に強く、このカード1枚で試合を決めることができるレベルです。またブロンズ枠に大型フォロワーが多く、これらは確定除去が減った今環境では強いです。AFカードを回すことで、軽量除去を補うことも一応可能ですね。
 
~特に気をつけるべき3つのこと~
AFを生成するカードと引くカードがめちゃくちゃ大事。リソースが一気に枯渇するため、意識して取るべし。(特に引くカードは優先)
・「バジリス」などは強いのだが、ネメシスは進化ボーナスカードが多い。この枠に入るカードは、取りすぎ厳禁。
人形カードが今環境かなり強いので、「ドールエンジェル・ミーア」などを優先すべし。
a
4マナが少し取りにくい。レジェ枠から優先して取っても良いかも?
またブロンズに7,8マナの強カードがあるのはgood

●エルフ

 相変わらずプレイが難しい上に、機械カードの追加によりデッキの組み方も難しくなってしまいました。初心者の方にはおすすめできないリーダーだと現状感じています。
 ただし「ファンファーレダメージ持ちカード」「AOE」「フィニッシャー」「ドロー」などが潤沢で、ミスしなければ全対面有利であると考えられます。(※ミスしないとは言っていない。
 今環境のエルフは、アグロ~コントロール全てのデッキを組めると感じています。筆者はミッドレンジが強いんじゃないかな~と感じていますね。

~特に気をつけるべき3つのこと~
・「森の隠者」を腐らせないために、機械カードを優先気味にすべし。
強い処理スペルがエルフは大量にあるのだが、それらのカードを取りすぎると能動的に動けなくなる。バランスを大事に。
・今季バフカードが取りにくくなっているので、比較的優先すべし。
a
シルバーに強い4が多数存在するので、取りすぎ注意

2)中位リーダー
●ウィッチ
 
 前環境まで暴れまわっていた「モニカ」「パスカル」などは未だに健在であり、ブン回った時の強さは他の追随を許しません
 ただし今環境追加されたカードが、そこまで強くないです。そして2/x/1カードが多く、1/1が並びやすい今環境では不利。また「暗黒の召喚士」がナーフによりかなりマイルドになったこと。それに伴って8マナが膨らみやすく、反面6~7の動きが弱くなったため、その間に返せない盤面が相手の盤面にできることも少なくないです。
 そして単純に上振れデッキと下振れデッキの差が激しいため、安定性に欠けます。よって私は中位リーダーに置かせていただきます。(上位リーダーに置いても良いとは思います。)
 
~特に気をつけるべき3つのこと~
2/2/2はウィッチにとってとても重要なカードなので、かなり優先したほうが良い。
進化2面カードがレジェンド枠に集中している。意識して損はなし。
AOEが「厄災獣」しかいないため、対面に横展開されても大丈夫な立ち回りを。
a
8マナが多くなりやすい

●ヴァンパイア

 前環境まであまりにも弱かったヴァンパイアですが、ようやく今環境で息を吹き返しました。おそらく中位リーダーに置いて良いと思います。
 特に「横展開」「ドロー」「直接ダメージカード」が豊富であり、手札を維持しながら速攻で相手のライフを削ることが可能です。
 ただし「明確なフィニッシャー」がほぼ存在していないため、前半で削りきれないとかなり苦しくなると思います。

~特に気をつけるべき3つのこと~
2/2/2カードが意外とブロンズ帯に少ない。逆に4マナ帯が多い。意識すべし。
横展開カードを優先し、相手の盤面を多少無視してでもライフを削ることを意識すべし。
・自傷カードは未だに多いので、回復カードもある程度優先すべし。
a
4タワーになりやすい アグロで攻めるので、2マナカードを優先すべし

●ドラゴン

 新カードは悪くなく、レジェンド枠に強い高マナカードが多く取り揃えられています。
 ただし5~6マナにカードが無いと言っても過言ではなく、中盤の動きが弱すぎます。よって中位リーダーに置かせていただきます。

~特に気をつけるべき3つのこと~
5~6マナにカードが本当に無いので、「早めにPPブーストをする」「4マナ以下のカードで補う」などの工夫を行う必要がある。
・5~6ターン目に手札を複数使うことが多いので、手札が枯渇しやすい。ドローおよびトークン生成は、比較的優先すべし。
1点AOEカードが今環境かなり刺さるので、比較的優先。
a
5~6マナが穴。そこまで繋ぐように立ち回るべし。

3)下位リーダー&それ以下について
●ロイヤル
 前環境落ちてしまったカードに対して今環境のカードが弱いため、単純に弱体化しました。横展開カードは多いので、まだ戦えなくは無いかな・・・という感じですが、優先して取るべきでは無いと判断します。(下位リーダーなので以下省略)
a

●ビショップ
 「リモニウム」と「いにしえの聖域」しか強くないです。ぶっちぎりの最下位ですね。
b




本日は以上となります。次回からは、各リーダーについて細かく見ていこうと思います。

次→ローテーション闇喰らいの蝙蝠ヴァンプデッキについてのメモ


STR環境の総合リンクはこちら

グラブルについてはこちら



こちらはSTR環境のまとめ記事です。

~Pick~
●基礎データ
 STR環境3日目の所感

各クラスから出る打点まとめ

●個別記事(黒字はまだ)

~構築~
●考察記事

ローテーション闇喰らいの蝙蝠ヴァンプデッキについてのメモ その1
ローテーション闇喰らいの蝙蝠ヴァンプデッキについてのメモ その2

 本記事は、2019年3月現在における記事です。
 その1
 その2
 その3
 その4
 その5(この記事)

 どうもこんにちは、筆者です。
 本日はキャラクター、武器、召喚石の「強化」についてです。ちなみに主人公の強化については、こちらの記事を参照して下さい。→リンク
 またこの記事は、その4を見ている前提で書いております。合わせてご覧いただきますようお願い致します。その4

 では参りましょう。
a

~お品書き~
1)キャラクター
2)召喚石
3)武器 (←オススメ)


1)キャラクター
・上限解放
 素材を用いて上限解放を行います。特徴↓
------------------------------------------------
・上限解放すると、文字通りレベルの上限が上がる。
・必要な素材はショップで交換できる場合がある。(画面のように素材をクリックすると良い。)
・上限解放することを、「凸する」と言う。(無凸⇨1凸⇨2凸⇨・・・)
------------------------------------------------
a
素材を使って上限解放
b
素材をクリックすると、入手方法を提示してくれる 武器などでもあるシステム

・レベルアップ
 基本的に、武器を使ったレベルアップはほとんど行いません経験値がたくさんもらえるクエストで稼ぎます。
------------------------------------------------
・初心者なら、「エンジェルヘイロー」がオススメ。
・その他の経験値稼ぎについては、こちらを参照⇨経験値稼ぎクエスト 外部リンク
・雫石というものを使うと、ブーストできる。
------------------------------------------------
a
初心者の人は、エンジェルヘイローがオススメ ※特に半額の時
a
「雫」を使って、経験値ブーストをかけると効率的

・リミットボーナス
 レベル上限に達したキャラクターを使い続けていると溜まっていくリミットボーナスポイントというものがあります(通称LB)。これを溜めて強化すると、キャラを更に強化できます。(基本18回まで強化可能)。
 基本的にオススメなのは、「クリティカルアップ」「弱体成功率」「奥義上限アップ」などです。ぶっちゃけキャラによって振り方が異なるので、調べるのが良いですね。
a
LBを使って、更に強化をする

・指輪
 これは初心者の方はそこまで気にする必要はないと思います。気になる方は、こちらを見て下さい
外部リンク
女勇者のイラストの
キャラについての解説は以上です。

2)召喚石
・上限解放
 召喚石の条件解放はキャラクターと異なり「共食い(重ねるとも言う)」をさせて強化をします。(※上限解放4回目、つまり4凸以降は、素材を使って行います。)
------------------------------------------------
「共食い」による上限解放安易に行わないほうが良い、ガチャ産召喚石があります。SSR召喚石を手に入れた際は、調べることを推奨
金剛石を安易に使うのはNGです。非常に貴重なので、丁寧に取り扱いましょう。使いたいときは、必ずご自身で調べてからにしましょう。
------------------------------------------------
引用させていただきました

●レベルアップについて
 召喚石はキャラクターと違い、クエストでレベルアップ強化しません。前の章で述べたように「NおよびR召喚石」や「強化素材」、リサイクル化でできた「杯」などを使います。
a
杯などを使って強化をします 杯の作り方はこちら⇨リンク
シーサーのイラスト(1体)
召喚石の説明は、以上です

3)武器について
・上限解放
 召喚石と似たような形で行います。
------------------------------------------------
・武器の上限解放は、召喚石と同じく「共食い」させることで行う。(4凸以降は素材を使って上限解放する。)
リミテッド武器シリーズは入手しにくいため、安易に「共食い」による上限解放をしないほうが良い。⇨外部リンク
「ダマスカス鋼」および「ヒヒイロカネ」安易に使わない。特に「ヒヒイロカネ」は十天衆という強い無課金キャラを取るときにしか使わないので、武器に使うのはNG。
------------------------------------------------
a
召喚石と同じく、共食いにより上限開放する(4凸以降は素材で開放)

・レベルアップ
 召喚石とほぼ同じです。以下省略。

・スキルの強化について(前回記事の補足も兼ねています)
 ※この章で餌にする武器は、以下の図のようになっています。意味がわからなくても良いので、とりあえず確認をお願いします。
a
ガチャSSR&SR武器を除く武器を使います。
a
スキルLV順に並び替えて、赤丸の部分に数字が書いてあるものが、スキルレベル有り

 今まで説明してきた強化は、大体が「青丸部分で示すレベルアップ」についてでした。実は武器には、もう一つレベルアップがあります。それは「赤丸で示すスキルレベルアップ」というものです。これを強化すると、別方向から武器を強くすることが可能です。
 イメージは「捕食」です。
a
赤丸部分の強化について、説明します

 まずは意味がわからなくても良いので、やり方をみて下さい。
------------------------------------------------
 ①普通のレベルアップと同じく、「強化」からスキルアップしたい素材を選ぶ(サンプルはスキル1LVのSSR武器)
 ②「スキルレベルが高い順」に並び替え、スキルレベルがある武器を入れる(今回は1LVのSR武器を2つ入れる。)
 ③スキルアップ成功率が100%(99%でも可)になっていることを確認する。
 ④強化ボタンを押す⇨スキルレベルアップを確認
------------------------------------------------
a
「強化」⇨「素材をスキルレベル順に並び替え」⇨「スキルレベルのあるものを選択」
b
「100%(or99%)になっていることを確認」⇨「スキルレベルアップ!」

 以上です。つまり「スキルがある武器(あげたいもの)」に、同じく「スキルがある武器」を食わせることによってスキルレベルが上昇します。
 ちなみに今回「SSR武器LV1」を上昇させるために使った武器は「SR武器LV1×2個」でしたが、徐々に要求される武器は多くなっていきます。
a
武器素材の価値などについて

〜補足〜
------------------------------------------------
属性等は関係なし。「レア度」と「その武器のスキルレベル」が関係する。
1LVずつしか上げることはできない。
・初心者はスキルレベル3までで止めておくのがオススメ(コスパが良い。)
・どの武器にどれくらい捕食させるのか?ということは、こちら
 ⇨スキル上げに必要な武器数は、こちらを参照
・武器スキルLVアップ武器を集めるのにオススメの場所は、島ハード、救援など。
------------------------------------------------

 本日は以上です。

その4←前の記事 前の記事→まだ

 その1
 その2
 その3
 その4
 その5(この記事)


 どうも皆さんこんにちは。本日は新パック「鋼鉄の反逆者」の簡易的な評価と、それに伴って2Pick環境について考察したいと思います。よろしくお願いいたします。
 ※ALT環境で落ちる2Pickカードの考察は、こちら→リンク
 ※新カードのまとめは、こちら→外部リンク

EX)新パックの全体的な印象
 新パックでは、新たに「機械」という種族カードの追加、それに対するシナジーカードが多数収録されました。実際に触らないとわからないですが、Pick段階がかなり難しくなると考えられます。
 また「来期はこのような環境になるのではないか」と現状私は考えています↓
-------------------------------------
大型潜伏有利
 →神罰が落ちた&今季ランダム確定除去が追加されなかった
後攻有利
 →進化時効果持ちカードが大量に追加された&ドローが弱めなクラスが多い
●リーサル速度が遅くなる
 →回復カードが増えた
横並び環境
 →4コスト付近に、横展開カードが多数追加
-------------------------------------

 では各クラスについて語ります。


0)ニュートラル
レジェンド
 →進化なし盤面干渉カードが増えた。そこそこ有能。
レジェンド以外
 →2/2/2カードが増えたため、序盤貧弱なリーダー有利に。回復が追加されたため、コントロール系リーダー有利に


【コメント】
 レジェンド枠は盤面干渉に特化したカードが収録された。特に「オーディン」は結構強いカードである。ウィッチから直接召喚されることが多いだろう。
 また「メカゴブリン」などの2/2/2の追加により、序盤の動きが弱いウィッチなどは追い風。回復カードも収録されたので、来期はコントロールクラス有利の環境が傾くだろう。

 一方で「タルトマン」や「神罰」等の潜伏干渉カードが落ちたことにより、これらカードを持つクラスが相当有利に。(オウルベアなど。)
 また「天界の先兵」や「スットゥング」などのメタカードが落ちたことも、かなり影響しそうだ。(モニカのトークンであるモーラー、リーシェナのトークンである黒のアーティファクトなど。)

 来期は「この盤面はどうやっても対処できない」といった場面が多くみられると予想する。

1)エルフ
来環境必要だったカード群→フィニッシャー、テンポロス無しドロー、消滅
来環境追加されたカード群→フィニッシャー、テンポロス無しドロー、2/2/2、AOE、バウンス、進化無し干渉


【コメント】
 かなり良いカードが多数収録された印象だ。おそらく来期上位リーダーに君臨すると考えられる。
 フィニッシャーとして「新ジャングルの守護者」および「マシンランスエルフ」が、機械カード限定ではあるが「森の隠者」というテンポロス極小のドローが追加されたことも非常に大きい。
 その他強烈なファンファーレダメージフォロワーや、AOEカードの追加もされたのも追い風になるはずだ。

 一方で「森のささやき」が落ちたため、若干ラストワード耐性が落ちた。また「自然の導き(再録)」および「フォレスト・コア」がPickでは使いにくい。注意したい。

2)ロイヤル
来環境必要だったカード群→フィニッシャー、盤面干渉、横展開、消滅
来環境追加されたカード群→横展開、バフ


【コメント】
 死ぬほど厳しく、かなり苦戦を強いられると私は考える。
 追加された「トランプルフォートレス」は非常に強力な横展開カードであり、「リーシャ」も悪い性能ではない。

 ただしその他のカードが貧弱すぎる。特に「二刀流」が非常に使いにくい。来期は使わないリーダーになるはずだ。

3)ウィッチ
来環境必要だったカード群→2コスフォロワー、テンポロス無しドロー、AOE
来環境追加されたカード群→2コスフォロワー(ちょっと弱い)、進化2面処理


【コメント】
 壊れ級のパワーは無いものの、序盤~中盤を支えるカードが多数追加された。これは今のPickウィッチに必要なカードであるため、おそらく来期も上位リーダーのままであると考えられる。

 まず一番懸念していた2コスフォロワーは、2/2/2こそないとはいえ、何とか追加された(「マナリアリッチボーイ・シラティ」など)。また「テトラ」という新たな進化2面処理カードの追加により、序盤のテンポロスは気にならなくなると考えられる。
 新しいニュートラルカードも、ウィッチにとっては嬉しいカードが多い。

 一方で今季落ちる「ストームレイジ」や「未来視の魔女」に代わる、AOEやドローカードの追加が一切なかったため、大量の横展開手札切れに悩まされることになると考えられる。おそらく「アルルメイヤ」は優先度が今以上に高まるだろう。

4)ドラゴン
来環境必要だったカード群→フィニッシャー、ドロー、消滅、5~6コスカード
来環境追加されたカード群→フィニッシャー、確定除去、横展開


【コメント】
 追加されたカードは悪くないが、コスト帯の穴が非常に気になる。おそらく中位リーダーになると考えられる。

 フィニッシャーは「ドラゴン牧場」や「フォルテ」の追加により、まあまあ悪くないかなレベルまで引き上げられた。(特にドラゴン牧場は強そう。)
 また4コス確定除去カード強烈な横展開カード2コスフォロワーがブロンズに追加されたため、序盤安定して攻めることが可能になるはずだ。
 
 ただし5~6コスト帯にそもそもカードがない部分は、かなりのディスアドバンテージである。そして相変わらず消滅カードの追加がなかったため、「プライムアーティファクト」などに対しての耐性がかなり低い。
 以上の2点を頭に入れて、Pickを進めるとよいだろう。

5)ネクロマンサー
来環境必要だったカード群→ドロー、盤面干渉、AOE
来環境追加されたカード群→ドロー(癖あり)、盤面干渉、2/2/2(かなり強い)、確定除去


【コメント】
 かなり良質なカードが追加されたが、相変わらずドローカードの癖が強い中位or上位の中では弱い寄りのリーダー順位になると考えられる。

 ドローについて、「グール」というデーモンイーターに似たカードが追加された。私個人としては「アンドレアルフス」のような普通にドローできるカードが欲しかったのだが、無いよりはあったほうが良いだろう。
 また「ゴーストライター」を筆頭とする良質な2/2/2カードの追加大量展開の「ボーンドローン」、盤面に残る可能性がある確定除去の「メカニカルゾンビ」などが単純に強い。
 レジェンド枠も「セレス」や「エンネア」というPickでは間違いなく強いカードが追加されたのも大きい。

 ただし相変わらずAOEカードが「ファフニール」頼りなのが気になる。来期もこのカードの優先度は爆裂に高くなるだろう。

6)ヴァンパイア
来環境必要だったカード群→回復、ドロー、フィニッシャー
来環境追加されたカード群→回復、ドロー、横展開、盤面干渉、


【コメント】
 追加されたカードは良質なのだが、フィニッシャーが存在しない部分が非常に気になる。おそらく中位リーダーか下位リーダーに収まるのではないだろうか。

 まず注目カードは、1/1を2体出しながら2枚ドローする「悪夢の始まり」である。アンリミテッド級のカードであるので、隣のカードが弱くないなら優先して取っていきたい。
 次にまた新しい「メデューサ」が追加された。今回のメデューサはPickにおいて確実に強いので、優先してPickしたい。
 その他のカードも、使いやすいカードばかりである。

 ただしすでに述べたように、明確なフィニッシャーが存在しないので、序盤からライフを削る動きが必須になると考えられる。

7)ビショップ
来環境必要だったカード群→フィニッシャー
来環境追加されたカード群→ドロー、リモニウム


【コメント】
 触る価値すらないくらい弱いはずだ。おそらく来期8位リーダーになるだろう。

 まず来期は聖獅子の結晶関連カードが3種類落ちるので、それに代わるフィニッシャーカードが必要だった。だがそれは一切追加されていない
 また「リモニウム」というコスト踏み倒しカードは強そうだが、コストを踏み倒す対象がいないのがかなり厳しい。
 来期ビショップは冬の時代になるだろう。

8)ネメシス
来環境必要だったカード群→軽量除去、AFサーチ&埋め込み、明確なフィニッシャー
来環境追加されたカード群→AFサーチ&埋め込み

【コメント】
 追加されたカードは悪くないのだが、3コスト以下の除去カードがほぼ無い部分が、かなりの懸念点である。おそらく中位リーダーまで落ちるのではないだろうか?
 まずトレースAFという横展開AFを生成する「試作機械兵」、それに伴って1コストでAFをサーチできる「メカニカルガンナー」が追加された。AF周りの回転は、おそらく気にならなくなるはずだ。

 一方で2~3コストの軽量除去がかなり厳しくなること、「歴史を知るもの」というブロンズのフィニシャーカードが落ちてしまうことがかなり厳しい。
 少なくとも、ALT環境よりは弱体化するはずだ。

9)まとめ
おそらくこのようになると考えられます。

上位・・・ウィッチ、エルフ、ネクロマンサー
中位・・・ネメシス、ドラゴン、ヴァンパイア
下位・・・ビショップ、ロイヤル

 本日は以上となります。では明日からの新環境2Pickを楽しんでいきましょう。



ALT環境記事のリンクはこちら

グラブル関連はこちら


←シャドバ以外のつぶやきもあります。ご了承ください。

本記事は、2019年3月現在における記事です。
 その1
 その2
 その3
 その4(この記事)

 どうもこんにちは、筆者です。本日も解説していきます。
本日は「溜まった武器、召喚石の処分方法についてです。
 手持ちがガチャでいっぱいになったりしていませんか?それを処分していきましょう。また次記事の「強化」にも繋がるので、ぜひ覚えて下さい。

a

今日はリスト画面によく飛びます!(メインページ右上のメニューから飛べる)

〜お品書き〜
1)溜まった武器や素材の価値について
2)処分方法について
3)その他


1)前置き:溜まった武器や素材の価値について
 「どの武器が貴重か貴重でないか」を知らないと、処分したくてもできないですよね?それをこの章で解説します。

強化素材と書かれたものは、2つを除きレア度関係なく貴重では無い
 まず「強化素材」と書かれたものは、レベル上げにしか使いません。つまり比較的粗末に扱っても良いです。(武器、召喚石両方とも
a
こいつらは、粗末に扱って良い!
 
~追記~
 大変申し訳ございません。上の図に書いてあるものは粗末に扱ってよいのですが、以下の「プチデビルエレメント」および「デビルエレメント」は、使いみちがあります。一旦補完推奨。
a
この2つは、一旦保存を推奨します!

②強化素材以外の武器について
 このようになっています↓
------------------------------------------------
 ・「SSRおよびSR」武器は、例外なく使い道が複数あります。(丁寧に扱うべき。
 ・「N」武器は、他武器のレベルアップ以外使い道がありません。(粗末に扱って良い

 ・難しいのは「R」武器です。見分け方はこのようになっています。
 「メニュー」⇨「リスト」⇨「武器スキルレベルで並び替え」をします
 ①武器スキルレベル欄に何か書いている武器は、使い道があります。(丁寧に扱うべき
 ②一方何も書いていない武器は、基本レベルアップにしか使いません。(粗末に扱って良い
------------------------------------------------
 ※おまけに補足があります。
a
クリック&拡大推奨!

③強化素材以外の召喚石について
 ・「SSRとSR」については使い道があります。(丁寧に扱うべき
 ・「NとR」は例外なくゴミです。(粗末に扱って良い
a
召喚石は、レアリティだけ気にすれば良い

④おまけ プラスについて
 つけたら単純に強くなります。とりあえず引っ剥がして、使う武器や召喚石にぶっ込めば良いでしょう。
a
+をリセットすると、プレゼントボックスに送られる 武器の場合は青色

2)処分方法について
 では、溜まった武器などの処理方法についてお話しします。

①困ったらとりあえず「倉庫」にぶち込め!
 ガチャに使う石を使って、保管する倉庫を解放することができます。その分ガチャを引きたい!と思うかもしれませんが、武器倉庫を空けたほうが結果的に便利です。オススメ。
召喚石の倉庫は、開けなくて良いと思います。武器庫はじゃんじゃん開けても良いです。)
a
倉庫を空けた後、リストから、色々操作ができます。

②武器および召喚石の売却は、ほぼ使わない
 グラブルは武器および召喚石の売却をほぼ行いません。その他の方法でこれらを処理します。(別に売却してはいけない、というわけではないので注意)
 ちなみにお金の稼ぎかたについてはこちら⇨外部リンク
 a
売却は基本使いません!

③リサイクル化(粗末にして良い武器の処分 武器および召喚石で可能
 使わない武器素材などを自動で片付けてくれる「リサイクル化」というシステムがあります。これを行うと、「いらなくなった武器・召喚石を、経験値として別の場所に保管」できます。それにより、「武器および召喚石を減らし、手持ちをスッキリさせる」ことが可能です。
 ※リサイクル化は非常に賢く、使い道が無い武器を勝手に選んで処分してくれます。なので安心してリサイクル化していきましょう!
 ※設定で自動リサイクル化の対象を選べる。(全部チェックを付けても問題ない。)
a
オススメ選択すれば、要らないものを自動で処分してくれる!b
設定で、リサイクル化の対象を選べる ※全部にチェックを入れても問題ない

 リサイクル化した後は、経験値が「杯」という形で残ります。これを使えば、武器などの強化ができます。
 ※一つの杯でLV1武器⇨90LVくらいになります。溢れてもったいない場合は、ちまちま武器を入れていくことをオススメします。
a
強化画面の下の方に、「杯」という形で経験値が溜まる!召喚石も同じような感じ

④エレメント化(丁寧に扱うべきものの処分 武器および召喚石で可能
 こちらは上で述べた「丁寧に扱うべき」ものの処分です。ミスると悲惨なことになるので、注意して下さい。

エレメント化の意味及び特徴
・必要の無くなった「SR以上」の武器および召喚石を手放して素材を得るシステムのことです。武器は「武器エレメント」、召喚石は「属性エレメント」を取得できます。(エレメント化=砕く、という表現を用います。)
SSRの方がSRよりも、ガチャ産のほうがドロップ産よりも多くのエレメントを獲得できます。
・エレメントにはルピを使います。あまりルピがない場合は、エレメント化をしない方が良いかも?
a
リストから武器や召喚石をエレメント化(砕く)ことができる

武器をエレメント化
ガチャ産の「SSR武器」安易に砕いてはダメですガチャ産の「SR武器」は、基本的に砕くことが多いですね。(エレメント化したい時は、調べてから砕くことを推奨。)
ドロップ産の「SSRおよびSR武器」必要ないなら砕いても良いです。ただしどちらかと言うと「武器スキル上げ」として使うことが多い。(スキル上げについては、次の記事で解説します。)
a
ガチャ産とドロップ産の見分け方は、おまけで説明
召喚石のエレメント化
ガチャSSR召喚石は保管が吉です。エレメント化するにしても、ちゃんと調べてからエレメント化するようにした方が良いです。
ドロップ産SSRは、使わないならエレメント化OKです。
・ガチャ、ドロップ産関係なく、SR召喚石は「カーバンクル」除いて全てエレメント化しても良いです。
a
ガチャ産とドロップ産の見分け方は、おまけで説明

⑤武器スキルレベルアップ素材(丁寧に扱うべきものの処分)
 これについてはくっそややこしいので、次回の記事で述べます。とりあえず「武器のスキルアップ」という方法を用いて処分できることを覚えておいて下さい。
a

3)その他
①例外的に保管した方が良い、スキルなしR武器について
 スキルがないR武器は基本的にゴミなのですが、本当に一部可能なら保管した方が良いものがあります。十天衆という無課金キャラの取得をするときに、必要になります。(もし処分してしまっても、後から取りに行くことも可能です。)
 ⇨十天集のために必要になるR武器について 外部リンク

②ガチャ産とドロップ産の見分け方について
 エレメント化した時に貰える素材の量で見分けることができます。それで確認しましょう。
---------------------------------------
●武器
SSRから出る武器エレメント
ガチャ産 ⇨200個
ドロップ産⇨20個
SRから出る武器エレメント
ガチャ産 ⇨15個
ドロップ産⇨1個

●召喚石
SSRから出る属性エレメント
ガチャ産 ⇨200個
ドロップ産⇨20
SRから出る属性エレメント
ガチャ産 ⇨15個
ドロップ産⇨1個
---------------------------------------

a
貰える素材量で見分けることができる これはドロップ産のSR武器ですね

③武器・召喚石の保護
 武器などを保護すると、エレメント化などで選択できなくなります
a
重要なものは、保護推奨

④朽ちた武器について
 スキルなどが無い朽ちた武器ですが、温存推奨です。(使い方は、今は知らなくて大丈夫です。)
 朽ち果てた剣
ちなみに上限解放させてもOKです

 本日は以上となります。次はキャラ&召喚石の強化について記述します。

その3←前 次→まだ

 その1
 その2
 その3
 その4(この記事)

筆者が普段書いている、シャドウバース2Pick記事

~初心者向けシリーズ~

その1
その2
その3
その4
その5

~中級者向け2Pick個別記事まとめ~
エルフ
ロイヤル
ウィッチ
ドラゴン
ネクロマンサー
ヴァンパイア
ビショップ
ネメシス

ALT環境記事総合リンク

←シャドバ以外のつぶやきもあります。ご了承ください。


続きを読む

↑このページのトップヘ