こんにちは,筆者です。

 本日はALT環境の2Pick個別記事エルフ編です。
 前環境でフィニッシャーを手放して少し不安もありましたが、強いカードを大量に手に入れました。私の中で,現在第3位です。
 その強さを,少し解説していきます。

1)忙しい人の為のPickエルフまとめ
 長文を読むのがしんどい人は,ここだけでも見ていってもらえると幸いです。

強い点
ドローカードが豊富
フェアリーによる横並べ、プレイ数カウントが強力
進化を使わずに盤面を取るカードが豊富(AOE含む)
アグロ~コントロール、すべての軸のデッキが作れる
シルバー、レジェンド枠に明確なフィニッシャーが存在する


弱い点
デッキの作成難易度が高い
②3点ダメージカードがかなり少ない
③コンボカードが多いため、噛み合わないとただの紙束


~総評~
 プレイングおよびPick難易度が高いですが、使いこなせれば間違いなく強く、上位リーダーに置いて良いです。


 ブロンズ枠はバフカード枠である「アーボリストライラ」や、ドロー枠の「森の隠者」、盤面干渉枠の「白華の弓使い」「狂気のダークエルフ」などが強力です。また4コストカード以下のカードしか無いので、ブロンズで低コストカードを纏め上げたいですね。

 シルバー枠は「鉄弓の射手」が、進化なし盤面干渉カードとして非常に強力です。前環境から引き続き「ホーネットソルジャー」および「森の戦士」も便利ですね。そして「大自然の守護者」が、フィニッシャー枠として期待できます。

 レジェンド枠は新カードの「マシンランスエルフ」および「新シンシア」が非常に使い勝手が良いです。他クラスと比べても、トップレベルでこの枠は優秀ですね。


 しかし弱点が無いわけではありません。まず単純に【Pick選択】と【プレイング】が難しいです。

 【Pick選択】の難しさは複数あるのですが、まず「アグロ、ミッドレンジ、コントロール」、どの速度のデッキを組めば良いのかが難しいです。例えばコントロール系のカードがデッキにたくさんあるのに、、途中でアグロ気味のカードを大量に取ってしまうのはよろしくないですよね?そういった調整が必須になります。
 また「プレイ数変化」「機械カードサーチ」「バフにより効果を発揮する」、つまりコンボカードが大量に存在するため、デッキによって必要になるカードが毎回変化します。そこら辺の感覚を養うことも重要ですね。

 【プレイング】が難しい理由は
 ①ドローカードが多いため、単純に選択肢が多くなる場合が多い。
 ②フェアリーなどの低コストカードが多いため、これまた選択肢が多くなる場合が多い。
 ③プレイの順番などが関係してくる。
 ④カードを温存したほうが良い場面が多数ある。
 などです。


 とにかくこのクラスは難しいです。「このカード強いから取ろう」といった思考では、間違いなく出来上がるデッキが弱くなります。逐一デッキを確認し、必要なもの、不必要なものを認識するようにしましょう。

マナカーブ等の情報についてはこちら→リンク


2)Pickエルフで強いカードまとめ
攻めのカード=フィニッシャーや、それに準ずるカード
守りのカード=主に盤面を取ることに長けているカード
リソース回復=ドローやサーチなどに関連するカード
a

b

c

d

~総評~
個人的に特に強いと思うカードは,
ブロンズ・・・「アーボリストライラ」「白華の弓使い」「狂気のダークエルフ」etc
シルバー・・・「鉄弓の射手」「森の戦士」「ホーネットソルジャー」「大自然の守護者」etc
レジェンド・・・「メーテラ」「コルワ」「シンシア」「エズディア」etc
 です。
 前述していますが、エルフはデッキによって必要になるカードが変化します。ご注意ください。


3)デッキをどのように組むべきか?
①機械カードは優先気味に
 新カードに「森の隠者」という機械サーチがあります。このカードはリソース回復として優秀なので、腐るとかなりもったいないです。よって「白華の射手」や「マシンランスエルフ」などの機械カードは気持ち優先して取りましょう。
 ただし「機械ミノムシ」はちょっと弱いかな・・・という印象がありますので、0~1枚くらいに留めたほうが良いですね。

②ドローカードは、テンポロスが少ないものを優先すべし
 エルフはドローカードが豊富ですが、「不殺の円陣」などの弱いカードも混ざっています
 今季はテンポ環境ですので、①でも述べた「森の隠者」や、「メーテラ」「スーテラ」などのテンポロスが少ないドローカードで賄うことが理想です。
 ※ちなみに「ざわめく森」はテンポロス要素が大きいと思われるかもしれませんが、「攻撃不可」がつけられるので強いです。

③バフカードの価値は高い
 新カードにバフカードが一切追加されていないため、この枠のカードが非常に取りにくくなっています。(※Pickでは最新パックのカードが提示されやすいという特徴があります。)
 特に「森の戦士」をPickした際にバフカードが無いと宝の持ち腐れなので、「アーボリストライラ」「コルワ」「リリィ」などの簡易バフカードは優先しましょう。「スカアハ」も、他クラスと比べて優先度が高いですね。

④フェアリー生成カードは、強くなる場合が多い
 今季は小型横並べ環境ですので、フェアリーが強くなる場合が多いです。その他「プレイ数稼ぎ」や「リコリスで必殺を付ける」など有能ですので、比較的優先したほうが良いですね。
 (※特に「森荒らしの報い」や「狂気のダークエルフ」などがおすすめ)

⑤強い進化時効果持ちカードは、気持ち優先
 「白華の弓使い」という強力な進化効果持ちカードが増えたとはいえ、他クラスと比べてこの枠のカードが少なめです。よって進化効果持ちカードは優先気味で良いです。
 特におすすめなのは「メーテラ」や「スーテラ」などですね。

⑥単体で強いカードは、やっぱり優先度が高い
 エルフはコンボカードが多く、それらをしっかり把握しながらPickをすることが大事だと述べてきました。しかし2Pickは提示されるカードがランダムですので、目的とするカードが取れない場合も多々あります
 よって「ホーネットソルジャー」や「バビー」「大自然の守護者」などの、単体で強いカードをPickすることも大切になります。

⑦4コストカードの取りすぎにはご注意を
 エルフクラスは4コスト帯に優秀なカードが集中しているため、気づかぬうちに4タワーになり、結果手札事故が起こる場合も珍しくありません。
 よって迷った場合、4コストを避けるPickをしたほうが良いですね。


4)まとめ
 エルフクラスは今環境かなり良質なカードを手に入れたため、上位tierに君臨することができました。(※現在優先度第1位に置いている人も多いです。筆者は若干苦手なので3位にしています。)
 しかし「Pick選択」および「プレイング」が非常に難しいため、何度も使い込んで感覚を養うべきでしょう。
 少なくともデッキを逐一確認することはマストですね。

 以上です。次はウィッチについて記述します。


ネメシス編←前の記事 次の記事→ヴァンパイア編

~本シリーズの記事まとめ~
 ←シャドバ以外のつぶやきもあります。ご了承ください。
スポンサードリンク