こんにちは,筆者です。

 本日はALT環境の2Pick個別記事ウィッチ編です。
 前環境まで2Pickで強いカードばかりでしたが、新カードは弱いカードが多いです。私の中で,現在第5位です。(※4位の可能性もあり。)
 ではクラス特徴を見ていきましょう。

1)忙しい人の為のPickウィッチまとめ
 長文を読むのがしんどい人は,ここだけでも見ていってもらえると幸いです。

強い点
BOS環境のカードが、単純なパワー
進化権が大量に使える
進化2面処理札が豊富
④今季マナリアカードが、かなり機能する
⑤土を使ったギミックが強力
モニカという、1枚でゲームを終わらせるカードが存在する


弱い点
2コストフォロワーがかなり弱い
5,8コストタワーになりがち
AOEカードが、クラスに1枚しか無い
先攻4ターン目に置けるカードがかなり少ない
ドローカードの癖が強い

~総評~
 前環境までのカードが激烈に強いのですが、今季のカードがあまり強くないので、中位リーダーかなという印象です。

 ブロンズ枠は「ゴーレムの暴走」や「魔術の一撃」等の処理札、「オーウェン」や「運命の導き」等のドローカードが強いです。この枠はどちらかというと、補助的なカードが多いでしょうか。

 シルバー枠「才能の開花」「パスカル」「暗黒の召喚士」などのカードが強力です。この枠から攻め札が取れる部分は非常に良いですね。(※召喚士は結構弱体化しました。今でも十分に強力ですが。)

 レジェンド枠最凶カードである「モニカ」を筆頭として、「テトラ」や「パスカル」などの進化2面処理カードが豊富です。また今季はブロンズシルバーにマナリアカードが追加されたため、「アン」と「ミラ」がかなり機能します。初手レジェンド枠では、かなり価値が高いですね。

 また全体として【進化権回復】【進化2面処理】が強力です。進化権をふんだんに使い、相手にどんどん圧力をかけていきましょう。


 当然弱点もあります。
 まず2/2/2カードがめちゃくちゃ少ないため、序盤テンポを取られやすいです。
 そして暗黒の召喚士がナーフされたため、明確なフィニッシャーカードが1枚減りました。前環境ほどイージーウィンはできないと思ったほうが良いです。
 また8コスト帯のカードがかなり増えた反面、強い6~7コストのカードがかなり少ないです。フィニッシャーである召喚士を出す前に、強い盤面を作られている時も多いですね。
 「マナリア」カードや「スペルブースト」カードはブン回ればかなり強いのですが、コストが下げられないとめちゃくちゃ弱いです。注意しましょう。


 とにかく強いカードを使えるまで耐久し、中盤から徐々に攻めるようにしましょう。

マナカーブ等の情報についてはこちら→リンク


2)Pickウィッチで強いカードまとめ
攻めのカード=フィニッシャーや、それに準ずるカード
守りのカード=主に盤面を取ることに長けているカード
リソース回復=ドローやサーチなどに関連するカード

a

b

c

d

~総評~
個人的に特に強いと思うカードは,
ブロンズ・・・「マナリッチボーイ・シラシティ」「真実の従者」「ゴーレムの暴走
シルバー・・・「暗黒の召喚士」「才能の開花」「パスカル」「新アンナ
レジェンド・・・「モニカ」「ミラ」「アン」「アルルメイヤ」etc
 です。

3)デッキをどのように組むべきか?
①まずは恒例 BOS系カードを優先すべし
 いつもの如く、「才能の開花」および「暗黒の召喚士」などのBOSカードは取っておきましょう。「パスカル」も当然優先度が高いです。
 ちなみにナーフされた「暗黒の召喚士」ですが、見た目以上に弱体化しました。優先度は当然高いですが、個人的にはパスカルのほうが強いかな~と現在思っています。

②2コスフォロワーのカードが弱め 意識して損はなし
 今季ウィッチに2/2/2カードが「ゴーレムの錬成」及び「真実の信者」しか存在しません。その他は2/1や3/1などのカードなため、「人形系」カードや「スーテラ」などにすこぶる弱いです。
 よってゴーレムの錬成は、比較的優先しましょう。(※真実の使徒は、そこまで優先しなくても良いです。)
③先攻4カード及び6、7コストのカードが少ない 反面5と8のカードが多い
 これは意識しておいてレベルです。
 今季のウィッチは先攻4と6、7のカードが非常に少ないです(※後攻4のカードは多い)。反面5コスと8コスのカードが多いです。
 迷ったら5、8を避けるPickや、「真実の従者」などを優先するPickを意識したほうが良いですね。
これらは強めです。

④マナリアシナジーを意識するPickを
 今環境は「シラシティ」と「新アンナ」が追加されたため、マナリア系カードが多めに提示されます。よって「アン」と「ミラ」の価値が上昇しています。

 優先気味に取っても良いでしょう。

⑤進化2面処理は多いが、反面AOEカードがめちゃくちゃ少ない
 ウィッチは「モニカ」を筆頭に、「テトラ」や「カリオストロ」などの進化2面取りカードが多いです。反面AOEカードが「厄災獣」しか存在しないため、3面以上の展開には弱いです。
 特に細かいフォロワーが出やすい【エルフ】【ヴァンプ】対面では、2パスなどをしないように立ち回りましょう。
特にモニカは優先度が高いですね

⑥土カードのバランスを大切に
 今季土生成カードとして「マジックソードガール」が追加されました。正直このカードはそこそこレベルのカードなので、2枚が上限かなと思っています。
 消費カードとしては「ゴーレムの暴走」が追加されました。こちらは土があっても無くても強いですね。ですが5コスな部分がちょっとネックかなと。
 結局のところ、デッキを見て判断するのが一番良いです。「土消費>土生成」になるように調整しましょう。 
⑦今季確定除去はそこそこレベル
 前環境までウィッチは確定除去カードが少ない部分が弱点でしたが、今季は小型横並べ環境なので、そこまで優先して取らなくても良いと思っています。
 また「シラシティ」が生成するトークンが進化で必殺を持つため、大型カードに対する対抗策が欲しい場合は、進化権回復とともに取っておけば問題ないと思います。

4)まとめ
 思った以上に暗黒のナーフが大きく、結構な弱体化を食らったウィッチ。しかし相変わらずブン回った時のパワーが半端ではないため、使わないリーダーに含めるべきではないと私は考えます。
 全体のパランスを見つつ、フィニッシャーまで繋げるようにできれば良いですね。
 それではこのへんで失礼いたします。

ヴァンパイア←前の記事 次の記事→ローテロイヤル構築記事 その1

~本シリーズの記事まとめ~
 ←シャドバ以外のつぶやきもあります。ご了承ください。
スポンサードリンク