2pick平均4勝を目指すblog

シャドウバースについて詳しく書いていきます

2018年12月

~お品書き~
0章・・・前置き
1章・・・自分語り
2章・・・話を戻す
3章・・・本論 ※前半
4章・・・本論 ※後半


どうも筆者です。本日は雑談ですので,気軽に見ていってください。

さて,皆様は「五等分の花嫁」という漫画をご存知でしょうか?これです↓
a

なんだよただのキモオタかよ

と思われた方,ちょっと待ってください。

確かにこの記事を丸々使って,登場人物の可愛さについて思いっきり記述しても構いません。キモさ全開でこの漫画について語っても構いません

ですがそれはせずに,「人に何かを教える,つまりコーチングにおいて大切な事」について記述します。

なぜこの漫画からそのような話になるのか?ということは,後の文章を読んでもらえればわかるかと思います。

※ネタバレはほぼ無いように書きました。
それでもネタバレが嫌な人は,スクロールをせず,ブラウザバックをお願いしますm(_ _)m




























0)ストーリーの概要
簡単に序盤の展開を解説すると,
・ヒロイン5人は,5つ子である。ただし性格はバラバラ
・全員頭が良くなく,テストでは赤点を取ってばかり。
●そこで頭の良い(頭が固い)主人公が5つ子の家庭教師になり,勉強を教える。

このような感じです。

そしてこの5つ子,勉強に対するやる気が一切ありません。その5人に対して,なんとか勉強をさせようと,主人公が奔走するお話です。

家庭教師が主人公の作品は珍しいかもしれませんが,王道ラブコメ作品として捉えている人も多いのではないでしょうか?

ですが私は他の漫画とは異なる部分を感じました。そして主人公と過去の自分を重ね合わせて読み進めました。(※過去に美少女5人に教えていた,ということではありません。ご注意を。)

そして自分に足りない部分を再確認し,かなりのダメージを受けました
SNS疲れのイラスト(男性)
ラブコメ漫画を読んで,精神的ダメージを受けました

1)少し自分語りをします
自分語りになりますが,聞いてください。

私は教員免許を保持しています。つまり公に先生をする資格があるということです。
その気になれば今からでも講師登録を行い,教壇に立つこともできます。

しかし結局その道には進まない人生を選びました。別の人生を歩むことにしました。


そのきっかけは「教育実習」です。

それまで私は大学でたくさん勉強をしました。たくさんの本を読み,多少サボりながらも,単位を落とさず講義を受けました。当然教育実習前は不安でしたが,それでも「なんとかなるだろう」と思っていました。

ですが無理でした

生徒(中学に行きました)は私に心を開いてくれませんでした。授業自体はなんとかこなしており,生徒からの評価も悪くなかったです。ですが心を通わせられたという実感を一切持てずに,実習を終えました。

当初は「私の授業がつまらなかったからだろうか」とか,「生徒の心が読めない・・・どうやって絡めば良いんだろうか」などと悩んでいました。


ですが今なら理由がわかります。それは「自分が心を閉ざしていたから」と,「真の意味で他者を理解しようとしていなかったから」です。
コミュニケーションが苦手な人のイラスト(会社)
コミュニケーションが取れないときほど,辛いものはない

2)話を漫画に戻しましょう
五等分の花嫁に話を戻します。

授業を教える対象のヒロインたちは,主人公の話をはじめは一切聞く気がありません。しかし次第に主人公に心を開いていきます

その過程で「私とこの主人公は,当時の私とまるで違う」と感じました。
主人公の性格をあえて悪く書くとすれば,「口調があまりよろしくない」「デリカシーがない」「鈍感」とも捉えられます。ヒロインを傷つけるようなセリフも吐きますし,下手をすれば信用を失いかねないような行動もします。

ですがそれ以上に「自分が嫌われたとしても,自分の意見を相手にきちんと伝える」「謝罪が必要なら後からでも謝る」「相手が本当に必要なときに,自然と寄り添うことができる」「決して諦めない」人物です。


当時の私は真逆でした。「相手に嫌われたくないから,相手の意見を尊重したんだと思い込むよう意識し,自分の意見を引っ込める」「悪いことをしたとしても,そこまで相手が怒っていないなら謝罪せずスルーする」「相手が本当に苦しいときでも,誰かが手伝うだろうと思ってスルーをする」「諦めが早い」人物でした。
(※ちなみにですが,その当時の自分を今は受け入れています。今でも多少この側面を持っています。)
崖から落ちそうな人を助ける人のイラスト
相手が本当に困っている時,自然に手を差し伸べることができるだろうか?

3)本題 ※前半です
そろそろ私の自分語りに飽きてこられた方もおられると思うので,本題に移ります。


コーチング(授業)」は当然先生生徒が居ます。その間で情報のやり取りを行い,生徒の成績を伸ばすことが,先生の責務です。お金が発生しているなら,余計に手を抜くことは許されません。当然内容を理解するために勉強しなければなりませんし,必要なら「コーチングテクニック」等を特別に学ぶかもしれません。

ですがそれ以上に,絶対に意識しなければならないことがあります。それは【「先生」と「生徒」は同じ人間である】ことです。

●先生と生徒は同じ人間である
①お互いに理解しようと務めなければ,良いコーチングはできない
世の中には「ただ教科書を読み,相手が物事を覚えてくれればそれで良い」と思っている先生も少なくないでしょう。
当時の私のように,「生徒の事をしっかり理解しようとせず,心を閉ざしながら教える」人も少なくありません。
皆様の周りにも,そのような人はおられませんでしたか?

そしてそのような先生に対して,どのような印象を持っていたでしょうか?

これは私の勝手な予想なのですが,「心を開こうと思わなかった」のではないでしょうか。

だってそうでしょう?【自分の事情をガン無視して物事を教えてくる人】を好きになりますか?
そのように押し付けがましくなくても,【消極的で生徒を怖がって,心を開こうとしない】先生を好きになりますか?

嫌いになるかどうかは別として,少なくとも私は,そのような先生の事を「真の意味で好きにはなれない」と思います。


逆に多少鬱陶しくても,「自分がしんどいときに,自然と寄り添ってくれる」人や「言葉が多少汚くても,私のためを思ってはっきりと,しかし冷静に物申す」人が,私は好きです。そのような人物には心を開いて,人生相談等に乗って欲しいなと思います。

少なくとも「こちらを理解しようとしてくれる先生」を嫌いになることは,無いと思います。どのような性格の人であれ,このような考えから外れる人は少ないとも思っています。


当時の私には,これが足りませんでした。同じ人間として,対等に話す姿勢が欠けていました。

この姿勢を持たなければ,生徒と先生の間で,理解は進まなくなるでしょう。

叱られる部下のイラスト(女性・へらへら笑う)
叱っていても,思いやりがあれば信頼が生まれる

②自分も相手も大切にすることは,コーチングにおいて何よりも大切
幼い頃「困っていたら手伝って上げなきゃだめ」だとか,「相手にいつでも親切にして,あの子はいい子だな」という言葉を,誰しも一度は耳にしませんでしたか?

そしてその言葉に従っているうちに段々とその考えが歪み,「相手のために常に尽くさないといけない」と思い込んではいないでしょうか?

それが悪いとも間違っているとも言いません。ですがその考えのもとに「コーチング」を進めていると,誤った方向に進みかねません


例えば相手の考えを尊重しすぎてしまうあまりに「自分の意見を引っ込め」たり,逆に自分の意見に従えばうまくいくと思い込み「無理やり相手に意見を教え込もう」としたりする可能性があります。

これらは相手の事を思いやっているのではありません。ある種の【対話拒否】です。

私はどちらかといえば,自分の意見を引っ込めることが多かったです。つまり「消極的な対話拒否をする先生」だったと言えます。


お互いに衝突を避けながら,それでも自分と相手の意見を行き来させる。これはかなり難しことですが,意識せねばなりません。
キャッチボールのイラスト「友達」
上手にキャッチボールできてますか?

4)本題 ※後半です
3)では,コーチングに置いて必要なことについて書きました。では実際どのようにすれば良いのでしょうか?
まとめていきます。

Step0 生徒の先を行く人物になろうと努力する
まずは生徒よりたくさんの知識や技術を様々な場所から吸収し,それをより高度なものに昇華させてください。そうでなければ「この先生,私より能力が無い」と判断されてしまい,うまくコミュニケーションが取れません。
先生は「先に生まれた」人では無く,「先を生きる」人でなければなりません。ぜひとも意識してください。

※自分をうまく休ませることも,努力の一部です。そこはお忘れの無きようお願いします。
リーダーのイラスト(男性)
「この人に付いていこう」と自然に思ってもらうことが大事

Step1 自分の性格を客観的に把握し,受け入れる
相互理解を行うためには,コミュニケーションを取る必要があります。

ですがその前に,自分がどのような人物であるのか,客観的に把握する必要があります。自分を知らなければ,他者との衝突を避けながら本心を伝えることは無理だからです。
「性格診断テスト」を受けてみたり,「他の人から自分の性格を教えて」もらったりすると,自己理解が進みます。


ここで注意点があります。「自分の性格を把握しても,否定せずに受け入れる」ことです。

例えば「自分は引っ込み思案で,他者の意見に流されやすい側面が強い」としましょう。これに対して「だめなやつだな・・・」と思うと,自己肯定感(自分に価値があると認識すること)が下がり,自信が失われます。これではコーチングに迷いが生じます。

否定するのではなく,「ああ,自分はこういった側面があるんだな。でもこれ悪くは無いよな。ただただこういう性格なだけだな」と思ってください。

実際この考えに至るには,想像以上に労力を必要とします。ですが非常に大切なことです。ぜひとも実践してみてください。
■
自分の中にどのような人がいるのかを把握し,ただ眺めてみる

Step2 教える生徒の事を理解しようとし続ける
生徒の事を「理解する」ではなく,「理解しようとし続ける」ことは,コーチングにとって非常に大切です。

人は単純なようにみえて,むしろ矛盾の塊のような生き物です。

「他人と話すときにはすごく引っ込み思案」のように見えて,「ゲームになるとすごく熱くなる」人物も居ます。
「率先して皆の先頭に立って指揮を取ることが好き」なように見えて,「寂しがりやで,誰かに支えて欲しいと思っている」人物も居ます。

加えて人の思考や性格は,周囲の環境や時間などによって変化し続けます。「単一的にその人物の性格を決めつけること」は危険です。遅かれ早かれ,コーチングに悪影響が出ます。

なので先生は「この人の性格はこんな感じだけど,明日には変わってしまうかもしれない。」「そもそも他人のことを完全に理解はできないけど,理解するよう努力しよう」という意識を常に持って,生徒と関わってください。

ベテランになればなるほど,一つの考えに固執してしまいます。「明日のあの子は,今日とは違うあの子」だという意識を持てば,多少理解が進むのではないでしょうか?
ハローワークのイラスト「係員と面談」
常に相手を理解する姿勢を忘れずに,相手と向き合うことが大事です

Step3 「自分はこう思っている」という意見の伝え方をする
さて,相互理解を進めた後(もしくは理解を進めながら),物事を教えて行きます。

その中で「え,先生はこう言うけど,私はこうだと思うんだよ」と生徒が反論することがあります。(※これ自体はかなり良い事です。お間違えの無きよう。)

この反論に対して「いやだからこうなんだって,覚えてよ(攻撃的な反論)」や「うーん,その考えもありかもなあ(消極的な受け入れ)」のような返答だけで済ます人が居ます。これでは足りません。

例えば「どうしてそう思ったの?」といった質問をして,生徒が何を考えているのか引き出す必要があります。自分の意見を全く話さない生徒に対しては,こちらから質問を行うことも大切ですね。


しかし生徒の意見を引き出し,その考えを丁寧にほどいても,それでも生徒側が納得しないことがよくあります。それは生徒の中に「確固たる考えや概念」が染み付いているからです。

人は自分の信じている考えと違う意見が現れた時,そう簡単に受け入れることができない生き物なのです。(※当然私も例外ではありません。)

このような時は,【あなた(生徒)は〇〇と思っている。でも私は✕✕という意見を持っているよ。納得できなくてもいいけど,こういう考えもあるって覚えておいてね」とします。
このようにすれば,衝突を避けながら,自分の意見を通しやすいです。

これは普段のコミュニケーションでもそうです。コミュニケーション(およびコーチング)は,互いに意見を投げ合う行為です。「無理やり理解させる」ために行うわけではありません

当然「理解してもらおうと最大限努力する」ことは大切ですが,「その場では理解してもらえない」可能性もあることを覚えて置いてください。そうしなければ,ただただ互いの不信感が募るだけです。
男性の先生に相談をしている男子生徒のイラスト
自分も相手も尊重するコミュニケーションは,難しいけれども大切

Step4 生徒の良いところと悪いところを把握し,両方共伝える
注意してばかりの先生」というものは,どの学校にも必ず一人はいるものです。そのような先生は,得てして良い印象を持たれません。
逆に「褒めてばかりの先生」も,八方美人として捉えられかねず,これまた良い印象を持たれません。

これは普段のコミュニケーションでもそうです。両方バランス良くしないと,相手はこちらの意見をしっかり聞いてくれないでしょう。

私はどちらかと言うと「褒める」ことが多いので,普段から「でもね,〇〇は直しても良いかもね」という事を適所に挿入しようと意識しています。

バランスよく,が基本ですね。
頭の中の天使と悪魔のイラスト(女性)
褒めることと指摘すること これはどちらも大切です

以上となります。

4)終わりに
むちゃくちゃ長文になってしまいました。他にも色々言いたいのですが,これ以上言うとカオスになるので,ここまでにしたいと思います。
ちなみに偉そうに語っていますが,私は上に載せたことを完璧に実践できていません。努力はしてるんですが,中々うまくいかないですね。(´・ω・`)


また冒頭で私は「教師になる道」を諦めたと言いましたが,実は「人に教えること」は続けております。文章研究会と2Pick,2つの窓で,ぷち講義を行っています。このブログも,広義的に教えていると言えそうです。

面白いですよね。私の中には「職業として教えることは無理だ」と認識していても,「それでも教えることは続けたい」という相反する考えが共存しています。

ですがこれが人間の本質だと思います。誰しも「現実的に考える自分」と「理想を諦められない自分」が混在し,その矛盾に苦しみながら,それでも毎日生きています。


これを最後まで読んで頂きました皆さんはどうでしょうか?自分の中に矛盾する考えはありますでしょうか?「現実的な考えをする自分」を優先させるあまり,「理想を求める自分」をないがしろにしていませんか?

その矛盾は【共存】させることが重要です。ぜひとも自分を大切にしてください。同時に他者も大切にしてください。


そして「コーチング」業に携わっている方,無理をしない範囲で頑張ってください。教師は常に迷いや悩みを抱えるものです。知らず知らずのうちに追い込まれていることも少なくありません。

相手も自分も大切に。それが一番大事だと私は思います。


それではこのへんで。次はいつものPick記事に戻ります。

PS.五等分の7巻まで読みました。一花が最強だよなあ?

ALT環境2Pick所感←前の記事 次の記事→2Pick ウィッチ編



ALT環境記事総合リンク

 ←シャドバ以外のつぶやきもあります。ご了承ください。

本記事はALT環境2Pickを触ってみた所感を記述したものです。環境2日目時点での感想なので、今後順位変動が起こる可能性があります。あらかじめご了承下さい。

1)今環境の大きな特徴 箇条書き
・前環境と異なり、シルバー&レジェンドの提示数が増え、N枠が減った(詳しくはリンク
→それにより、シルバーとレジェンド枠に強カードを持っているリーダーが強くなった。

・前環境までと違い、「このカードさえなければ勝てる」といった行動をすると、裏目が非常に大きい。「どのリーダーからも強レジェンドカードが飛び出てくる」ことを念頭において攻めるべし。

・1点AOEカードおよび2点AOEカードが増えたため、小型横並べ戦法が通用しにくくなった。ただし3点AOEカードはいまだに少ないため、暗黒の召還士のような、中型~大型横並べカードがめちゃくちゃ強くなった

・ブロンズに3点スペルカードを持ったリーダーがかなり増えたので、体力4点以上を意識すべし。逆にtierが高いリーダーは確定除去をあまり持っていないので、体力5点のカードを連打すれば、少し有利に戦えるはず。


2)現時点でのtierについて

tier1・・・ウィッチ
~~~~~~~~~~超えられない壁~~~~~~~~~~
tier2・・・ビショップ、エルフ
tier3・・・ドラゴン、ロイヤル、ネメシス
(※tier2と3は、今後かなりの変動が予想されます。)
~~~~~~~~~~超えられない壁~~~~~~~~~~
tier4・・・ネクロ
tier5・・・ヴァンプ


3)各リーダーの雑記
●全体として
「いつの間にオールスター2Pickになったんだ・・・?」と感じるくらい、前環境からパワーが上がりました。特にレジェンドカード6枠が凶悪で、どのクラスからも構築レベルの上振れが襲い掛かってきます。
ただしどのリーダーもそのような行動が取れるようになっているので、「高い水準でバランスが取れている」とも言えます。少なくとも筆者は前環境よりも好きな環境ですね。(※ウィッチはナーフしてどうぞ)
またN枠が減った関係で、神罰等の確定除去カードをPickしにくくなりました。よって「確定除去を持たないクラスは若干不利になったかな・・・」と感じています。


●tier1クラス ウィッチ
ウィッチは圧倒的1位にのし上がりました。これはナーフが無い限り、変動することはないと考えられます。
諸悪の根源はシルバー枠の増加です。「暗黒の召還士」はもちろんのこと、「パスカル」が獣すぎてやばいです。5点突進がぽんぽん飛んできます。その他のシルバー枠もゴミ率が低く、どのカードをPickしても強いという状況です。
またブロンズ枠の3点スペル「魔術の一撃」がすごく強い。生成する土カードも有効利用できます。
そして当然レジェンド枠も便利なカードが増えています。特に「エレノア」がめちゃくちゃ強いです。進化時効果はもちろんのこと、なぜファンファーレでスペブするのかコレガワカラナイ。
そして極め付けが、2Pickにもかかわらず、スペルブーストとマナリアカードが回ります。真実の狂信者が3コスまで下がることも珍しくありませんし、ミラも2コスくらいまでなら平気で下がります。

一方で弱点もあります。進化ターンまでに強いカードが少ないため、ロイヤル等が行える1コス始動展開についていけないことが結構あります。またカードプールに確定除去がないので、体力6点以上に弱いです。プロバハや新ファフニール等で詰むことも多いですね。

以上を意識すれば、多少戦えるのではないでしょうか。(勝てるとは言っていない)


●tier2クラス ビショップ エルフ
tier2およびtier3クラスは今後変動する可能性が高いですが、私は今回ビショップとエルフをtier2に選びました。それぞれ語ります。

ビショップ
クラス「いにしえの聖域(バロン2体出すやつ)」と言ってもいいくらい、このカードが強いです。そもそも今環境はランダム確定除去が少ないため、進化したバロンを下から(相打ちで)取らないとダメな場面が多いです。しかもこのカードブロンズなので、連打されることがめちゃくちゃ多いです。5と6で連打されると、8と9でまたバロンが出てきます。頭丘ピーポー。
しかもシルバー枠の増加により、聖獅子カードのPick確率が増えました。結構な速度で獅子が完成します。
またブロンズ枠に漆黒の法典、シルバー枠に「プリズムスイング」と確定除去カードがあるので、どのレンジの体力でも平気で刈り取ってきます
極めつけの「新ヘクター」で、もうこっちのボードはぼろぼろですよ。

ただし進化権が無いと多面処理がし辛いカードプールなので、対面した場合は早めに進化を使わせ、できるだけ横に広げましょう。そうすれば、多少戦えると思います。バロン連打はあきらめろ


エルフ
フェアリー展開はあまり強く無くなりましたが、豊富なドローソースによる手札補充が強いです。また「2コストが優秀」「森の戦士のAOE2点が結構起動する」「凶器のダークエルフが単純に強い」などの強みがあります。
そしてレジェンド枠が広がったことにより、「エズディア」等のえげつないカードを高確率で引くことができるようになりました。N枠の「進化の導き手・レイナ」との相性も良いですね。

ただしAOEには弱いので、展開する際には注意が必要です。また相変わらずプレイングが難しいです。使いたいのであれば、練習しないとダメですね。


以下簡単に記述します。

●tier3クラス ドラゴン ネメシス ロイヤル
ドラゴン
今期1点AOEが大量に追加されました。特に「侮蔑の嘲笑」が3点スペルとしても使えるため、とても優秀ですね。また「忌まわしき紫竜」という強烈なドローカードが追加されたので、リソースにも困りません。確定除去スペルの「テールスイング」もいいですね。

ただし今期使用可能なカードの中に、「パスカル」のようなチート級のカードが少ないです。よって上ぶれてもそこそこという状況になりやすいので、この位置にしました。


ネメシス
前環境のカードが落ちて弱くなるだろうなと思いましたが、カードプールが狭くなったことにより、安定してデッキを組むことができるようになりました。あいかわらず「オートメーション」が強いですね。
ただしドラゴンと同じく上ぶれの上限が低いので、この位置に入れました。


ロイヤル
新カードが思ったより悪くないのですが、便利止まりだなあという印象です。ディスカードでいらないカードを捨て、デッキを回転させましょう。ちなみに「俊足の歩法」はまあまあ強かったです。「前線の城壁」と組み合わせれば,すごく強いですね。また暗殺術が落ちたので、4点以上にまあまあ弱くなりましたね。ルシウスは優先気味でもよさそうです。
レジェンド枠は相変わらず強烈なカードが多いので、ワンチャンあるかな~と思っています。


●tier4と5のクラス ネクロマンサー ヴァンパイア
ネクロマンサー
かなりきついと感じました。というのもこのリーダー,前環境最強カードだった「邪魂の流出」でさえパワー不足感があるからです。また「オルトロス」や「フラン」を大量にPickしたとしても,他リーダーは平気で返してきます。特にオルトロスは2コス3点スペルで返されることが多いですし,フランに至っては場に残るスタッツが貧弱です。
「ファフニール」「レイヴン」「ゼベット」等は狂った性能をしているので,これらのカードをツモれる自信があるなら,使っても良いのではないでしょうか?


ヴァンパイア
手札バフは悪くないのですが,「それだけか?」感が否めません。そもそも2Pickの本質は体力スタッツです。それがバフされないとあまり意味がありません。「サロメ」が4枚取れて初めて対等に戦えそうです。AOEカードは強いんですけどね・・・


以上になります。冒頭でも言ったとおり,今後順位変動がある可能性が高いです。また個別に記事を上げますね。
それではこのへんで失礼しますm(_ _)m

2Pick基礎データ←前の記事 次の記事→コーチングの難しさについて


ALT環境記事総合リンク

 ←シャドバ以外のつぶやきもあります。ご了承ください。

次元歪曲記事のリンクまとめです。

~基礎データ~
次元歪曲環境 2Pickのカードを分類して,グラフ化したもの

環境2日目で感じたこと

各クラスから出る打点 前編
各クラスから出る打点 後編

リーサル回避カードまとめ 前編
リーサル回避カードまとめ 後編

2Pick全カード点数表 ←オススメ

どっちのチョイスをする? 前編
どっちのチョイスをする? 後編

アディショナル追加後の環境について

~個別記事(おすすめ)
エルフ
ロイヤル
ウィッチ
ドラゴン
ネクロマンサー
ヴァンパイア
ビショップ
ネメシス
ニュートラルカードの優先度など

~初心者向け記事~
その1
その2
その3
その4
その5

~プレイ日記~
ウィッチvsドラゴン



~雑談~
コーチングで大切だけど,難しいこと

2Pickで出されると辛いカードランキング

ミッション用格安デッキについて 前編 
ミッション用格安デッキについて 後編 

モニカナーフについての声明文

来季落ちるカードのまとめ

~その他~
OOT記事総合リンクはこちら


※次元歪曲(ALT)環境最初の記事は、データ分析です。※数値分析のみなので注意
※データのみの記事です。考察記事は,しばらく触ってから上げますね(`・ω・´)ゞ


1)今期の各クラスの特徴(数値データのみ)
前置きは省略しまして、新環境のクラス特徴をデータで見ていきましょう。ただし、注意点が幾つかございます。見ていただきますよう、よろしくお願いします。

①注意点
●本章では、ALT環境におけるカードを特徴ごとに分類し,数値化したものをグラフ処理したものをまとめている。
定量的な(数値のみに注目した)考察のみ今回は行う。定性的な分析は,後日行うのでご安心を。
●グラフの平均値は、Nカードを除いた8リーダーで行っている。
●基本縦軸は10枚を上限としているが、一部グラフのみ縦軸を15枚にしている。
●分類基準は,以下の7つに設定した。
---------------------------------------
Ⅰ)2コスフォロワー(特殊な効果を持っていない限り,【2/2/2】【2/2/1】【2/1/4】をカウント)
Ⅱ)ドローソース(1枚以上引けるカード)
Ⅲ)処理スペル(絡みつく鎖など)
Ⅳ)進化無し盤面干渉カード(突進や疾走,ファンファーレダメージ系)
Ⅴ)進化効果持ちカード(イカロスや歴史を知るものなど,進化で効果を発揮するカード)
Ⅵ)AOEカード(激情の悪魔など)
Ⅶ)横展開カード(一枚で2枚以上展開できるカード)
---------------------------------------

②各クラスの特徴グラフ
Ⅰ)2コスフォロワーの数
a
※クリック推奨

Ⅱ)ドローソース
b
※クリック推奨
※1枚引ければ,この枠に入れています

Ⅲ)処理スペルの数
c
※クリック推奨

Ⅳ)進化なし盤面干渉カード
d
※クリック推奨

Ⅴ)進化効果持ちカード
a
※クリック推奨

※ソフィアのみ弾きました。うまく使えたためしがなかったことが理由です^q^。
※ラカムなど、攻撃時に強い効果を発揮するカードも含みました。

Ⅵ)AOEカード
a
※クリック推奨

Ⅶ)横展開カード
g
※クリック推奨

※1枚で複数体展開できるカードです。「麗しのサキュバス」など。「フェアリーウィスパラー」などの、トークンフォロワー生成カードも含みます。


●まとめた表
・・・突出して有利
・・・かなり有利
・・・有利or標準
△・・・若干不利
・・・不利
・・・相当不利

a
※クリック推奨

以上です。

速報記事←前の記事 次→環境2日目時点での所感


ALT環境記事総合リンク


OOT記事総合リンクはこちら



※12/27日現在の記事です。

おはようございます。速報です。2Pickカード提示比率が変化しました。このようになります↓

ブロンズ     ・・・12枚で変動なし
シルバー     ・・・6枚  →8枚
レジェゴールド  ・・・4枚  →6枚
N(ニュートラル) ・・・8枚  →4枚

つまりN枠が4枠減り,余ったぶんレジェンド枠とシルバー枠が増えました。一言言っていいでしょうか?

先にお知らせしとけ!

以上です。

※追伸
15,16枚目のレジェンドカードは,クラスレジェンド&ゴールドのみという情報が入ってきました。

eSportsについての社説←前の記事 次の記事→次元歪曲 基礎データ

↑このページのトップヘ