2pick平均4勝を目指すblog

シャドウバースについて詳しく書いていきます

2019年02月

 どうもこんにちは、筆者です。本日は2Pickウィッチで大暴れしているモニカのナーフ要求記事です。
 ここで先に申し上げておくのですが、このカードは私怨ではなく、冷静に考えて、ナーフすべきだと思っております。
 では早速参りましょう。

0)基本情報
レア度 :ゴールド
コスト等:4コス3/3→5/5
効果  :【ファンファーレ】マジカルビースト・モーラ1体を出す。
     【進化時】相手のフォロワー1体に、「自分の場のフォロワーの数」と同じダメージ。
トークン情報:マジカルビースト・モーラ:7コスト1/1→3/3
      【アクセラレート3】 自分のEPを1回復。
      【ファンファーレ 】ラブリー★モニカ1体を出す。自分のEPを1回復。
      【ラストワード 】次の自分のターン開始時、マジカルビースト・モーラ1枚を手札に加える。

1)表面上の問題点
4コスト4/4の時点で強いのに、2面処理もできるのがヤバイ
 4コストカードの標準スタッツは、一部を除き3/4です。つまり合計スタッツ4/4の時点で強いです。この強力なスタッツで2面処理が行えるカードは、おそらくこのモニカだけでは無いでしょうか?
 後攻で強いのは言わずもがな先攻4ターン目に出しても4/4なので強いです。やばすぎる。
4/4/4というだけで強い しかも分割して出る部分がいやらしい

無限ループする点
 7コストで無限にループする部分も、本当に良くないと思います。ここでマナ計算をしてみましょう。(※適当な計算ですので、ご注意を)
----------------------------------------
 回復した進化権をモニカに振るとして、5/5+1/1がまず立ちます。シャドバの6/6スタッツは、限界まで低く見積もって6コスト。・・・(A)
 突進付与には、「黄金の靴」が1コストであります。よって5/5の突進部分1コスト.・・・(B)
 次に最低2点ダメージを与えます。シャドバではリスクなし2点ダメージは1コスト。・・・(C)

 よってA+B+C=6+1+1
       =8コスト
----------------------------------------
 つまり7コストで8コスト分の働きができます。場に他のカードが展開されていれば進化時のダメージが増加するので、9コスト分くらいの働きをすることもあります
 これが無限ループするわけです。強いカードが構築ほどデッキに積めない2Pickにおいて、到底許されるわけがありません
こいつですら1面処理だったのに、モニカは2面処理してきます

2)個人的に感じる問題点
●色々選択肢を吟味しても、結局モニカ出せば正解の場面が多すぎる
 モニカを使う側の視点での話です。
 先程も申し上げたとおり、7コストで出したモニカは最低8コストの働きをします。しかも突進+ダメージで2面処理を行うので、よっぽどのことがない限り「モニカを出せば正解」の盤面が無限に続くんですね。
 これが正直つまらないです。2Pickの本質は、手札にある数少ないリソースをどのように切っていくか?というものです。その概念を覆すこのカードは、不健全であると言わざるを得ません。

a

●出された瞬間に、「あ、これ負けた」と思ってしまう
 無限リソースというのは、対抗策がなければその後ずっとそのカードを意識し続けない存在です。しかもマナの隙間があれば常に出てきます。「月と太陽」や「旧カイザ」が強い(強かった)のは、このような理由があるわけです。
 その代わりこれらのカード群、即時で盤面に影響を与えるものが少ないです。モニカの他に「ウロボロス」くらいだったと私は記憶しています。

 さてこのモニカ、「ウロボロス」以上にひどいと私は思います。なぜなら無限リソースの癖に、場に5+2点の影響を与えるからです。
 もはや出された瞬間に「あ、この試合負けたな」と思っちゃうんですよね。

端的に言うと萎えます。

 4ターン目に出されたたった1枚のカードで勝敗を察するゲームの、何が面白いのでしょうか?
 少なくとも私は面白くないですね。
a

3)改善案
 さて、あまり意味がないかも知れませんが、ナーフ案を提示させていただきます。

●7コストで出した後、ラストワードを失うようにする。
 モニカは無限ループすることがやはり良くないので、単純にループを1回に制限するべきだと思います。そうすれば、多少マシになると思われます。

●元のスタッツを下げる
 初動の4/4スタッツは単純に強すぎます。先4で置いても強い進化効果持ちカードは本来おかしいので、2/2+1/1程度にすべきかなと思いますね。

●ターン開始時、先にドローしてから、トークンを手札に加えるようにする
 効果処理の順番の話です。現状の効果処理は、「トークンを手札に加える」→「デッキからカードをドローする」というものです。つまりターン開始前に手札が8枚の場合、「トークンを加えた後、ドローTOPが燃える」といった効果順になっています。モニカ以上に強いカードは少ないので、ドロートップが燃えることはそれほど痛くないんですね。
 これが逆になれば、「ドローをした後、トークンが燃える」状態になります。
 こうすれば、手札がパンパンの状態でトークンをプレイしにくくなります。せめてこの効果処理順にしてほしいかな・・・と思いますね。


 本日は以上となります。このカードは本当にナーフしたほうが良いと思いますので、ぜひとも運営には動いてほしいです。なにとぞお願いします。


 どうもこんにちは、筆者です。本日の記事は、先日追加されたアディショナルカードによって、どのように環境が変化したのかについて語ります。


1)全体的な話
 結論から申し上げます。このようになりました↓
------------------------------------
明確に強化されたクラス・・・ウィッチ、エルフ、ヴァンパイア
そこまで変化が無いクラス・・・ロイヤル、ネメシス、ネクロマンサー
弱体化したクラス・・・ドラゴン、ビショップ

アディショナル追加前tier(主観)・・・ウィッチ>>ネメシス>>ビショップ≧ドラゴン≧ロイヤル>エルフ≧ネクロ>>>>>>ヴァンパイア

アディショナル追加後tier(主観)・・・ウィッチ>>>ネメシス≧ロイヤル≧エルフ>>ドラゴン>ネクロ>ビショップ>>>ヴァンパイア
------------------------------------
 以前までは、アディショナルの追加によってここまで環境は変化しませんでした。ですが今環境は結構変化しました
 理由は単純で、レジェンド枠が4枠から6枠に増加したためです。
 では次に、各クラスについて簡単に述べていきます。
2)強化されたクラス
●ウィッチ(1位)
 ウィッチはこれでもかというくらい強化されました。特にモニカはナーフ入れないと、競技人口が減りますね。この記事の後でナーフ要求記事を上げますので、とりあえず壊れカードであると認識していただければ良いと思います。
 ジオスについてですが、このカードも強いです。そもそも必殺が付いているので、腐らないですからね。ドロー次第では、5/5くらいのスタッツになるから困りものです。

●エルフ(4位)
 エルフは相手のライフに圧力をかける強カードが追加されたため、中~上位tierに位置づけて良いと思います。
 新レジェンドのバビーは、確定除去×2を出しながら6/5が残るので、かなり強力なカードとなっています。最優先Pick対象ですね
 リナ&レナも、ライフ削りとして意外と優秀でした。最優先では無いですが、悪くないカードですね。
 ただし相変わらずプレイングが難しいので、ルームマッチ等で練習をオススメします。
●ヴァンパイア(8位)
 追加されたカードは両方とも強い・・・のですが、既存のカードが貧弱です。よって最下位からは脱出できないですね。来季ワンチャンスあるかな・・・?

3)そこまで大きな変化が無かったクラス
●ロイヤル(3位)
 追加されたカードは両方共かなり強いのですが、既存のレジェンド枠カードが強すぎるので、結果そこまで大きな変化はないと私は認識しています。
 ディオネは2,7,10コスト全てに役割がある良カードだと思います。終盤ドローTOP勝負で6点詰められる、という部分が特に強いでしょうか?ただし出し渋って負けることも多いので、2コス3点スペルとして使っても良いんだ、といった認識をしておくことも大事そうです。
 アルヤスカは使い方が難しいですが、パワーは十分なカードだと思います。スパルタクスを同時にPickしていれば、特殊勝利も現実的ですね。
 またウィッチが強くなりすぎているので、速攻でキルできるロイヤルは上位tierに置いて良さそうです。(2位に置いても良いかも?)
●ネメシス(2位)
 冒涜の球体は1ターン目に引ければ悪くないカードでした。(なお手札に来ない模様。)
 メイシアは、構築で暴れているだけあって強かったです。ですが構築と違って、進化→メイシアにスペルを上乗せする動きはかなり厳しいです。3/2/3+ドローが本体ですね。
 総合すると、そこまで変わってないのかなと。ただし他クラスとのパワー差は縮まった気がします。少なくとも圧倒的に強いわけではないですね。(3、4位に置いても不思議じゃないかなと思います。)

●ネクロマンサー(6位)
 タルタロス上振れカードという認識で良さそうかな~と思います。墓地12を管理するのがまあまあ大変なので。ただし出せた時のパワーは本当に高いです。完成体フラムグラスを彷彿とさせるカードですね。
 一方で暴食の女帝は・・・うん、ゴミですね。葬送対象くらいしか使い道が無いんじゃなかろうか。
 よって強いカード弱いカードで相殺して、あまり変化がないと判断させていただきます。

4)弱体化を食らったクラス
 ●ドラゴン(5位)
 なんと言いますか、悪くはないんだけど、「今のドラゴンに必要なカードはこれじゃない」といった認識で良いかと。
 トラロックは進化を切れば、まあまあの活躍を見せてくれます。しかしAOE1点が明確に刺さる対面がそこまで無いんですよねえ。
 アンネローゼは、当初の予想通り微妙でした。3コスで進化権を使いながらPPブーストする行動、そこまで強くないです。
 もっと高PPのフィニッシャーが欲しかったですね・・・。ですがまだ過去のカードで戦えると思いますので、中位tireにおいても大丈夫だと思います。
●ビショップ(7位)
 追加カードゴミですね。
 聖獣は構築で暴れていますし、Pickでも1ターン目に出せれば上振れ行動が可能です。ですがそんな感じでブン回ることは極稀です。ほっとくとデッキも弱くなっちゃうし。
 セクメトも使いにくいです。というか2点AOEは安息の狂信者で間に合っている感が半端では無い。
 ビショップはただでさえ金虹の質が悪かったので、この追加は厳しすぎますね。よって使わないリーダーまで下げて問題なさそうです。
 ただしアリーナで対面した場合は注意しましょう。いにしえの聖域聖獅子は未だ健在ですので・・・。
5)終わりに
 レジェンド枠等の提示率が変化したため、アディショナル追加による強い環境変化が起こった2Pick。
 特にウィッチヤバすぎでしょ。モニカとかPick用カードとしか思えないし・・・ナーフされるのだろうかこやつは。してもらわないと困るんだが。
 
というわけで、本日は以上となります。



どっちのチョイスをする? 後編←前   次→モニカナーフについての提案
~初心者向けシリーズ~
その1
その2
その3
その4
その5

~中級者向け2Pick個別記事まとめ~
エルフ
ロイヤル
ウィッチ
ドラゴン
ネクロマンサー
ヴァンパイア
ビショップ
ネメシス

ALT環境記事総合リンク

 ←シャドバ以外のつぶやきもあります。ご了承ください。

どうもこんにちは、筆者です。
 本日の記事は、後編となっています。前編はこちら→リンク
 では参りましょう。

※「オケアノス」などの明らかに片方しかチョイスしないだろというカードについては記述しません
※ポーラなどの、場面によってチョイス先がかなりブレるカードについても記載しません

4)ドラゴン
●リトル・ドラゴン
 基本チョイス・・・白鱗のドラゴン

コメント
 前環境までは黒鱗を取ることもあったのですが、今環境は「白鱗のドラゴン」を取ることが多いです。というのも今環境は4点スペルが増えたため、「黒鱗のドラゴン」を進化起きしても、かなりの確率で取られるんですね。
 AOE1点カードも多いですから、余計に黒鱗の出番はなさそうです。


●ロイ
 基本チョイス・・・殺竜剣

コメント
 活竜剣を加えることも増えてきたのですが、基本は「殺竜剣」安定だと思います。やはりロイを用いたPPブーストは弱いです。アイラ並みにテンポロスが少なくないと、PPブーストしても・・・って感じですね。
 例外は、PPブーストをして強いカード(ポセイドンやギルヴァなど)がある場合です。デッキを見て判断しましょう。

●正義のドラグーン
 基本チョイス・・・ドラゴンクロー

コメント
 基本は「ドラゴンクロー」を取るべきだと思います。4コストと重いですが、直接バーン+覚醒時ドローは強いですね。
 例外はネクロマンサーやエルフなどの【1/1フォロワーが大量に出てくる対面】及び、【怒れる豪炎のドラゴン】がデッキ(手札)に存在する場合などですね。また当然ですが、1点AOEが必要な場合は「竜の翼」をチョイスしましょう。
●竜の祠
 基本チョイス・・・下で解説

コメント
 このカードもかなり難しいのですが、私は手札に「テールスイング」などの縦置き対応カードがある場合は「巻き起こし」を優先気味にチョイスします。(相手が大きいスタッツを出してくることが多いため。)また細かいフォロワーが出てきやすいリーダー対面の場合は、こちらをチョイスしがちですね。(エルフ対面など。)
 相手の場に大きいフォロワーを出されると困る場合、「踏み潰し」をチョイスします。(ウィッチ対面7ターン目、ロイヤル対面8ターン目など)
 このカードは本当に難しいので、実践で慣れることが大切ですね。(※元コストで使うときは、相応の高PPカードが無いとテンポロスが大きすぎます。注意しましょう。)
●ガルア
 基本チョイス・・・黒の息吹

コメント
 私は基本的に「黒の息吹」をチョイスします。5/4/4を出しながら確定除去を手札に加えることは、こと2Pickにおいて強い行動になりやすいからです。
 「白の息吹」を取る場合は、デッキ内に強いカードが埋まっている場合PPのくっつきが良い時ですね。【事前にデッキ内にフィニッシャーが何枚埋まっているのか】を確認することは大事です。

5)ネクロマンサー
●ワイトナイト&気まぐれな蘇生者
 基本チョイス・・・魔鎧の騎手(2/4守護)

コメント
 2Pickは体力が高いフォロワーのほうが優秀ですので、迷った場合は2/4守護の「魔鎧の騎手」をチョイスすると良いと思います。
 ただしもう片方の「骸骨の騎手」はドレインが付いていますので、ライフが低い場合はこちらをチョイスしましょう。

●新ケリドウェン
基本チョイス・・・刹那の劇薬

コメント
 基本は5点(or2点)スペルの「刹那の劇薬」をチョイスすると良いと思います。やはり盤面に影響を与えるカードは優秀ですからね。
 ただし「プロトバハムート」などのリアニメイトして強いカードが墓地(orこれから墓地に行く可能性あり)に存在している場合は、「久遠の秘薬」をチョイスすると良いと思います。
●死と闇のレイヴン
基本チョイス・・・奈落の冠

コメント
 消滅がなければ最低5/5×3を生成する「奈落の冠」は強いですので、優先してチョイスしても良さそうです。
 ただしこのカードは盤面優位でないと投げることができません。盤面で負けていて、これ以上テンポロスができない場合は、突進を付与する「凶暴化」をチョイスしましょう。
 意外と凶暴化をチョイスすることは多いです。あまり冠に固執しすぎないようにして下さい。
6)ヴァンパイア
※非常に申し訳ないのですが、今季一切触っていないので、解説できません。よって飛ばさせて頂きますm(_ _)m


7)ビショップ
●神殿の風熊
基本チョイス・・・聖なる願い

コメント
 このフォロワーもかなり難しいですが、私は可能な限りドローソースである「聖なる願い」をチョイスしますね。ただし2ターン目の行動が手札に無い時は、「聖獣への誓い」をチョイスします。
 このカードは基本的にドローカードとして見た方が無難だと思います。ビショップは大半のドローカードが弱いからです。(※安息の顕現とか弱いですね。)

●封じられた法典
基本チョイス・・・聖なる教示

コメント
 基本的に「聖なる教示」は癖が少なく使いやすいため、迷ったらこちらをチョイスすると良いと思います。
 例外として、次のターンに「いにしえの聖域」などのアミュレット、「テミスの粛清」などのスペルのみを吐く場合は、「忌むべき教示」を使っても良いと考えられます。
 まあ迷うくらいなら疾走させましょう。それか元コストでデッキ圧縮ですね。
●相克の翼像
基本チョイス・・・純白の聖鳥(4/3体力回復の方)

コメント
 あくまで私はなのですが、自動回復持ちの「純白の聖鳥」をチョイスすることが多いです。特に後攻4ターン目に進化する動きを良く取りますね。
 2/3疾走の「漆黒の魔鳥」はライフを詰める場合を除き、あまりチョイスしたくないですね。スタッツが貧弱なので。


8)ネメシス
●オートメーション
チョイス優先度・・・2/3守護AF>4/3疾走AF>2/1AF>3/1突進AF

コメント
 私は基本的に「2/3守護AF」をデッキに埋めることが多いです。なぜならネメシスのカードプールに、【3コスト以上のAFをサーチ】するものが存在するからです。同様の理由で、「4/3疾走AF」をチョイスすることも多いです。特に「2/3守護AF」はデッキトップから引いてきても最低限の仕事をしてくれますので、迷ったらこちらを埋めておきましょう。
 当然「2/1AF」及び「3/1突進AF」をチョイスしないわけではありません。細かく盤面を取りたい場合やコストの隙間で出したい場合、これらのカードを埋めておきましょう。



●光明齎す発明家
 基本チョイス・・・危険な発明品

コメント
 これもかなり難しいですが、私はどちらかというと「危険な発明品」をチョイスすることが多いです。理由は単純で、コストが1と低く、隙間で出すことができるからです。
 ただしネメシスは回復手段が非常に貧弱なので、可能なら「素敵な発明品」を取っておいたほうが良いと思います。手札状況に合わせて、チョイスを行いましょう。
●ミリアム
基本チョイス・・・悪戯な少女・ミリアム(サーチの方)

コメント
 私は基本的に、AFをサーチする「悪戯な少女・ミリアム」をチョイスすることが多いです。2コストで一枚カードを引くという行動は、やはり強いですからね。
 ただしフィニッシャーカードが不足している場合、手札やドローカードが潤沢な場合、そもそもデッキにAFが無い場合は、AFを埋める「安息の少女・ミリアム」をチョイスすることもあります。
 このカードは攻め札生成にもドローにもなるので、本当に強いですねえ。優先してPickしておきましょう。
●狭間の悪魔
基本チョイス・・・闇の剣

コメント
 95%くらいの頻度で、「闇の剣」をチョイスします。効果消去カードは今環境必要なカードですし、自軍フォロワーバフにも使えるのはやはり強いです。
 「光の剣」をチョイスするのは稀ですね。どうしても守護カードが欲しい時にチョイスしましょう。

●オーキス
基本チョイス・・・チョイスせず、元の効果で使うことが多い。

コメント
 今環境は操り人形があまり手に入りません。なぜならパペットルームが落ちたからです。よって意識しなくても、元の効果で使うことが多いですね。手札に操り人形が3枚程度あったとしても、わざと元コストで使うように調整する場合もあります。
 次に私は「白オーキス」をチョイスすることが多いかな・・・と現状は考えています。というよりも、「黒オーキス」を強く使えるくらい操り人形が手札にある、ということが少ないんですよね
 皆様も黒オーキスに固執せず、柔軟にこのカードを使っていただければと思います。
本日は以上です。


本記事 前編←前   次→アディショナルカード追加による、Pick環境変動について
~初心者向けシリーズ~
その1
その2
その3
その4
その5

~中級者向け2Pick個別記事まとめ~
エルフ
ロイヤル
ウィッチ
ドラゴン
ネクロマンサー
ヴァンパイア
ビショップ
ネメシス

ALT環境記事総合リンク

 ←シャドバ以外のつぶやきもあります。ご了承ください。

※後編はこちら→リンク

どうもこんにちは、筆者です。
 少し前から【チョイス】というシステムが導入されましたね。そしてこのチョイスで迷ったことはありませんでしょうか?
 というわけで本日は、どっちのチョイスをすればよいのかについて、私なりの考察を行いたいと思います。よろしくお願いします。

※「オケアノス」などの明らかに片方しかチョイスしないだろというカードについては記述しません
※ポーラなどの、場面によってチョイス先がかなりブレるカードについても記載しません

0)ニュートラル
●月と太陽
元コスト基本チョイス・・・アマテラス
エンハンス基本チョイス・・・アマテラス

コメント
 ・元コスト時
 2Pickでは基本的に体力が高いほうが有利ですので、迷ったら「アマテラス」をチョイスすべきだと私は考えます。特にネメシスの「操り人形系カード」や、ドラゴンの「1点AOE」などが刺さりそうな場面では、余計にアマテラスをチョイスすべきでしょう。
 例外として、3ターン目に3/3/3を置かれた場合、置かれるとマズイ盤面の場合は、「ツクヨミ」を出すべきだと考えられます。

 ・エンハンス時
 エンハンスで用いる場合も、基本的に「アマテラス」のほうが良いと思います。体力5に対する解答を持っているリーダーがあまりいないからです。ただし相手のライフを詰めたい場合などは、「ツクヨミ」のチョイスをするべきでしょう。

1)エルフ
●眠れる妖精の森
基本チョイス・・・妖精の大あくび

コメント
 フェアリー生成をする効果と(元々の効果)or相手の行動を制限する「妖精の大あくび」、どっちかを使います。もう一つのリーダーを殴ったら1ダメージを与えるチョイスは、ほぼ使わないですね。
 で、基本的に「妖精の大あくび」が強く、使用することが多いです。1コストで2体分の行動を制限する効果は、見た目以上に強いからです。
 ただしフェアリーを生成してアドになるカードがある場合(ライラなどのバフ)や、プレイ数変化カード(セルウィンなど)がある場合などは、元の効果で使うべきでしょう。
●ネルシャ
基本チョイス・・・悪魔のドレス

コメント
 基本的に私は「黒のドレス」を取ります。
 ですが例外があります。それは「森の戦士」が手札およびデッキに居るかどうかです。いる場合は「天使のドレス」を取ってもいいですね。
 ただし黒のドレスを取ったほうが結果的に強い場合も多いです。そこら編は盤面とデッキに依存しますね。
●ホーネットソルジャー
基本チョイス・・・ホーネットウォーリアー

コメント
 相手のライフを詰めたい場合を除いて、基本的に「ホーネットウォーリーアー」をチョイスします。「蜂の毒針」は、最後のひと押し以外チョイスしないですね。
 そしてこのカード、プレイ数を稼ぐと両方のカードを手に入れることができます。「両方手に加える」ほうが強いのか、「ホーネットウォーリアーをチョイスして、同一ターンにプレイする」ほうが強いのかの見極めが難しいですね。
 両方手に入れられる場面だったとしても、一旦冷静になって考えることが大事だと思います。

2)ロイヤル
●ワルツ
基本チョイス・・・必殺の魔弾

コメント
 基本的に「必殺の魔弾」のコストパフォーマンスが高いので、こちらをチョイスすべきだと考えます。 例外としては、ネメシスの「リーシェナ」に対する対抗札が欲しい場合「聖弾」をチョイスしますね。
 ちなみに私は「聖弾」を取ることはかなり少ないです。5コスト確定除去は、ロイヤルにとってテンポロスかな~と思っていますので。
●アロアダイ
基本チョイス・・・以下で解説

コメント
 さて、チョイスカードの中で特に難しいと言われている「アロアダイ」です。
 私は迷った場合、フォロワーとライフに3点ダメージを与える「炎撃槍」をチョイスします。直接バーンダメージがロイヤルにとって貴重かつ、必要なカードだと思っているからです。
 ですが例外も多々あります。例えば【進化権効果持ちフォロワーがデッキ内に大量にいる】場合や、【次のターンに2~3コスト余りそう】な場合などは、「氷撃槍」をチョイスします。
 このカードは本当に人によってチョイスがブレるので、何回も使ってみて、自分で使う場合はどっちが良いのかを考えたほうが良いですね。
●ドラゴンナイツ
元コスト基本チョイス ・・・ヴェイン
エンハンス基本チョイス・・・ジークフリート+パージヴァル

コメント
元コスト時
 5ターン目に使う場合、「ヴェイン」を9割型チョイスします。相手にかかる圧力が非常に強いからですね。特定のクラスによっては、これ一枚で詰ませることもできます。

エンハンス時
 8ターン目の場合、多くは「ジークフリート」+「パーシヴァル」で盤面を取ります。ですが相手のライフを詰める場合、「ヴェイン」+「ランスロット」をチョイスすることもあります。
 1つ言えるのは、2Pickだからといってこのカードをエンハンスで使わないといけないわけではないと言うことです。5ターン目に出したほうが強い場面は多々ありますからね。
3)ウィッチ
●マナリアの竜術士
基本チョイス・・・マナリアの白竜

コメント
 前環境までは黒竜をチョイスすることが多かったのですが、今環境は「白竜」をチョイスするほうが多いです。今環境ウィッチのドローが貧弱で、結構な場面で手札枯渇が起こるからですね。また2コス3点スペルの「魔術の一撃」が追加されましたので、躍起になって魔弾を加える必要も無いかな~と思います。
 ですがバーンダメージが必要な場面や、処理スペルが枯渇している場合は、「黒竜」をチョイスしましょう。

●グレア
 基本チョイス・・・グレアの炎熱

コメント
 私は迷ったら1コスト3点の「炎熱」をチョイスします。
 ただし相手が次のターンに「いにしえの聖域」などの選択不可カードを出してくる可能性がある場合や、ロイヤルの「飛空の剣士」を出されると詰む場合、その他大量に横展開される可能性がある場合は、「灼熱」を取りましょう。
●ルーニィ
基本チョイス・・・滅亡の予言

コメント
 これはかなり諸説ある考えですので、注意して読んでいただけますと幸いです。
 私は結構な確率で「滅亡の予言」をチョイスします。(※ちなみに今環境は、10コスト以下に下がります)。というのも4コス2/3という相当弱いスタッツを場に出している時点でテンポロスなのに、2コスト払ってドローするだけのカードをチョイスすることが弱いと思っているからです。
 例外として【ドローする価値があるカードがデッキ内に眠っている】、【手札の数が少なすぎる】【デッキ内にドローカードが少なすぎる】などの状況の場合は、「導きの予言」を取ります。
 まあそもそもルーニィーをPickすること自体が稀なので、そこまで気にしなくてもいいとは思いますが。
●暗黒の召喚士
基本チョイス・・・ダークデーモン

コメント
 基本的には、疾走の「ダークデーモン」をチョイスします。盤面干渉としても、ライフ詰めとしてもえげつない能力を持っていますからね。
 例外として【対面の盤面に必殺がいる】、【対面が体力5に弱い】場合などは、「ダークキマイラ」をチョイスします。
 体力4と5は結構違いますので、意識して損はしないでしょう。

キングスノーマン
基本チョイス・・・ワイルドスノーマン

コメント
 今環境はAOE2点札が増えていますので、2/2のスノーナイトをチョイスしないほうが無難だと思います。特にビショップの「安息の狂信者」やエルフの「森の戦士」などを出されると憤死します。注意しましょう。

以上です。次は残り5リーダーについて記述します。


初心者向け記事その5←前   次→後編
~初心者向けシリーズ(継続中)~
その1
その2
その3
その4
その5

~中級者向け2Pick個別記事まとめ~
エルフ
ロイヤル
ウィッチ
ドラゴン
ネクロマンサー
ヴァンパイア
ビショップ
ネメシス

ALT環境記事総合リンク

 ←シャドバ以外のつぶやきもあります。ご了承ください。

~本日のお品書き~
1) はじめに
2) フォロワーのスタッツによる強さ
3) 各リーダーごとのケアすべきカード

------------------------------------------------------------
1)はじめに
 本日は環境が変わっても変化する事はないであろうフォロワーの基本および,今季ケアすべきカードについて書きます。


2)フォロワーのスタッツによる強さ
※注意:基本的に、バニラカードという前提で書きます。

①2コスフォロワーの強さ
 当然ではありますが、2/2/2フォロワーが2コス枠では最も強いです。
 次いで強いのは2/2/1カードですが、2/2/2とは大きな隔たりがあります。特に2/2/1カードをネメシスおよびドラゴン相手に出すことは、かなり勇気のいる行為です。なぜなら「操り人形(ジャンクなど)」や「侮蔑の狂信者」に取られてしまうからです。

次に2/1/42/1/3カードが続きます。基本的にこれらのカードは弱いのですので、あまりピックしない方が良いでしょう。
2/1/2カードは、2コスフォロワーの数に含めません。2/2/2カードと相打ち出来ない可能性が高いからです。


【例外的に強いor許容できるフォロワー】
2/2/1・・・ブラックウィッチアンナ、まどろみの白竜など
2/1/4・・・基本該当はなし
2/1/3・・・レディグレイ、リオードなど
2/0/2・・・イビルアルミラージ
2/1/1・・・簒奪の従者
可能なら,2/2/2フォロワーで2コスフォロワーを埋めたい

②3コスフォロワーの強さ
 2Pickでは、【3/2/3スタッツを持つカード=無条件で強い】という法則があります。なぜなら2/2/2カードを上から取れるからです。 また最近では3/3/3カードが登場しています。当然3/2/3カードよりも強いので、優先してPickして良いでしょう。
 また前環境までは3/3/2カードは弱いカードだったのですが、今環境はマシになりました。3/3/3と相打ち可能だからですね。(こんな環境になるなんて思ってなかった・・・。)
2Pickは基本的に【体力】>【攻撃力】

③4、5コスフォロワーの強さ
 4/3/4カードは2コス3点スペルで取られないので、4/3/3カードよりも優秀です。今環境でいうと、「リーアム」や「オケアノス」などが特に優秀ですね。

 5/4/5は前環境よりも少し価値が下がりましたが、それでも高攻撃力および体力スタッツなので優秀です。また5/3/6は、攻撃力4のフォロワーを進化して上から踏んだ時に体力が4残るため優秀です。
 ようは使い分けですね。
※5/4/4以下のスタッツのカードは、効果が強いことが多いです。
地味だけど,優秀なフォロワー達

④6コスト以上のコスト帯
6コスト以上のカードは、基本的に効果が強いかどうかで判断します。
特に強いファンファーレ効果持ちのカードは積極的にピックしたいですね。
強い効果持ちのカードは,積極的にピックしたい

3)各リーダーごとのケアすべきカード ※コストソート
各リーダーから飛んでくるカードの把握は重要です。その中でも特に重要なカードをまとめます。あまりケアしなくてもいいかな・・・と思ったカードは記載しません。
では行きましょう。

◎ニュートラル
2コスト・・・天界の先兵(進化1点)、エフェメラ(3点)、熾天使の剣(2コス以下除去)
3コスト・・・飢餓の輝き(4点)
4コスト・・・ラカム(進化3点)、オケアノス(4点生成)、フィーナ(1点+1コス以下除去)、リリエル(進化2点)
5コスト・・・神罰(確定)、唯我の一刀(確定)、
9コスト・・・プロトバハムート(AOE3点)


①エルフ


 2コス2点(森荒らしの報い)
 2コス3点(アクセララレートセルウィン)
 2コス5点(強者の威風)
 3コス4点(狂気のダークエルフ)
 4コス1点AOE (スーテラ)
 4コス確定(森の囁き)
 Xコス?点(ネルシャ、リコリス、ホーネットソルジャーなど)
 5+?コス 2点AOE×?点(森の戦士 ※特にコルワが出された後は要注意)
 6コス 確定除去(不殺の刻印)
 8コス 確定除去×2(ホーネットクイーン・バビー)
   10コス 特別枠 (エズディア)

 詳しくはこちら


②ロイヤル


 2~4コス 3点スペル (簒奪の邪剣、ワルツ、簒奪の狂信者など)
 2コス  確定除去(俊足の歩法)
 5コス  確定除去(ルシウス)
 7コス 4点(ケンタウロス)
 8コス X点(ドラゴンナイツなどの、強レジェンドカード)
 10コス3×2点(舞い踊る刃・ディオネ)

 詳しくはこちら

③ウィッチ

 2コス 3点スペル 土なし(魔術の一撃など。進化権有でグレア、エレノア。)
 2コス 4点スペル 土あり(グランドスピア)
 3コス 疑似確定(眠りの魔術)
 3~4コス2面処理 (グレア、エレノア、モニカなど)
 5コス 3点+AOE1点(ストームレイジ)

 7コスor8コス 4点(暗黒の召喚士、真実の従者、厄災獣)
 7or8コス   5点(パスカル)

 詳しくはこちら

④ドラゴン


 Xコス    1点系(侮蔑の狂信者、エンハ侮蔑の嘲笑など)
 1コス  2点スペル(ブレイジングブレス)
 1~2コス 3点スペル(侮蔑の炎爪、侮蔑の嘲笑)
 3コス 3~4点(アリーザ)
 5コス 確定除去(テールスイング)
 5コス AOE2点 (エンハンス威圧)
 7コス AOE1点 (氷結のドラゴン、ガルミーユなど)
 8コス 4点    (エンパイアドラグーン・エリオス)

 詳しくはこちら

⑤ネクロマンサー


 2コス2点~4点(消えぬ怨恨)
 2コス3点  (悪意の憑依)
 3コス4点  (フラン)
 3コス確定   (ビックソウルハンター)
 4コス4点  (オルトロス)
 4コス1×3点 (イビルコフィン)
 5コス 確定除去(深淵への誘い、沈黙の粛清)
 9コス 確定AOE(ファフニール)

詳しくはこちら

⑥ヴァンパイア

 1コス 2点スペル(淫姦の口づけ)
 2コス 3点スペル(鋭利な一裂き、アクセラレート邪眼の悪魔)
 3コス AOE1点 (アクセラレート アリオーシュ)
 5コス AOE1点 (激情の悪魔)
 5コス 2+?点  (サロメ)
 7コス AOE2点(エンハンス激情の悪魔)
 8コス AOE2点(アリオーシュ)
 8コス 確定除去(炎蛇の剣士)


 詳しくはこちら

⑦ビショップ


 2コス 3点スペル(漆黒の法典など)
 3コス 4点スペル(プリズムスイング)
 4コス 2点AOE安息の狂信者
 Xコス 進化処理(ロレーナ、アサルトプリースト、ライナなど)
 5コス 確定除去(アクセラレート戦場の審問官)
 7コス 3×2点  (ヘクター)
 8コス 確定除去(テミスの粛清)
 9コス 確定除去(戦場の審問官)

詳しくはこちら

⑧ネメシス


 Xコス 1点(ジャンクなどの操り人形)
 1コス  4点(破壊の愉悦)
 2コス  3点(ロケットナックルなど)
 4コス  4点(異次元からの侵略)
 5コス  5点(ディルク)
 5コス  確定(ロココ)
 6コス  AOE3点(バジリス)
 7コス  3点×?  (ツヴァイ)

 詳しくはこちら

※gamewithによるピックカードまとめは→リンク

初心者向け記事その4←前   次→どっちのチョイスをする? 前編
~初心者向けシリーズ(継続中)~
その1
その2
その3
その4
その5

~中級者向け2Pick個別記事まとめ~
エルフ
ロイヤル
ウィッチ
ドラゴン
ネクロマンサー
ヴァンパイア
ビショップ
ネメシス

ALT環境記事総合リンク

 ←シャドバ以外のつぶやきもあります。ご了承ください。

↑このページのトップヘ