こんにちは,筆者です。

 本日はALT環境の2Pick個別記事ヴァンパイア編です。
 前環境まで2Pickで弱いカードばかりでしたが、今環境強いカードを大量に手に入れました。私の中で,現在第4位です。
 ではクラス特徴を見ていきましょう。

1)忙しい人の為のPickヴァンパイアまとめ
 長文を読むのがしんどい人は,ここだけでも見ていってもらえると幸いです。

強い点
①テンポロスが少ないドローカードが豊富
横展開系カードが豊富
復讐状態で強烈な効果を持つカードが存在する
回復系カードが豊富
⑤疾走を含む、バーンダメージカードが豊富


弱い点
明確なフィニッシャーかなり少ない
②自傷カードが多いため、体力が勝手に減っていく
③横並べで攻めるため、AOEを連打されるとかなりキツイ


~総評~
 今環境良いカードを大量に手に入れましたが、前環境までのカードが足を引っ張っているため、おそらく中位リーダーかなと判断しています。


 ブロンズ枠横展開の「麗しのサキュバス」や、直接ダメージの「インプランサー」などが強力です。新カードの「リベルテ」や「アーマードバッド」もかなり使いやすいですね。この枠からはどちらかと言うと【攻め札】を取ることを意識すると良いと思います。

 シルバー枠は「盟約の魔神」などのドローや、「サロメ」などの盤面干渉カードが強力です。この枠は、補助的な役割を持つカードが多いですね。

 レジェンド枠は「新メデューサ」や「トリル」などが特に強い。おそらくこの枠からは、中盤強く動くことができるカードを優先すべきかなと。

 また全体として【直接ダメージ】と【横展開】カードが豊富なため、アグロ気味に攻めると勝率が良くなると考えています。相手に行動をさせる前にライフを削りきりましょう。(※復讐状態になると強烈な効果を発揮するカードが多いため、多少自分のライフを犠牲にしても問題ない場合が多いです。)


 当然弱点もあります。
 まず他のクラスと異なり、「このカードさえあれば勝てる」レベルのフィニッシャーが存在しません。また自傷カードが多すぎるため、気をつけてPickを進めないといつの間にかライフが無くなっている場合もあります。そして進化2面処理が弱いため、序盤~中盤後手に回ると勝率が下がるはずです。


 とにかく序盤から攻めることを考えましょう。それらのカードを掘るためのドローカードも忘れないように・・・。

マナカーブ等の情報についてはこちら→リンク


2)Pickヴァンパイアで強いカードまとめ
攻めのカード=フィニッシャーや、それに準ずるカード
守りのカード=主に盤面を取ることに長けているカード
リソース回復=ドローやサーチなどに関連するカード

a

a

b

d

~総評~
個人的に特に強いと思うカードは,
ブロンズ・・・「アーマードバッド」「ヴェノムバイト」「インプランサー」etc
シルバー・・・「盟約の魔神」「サロメ」「獄炎のデーモン」etc
レジェンド・・・「新メデューサ」「トリル」「破滅のサキュバス」etc
 です。
 
 意識としては「序盤~中盤」で強いカードを優先すれば良いと思います。


3)デッキをどのように組むべきか?
ブロンズ=攻め札、シルバー=ドローレジェンド枠=調整を意識
 これはかなり大雑把な話ですので、ぼんやりと「そうなんだ~」と思って頂ければ大丈夫です。

 ヴァンパイアのブロンズには、「インプランサー」や「鋭利な一裂き」などの直接ダメージ、「麗しのサキュバス」や「アーマードバット」などの横展開カードなどが豊富です。つまり攻め寄りのカードが多いため、この枠でこれらを多めに取りましょう。

 シルバーは「盟約の魔神」および「双石の悪魔」などのドローカードが特に強力です。比較的優先して良いですね。(※サロメなども強いので、デッキを見て判断すべし。)

 レジェンド枠は、自分のPick状況から、作りたいデッキに沿ったカードを取りましょう。
 復讐効果持ちカードが多いのであれば「ライカンゼンベルク」、ドローが足りないのであれば「姦淫の使徒」、後半強いカードが欲しいなら「破滅のサキュバス」などを取りましょう。
 迷ったら常時強い新メデューサ」や「トリル」などを取ればいいですね。

②2、3コストカードは優先、4コストカードの取りすぎは✖
 ヴァンパイアは前半から攻めるデッキ作成が必要があるのですが、意外と2,3コスカード(特にフォロワー)が少ないです。逆に4コスカードは優秀なカードが多いため、気づいたら「あれ、4タワーになってる・・・」という現象が頻発します。
 迷ったら4コストカードを避け、2,3コスカードを優先しましょう。(※弱い2、3コスカードは避けても大丈夫です。)
特に強い3コスフォロワーは貴重です

③直接ダメージ&横展開系カードは、ヴァンパイアの生命線
 ヴァンパイアは明確なリーサル手段が乏しいため、序盤~中盤にかけて少しずつ削る必要があります。よって「インプランサー」「ダークジェネラル」「リベルテ」などの直接ダメージ、「アーマードバット」や「炎蛇の剣士」などの横展開系カードは優先しましょう。
 それらの補助として、「フルフル」「ピユラ」「獄炎のデーモン」などのハンドバフカードも便利ですね。




④進化2面取りカードが少ない 意識して損はなし
 これは意識して下さいレベルの話です。
 ヴァンパイアはウィッチように、中盤進化権を使って2面以上の処理をするカードが非常に少ないです。ですが「ナルメア」や「邪眼の悪魔」は、そこまで欲しいカードでも無いと私は判断しています。
 つまり自分から場を展開し、【お前が処理してこいやあ!】といった心持ちで対戦を進めることが重要です。相手に盤面を明け渡すことなく、常に自分の場に展開し続けましょう

これらは強いが、そこまで優先するほどでも無いと判断しています

⑤回復カードと自傷カードのバランスを大切に
 ヴァンパイアは、復讐時に強い効果を発揮するカードを多く所持しています。特に「ダークジェネラル」や「ミルナード」などの疾走カードが非常に強力ですね。
 しかしうまい対面はそれを把握しているため、復讐前ギリギリで攻撃を抑え、一気にリーサルを狙ってくるでしょう。そうでなくても自傷カードが多いため、体力が徐々に減っていきます。
 よって「回復」は少し意識して取ったほうが良いです。逆に復讐状態ギリギリから復讐に入れる場面もあるので、「自傷」も多少必要になってきますね。

 ※逆にいうと対面した場合は安易に復讐状態に入れてはいけません。筆者は「ダークジェネラル+エンハンス姦淫の翼」を2連打されて負けかけたことがあります。
a
復讐状態などが関係するカードまとめ




4)まとめ
 ヴァンパイアは圧倒的なパワーカードは無いですが、序盤~中盤の動きはどのクラスよりも強いです。意識すべきは、「ドロー」「攻め札」「自傷と回復」「前寄せ」のデッキ作りです。
 ぜひとも今季強くなったヴァンパイアを使って見てはいかがでしょうか?
 それではこのへんで失礼いたします。

エルフ編←前の記事 次の記事→ウィッチ編

~本シリーズの記事まとめ~
 ←シャドバ以外のつぶやきもあります。ご了承ください。
スポンサードリンク