グラブルについてはこちら→リンク

 どうもこんにちは、筆者です。
本日は3月28日にリリースされました、鋼鉄の反逆者(STR)環境における、2Pickの所感について語ります。
 なおリリースされてから3日目の所感なので、間違っている可能性もございます。半信半疑でよんでいただけますと幸いです。

0)どういった環境なのか、箇条書きで書いてみる
 今環境の主な特徴は、このようになっています。
------------------------------------------
おそらく良環境。少なくとも一環境前のALT環境よりは相当良くなった。
●どれかのクラスが突出して強いわけではなく、優先度6番目のリーダーでも十分勝てる
●どのクラスも個性が強く、特性を理解していないと勝てない。逆に言えば慣れれば慣れるほど勝てるはず。
小型横並び環境。(「老いたる先導者」が暴れまわった、OOT環境をマイルドにした感じ。)
・「大型潜伏」や「リーシェナ」などの特定のカードに対する対抗策が無いため、どう頑張っても詰みの状況があるのが、唯一の懸念点
------------------------------------------
 以上です。また現在私は、リーダー優先度をこのように考えています。

 上位・・・ネクロマンサー、ネメシス、エルフ
 中位・・・ウィッチ(上位かも?)、ヴァンパイア、ドラゴン
 下位・・・ロイヤル
 どうあがいても絶望・・・ビショップ

 では上位層から解説していきます。
 (※以下に載せているグラフは、各クラスにある)

1)上位リーダー
●ネクロマンサー

 相変わらずドローカードの癖が強く、特に先攻時に手札が枯渇します。また3マナで強いカードが異常に少ないため、「3ターン目動けねえ・・・!」となることも少なくありません。
 しかしそれを補って余りある「横展開」「盤面干渉」「進化効果持ちフォロワー」「フィニッシャー」「強エンハンス」などのカードが揃っており、間違いなく強いリーダーです。おすすめですね。

~特に気をつけるべき3つのこと~
・手札枯渇が頻発するため、ドローカードを取る。それらは場のフォロワーを壊すので、「ゴースト」などを生成するカードも優先。エンハンス持ちも優先。
・汎用性のある3マナカードが異常に少ない。よって「フラン」や「死の夢を見る少女」などの3マナの動きを作るカードは、かなり優先したほうが良い。
・前環境ほど無理やりフィニッシャーを取りに行く必要は無いが、相変わらず「ファフニール」などは強いので、優先して取るべし。
a
穴は3マナです

●ネメシス


 使いやすい軽量除去が軒並み落ち、また相変わらずAFカードの取り回しが難しいです。
 ただし「BOSカード」「AF」「人形カード」等が環境にめちゃくちゃ刺さっています。特に「バジリス」が今環境異常に強く、このカード1枚で試合を決めることができるレベルです。またブロンズ枠に大型フォロワーが多く、これらは確定除去が減った今環境では強いです。AFカードを回すことで、軽量除去を補うことも一応可能ですね。
 
~特に気をつけるべき3つのこと~
AFを生成するカードと引くカードがめちゃくちゃ大事。リソースが一気に枯渇するため、意識して取るべし。(特に引くカードは優先)
・「バジリス」などは強いのだが、ネメシスは進化ボーナスカードが多い。この枠に入るカードは、取りすぎ厳禁。
人形カードが今環境かなり強いので、「ドールエンジェル・ミーア」などを優先すべし。
a
4マナが少し取りにくい。レジェ枠から優先して取っても良いかも?
またブロンズに7,8マナの強カードがあるのはgood

●エルフ

 相変わらずプレイが難しい上に、機械カードの追加によりデッキの組み方も難しくなってしまいました。初心者の方にはおすすめできないリーダーだと現状感じています。
 ただし「ファンファーレダメージ持ちカード」「AOE」「フィニッシャー」「ドロー」などが潤沢で、ミスしなければ全対面有利であると考えられます。(※ミスしないとは言っていない。
 今環境のエルフは、アグロ~コントロール全てのデッキを組めると感じています。筆者はミッドレンジが強いんじゃないかな~と感じていますね。

~特に気をつけるべき3つのこと~
・「森の隠者」を腐らせないために、機械カードを優先気味にすべし。
強い処理スペルがエルフは大量にあるのだが、それらのカードを取りすぎると能動的に動けなくなる。バランスを大事に。
・今季バフカードが取りにくくなっているので、比較的優先すべし。
a
シルバーに強い4が多数存在するので、取りすぎ注意

2)中位リーダー
●ウィッチ
 
 前環境まで暴れまわっていた「モニカ」「パスカル」などは未だに健在であり、ブン回った時の強さは他の追随を許しません
 ただし今環境追加されたカードが、そこまで強くないです。そして2/x/1カードが多く、1/1が並びやすい今環境では不利。また「暗黒の召喚士」がナーフによりかなりマイルドになったこと。それに伴って8マナが膨らみやすく、反面6~7の動きが弱くなったため、その間に返せない盤面が相手の盤面にできることも少なくないです。
 そして単純に上振れデッキと下振れデッキの差が激しいため、安定性に欠けます。よって私は中位リーダーに置かせていただきます。(上位リーダーに置いても良いとは思います。)
 
~特に気をつけるべき3つのこと~
2/2/2はウィッチにとってとても重要なカードなので、かなり優先したほうが良い。
進化2面カードがレジェンド枠に集中している。意識して損はなし。
AOEが「厄災獣」しかいないため、対面に横展開されても大丈夫な立ち回りを。
a
8マナが多くなりやすい

●ヴァンパイア

 前環境まであまりにも弱かったヴァンパイアですが、ようやく今環境で息を吹き返しました。おそらく中位リーダーに置いて良いと思います。
 特に「横展開」「ドロー」「直接ダメージカード」が豊富であり、手札を維持しながら速攻で相手のライフを削ることが可能です。
 ただし「明確なフィニッシャー」がほぼ存在していないため、前半で削りきれないとかなり苦しくなると思います。

~特に気をつけるべき3つのこと~
2/2/2カードが意外とブロンズ帯に少ない。逆に4マナ帯が多い。意識すべし。
横展開カードを優先し、相手の盤面を多少無視してでもライフを削ることを意識すべし。
・自傷カードは未だに多いので、回復カードもある程度優先すべし。
a
4タワーになりやすい アグロで攻めるので、2マナカードを優先すべし

●ドラゴン

 新カードは悪くなく、レジェンド枠に強い高マナカードが多く取り揃えられています。
 ただし5~6マナにカードが無いと言っても過言ではなく、中盤の動きが弱すぎます。よって中位リーダーに置かせていただきます。

~特に気をつけるべき3つのこと~
5~6マナにカードが本当に無いので、「早めにPPブーストをする」「4マナ以下のカードで補う」などの工夫を行う必要がある。
・5~6ターン目に手札を複数使うことが多いので、手札が枯渇しやすい。ドローおよびトークン生成は、比較的優先すべし。
1点AOEカードが今環境かなり刺さるので、比較的優先。
a
5~6マナが穴。そこまで繋ぐように立ち回るべし。

3)下位リーダー&それ以下について
●ロイヤル
 前環境落ちてしまったカードに対して今環境のカードが弱いため、単純に弱体化しました。横展開カードは多いので、まだ戦えなくは無いかな・・・という感じですが、優先して取るべきでは無いと判断します。(下位リーダーなので以下省略)
a

●ビショップ
 「リモニウム」と「いにしえの聖域」しか強くないです。ぶっちぎりの最下位ですね。
b




本日は以上となります。次回からは、各リーダーについて細かく見ていこうと思います。

次→ローテーション闇喰らいの蝙蝠ヴァンプデッキについてのメモ


STR環境の総合リンクはこちら

グラブルについてはこちら



スポンサードリンク