2pick平均4勝を目指すblog

シャドウバースについて詳しく書いていきます

 前編はこちら→前編

 どうもこんにちは、筆者です。本日は2Pickの対戦記事となります。
 後編は、対戦について考察します。それでは早速行きましょう。

 ※画像が見にくい場合、クリック推奨です。

0)デッキ振り返り
a

※マリガンの基準については、前回の記事を参照してください。
前編はこちら→前編

1)対戦について
 こちらが対戦画面になります↓(エラーが出て動画を直接貼れませんでした。ご容赦ください。)
リンク

それでは、気になる点について見ていきましょう。
※今回は1,3,4,6,7,8,9,10ターンについて言及します。ちょっと多いですが、お付き合いくださいm(_ _)m。


●マリガン
 自身の行動  :全マリガン(後攻)

【コメント】
 筆者は後攻です。
 まず2コストカードを探さないといけないので、このデッキだと全マリガンしたほうが良いです(最悪1枚キープ)。この中で一番キープする価値があるカードは「ホーネットウォーリアー」ですね。ただしこのカードはデッキに3枚あるので、めちゃくちゃキープしたいわけでも無いと判断しました。
 それよりも「2コストフォロワー」の他に「メーテラ」などの後攻で強いカード、「コルワ」「翠嵐の斧使い」などのフィニッシャーカードを探したほうが良いでしょう。
 ちなみに「不殺の円陣」は後手3で置くとテンポロスで死にます。先攻でもあまり起きたくは無いですね。なので返却が良いと思います。
a
ホーネットウォーリアーキープor全マリガン

●1ターン目
 相手の手札状況:特になし
 自身の行動  :パス

【コメント】
 この場面では、仮に2コストカードがあってもパスをしたほうが無難です。「ウォーターフェアリー」でもパスを考えたほうが良いでしょう。
 理由は「侮蔑の狂信者に無償トレードされる」+「森の戦士のバフ要員として温存」の2つです。このデッキは1コストから必ず動かなければならないデッキでは無いですからね。
a

●3ターン目
 相手の手札状況:特になし(1~3ターン目パスをしている。こちらも2パス。)
 自身の行動  :マイコニド出し

【コメント】
 択としては「シャム&シャマ」か「マイコニド」ですが、この場合マイコニドを出さないとプレイングミスになると思います。
 相手は1~3ターン目パスをしているので、相手の手札には「侮蔑の嘲笑」などの低コスト処理スペルがある可能性が高いです。よって潜伏を置くほうが、相手の動きを制限できるはずです。
 処理スペルを打たせたいのであればシャムシャマ投げですが、現状メリットは無いですね。
b

●4ターン目
 相手の手札状況:特になし
 自身の行動  :シャム&シャマ出し 2ダメージスペルチョイス→進化当たり→マイコニド顔へ攻撃

【コメント】
 違う択もあったかな・・・?と思います。見ていきましょう。
 まず「シャム&シャマ出し~進化当たり」までは確定だと思います。このデッキは不殺の刻印が無いですから、攻撃力を下げるチョイスはあまり意味が無いでしょう。

 問題はマイコニドの潜伏を解き、ライフを詰めるかどうかです。
 もしシャム&シャマの体力が1点なら、絶対に攻撃すべきではありません。「侮蔑の嘲笑」の的になるからです。ですが現状体力2点なので、そのケアは不要ですね。
 この次のターンに「ガルミーユ」で両方取られたのですが、次のターンコルワ進化が見えているので別に・・・と言う感じでしょうか。(ちなみに試合中ガルミーユのことは意識していませんでした。これは良くないですね。)
 例えば次のターンのアクションとして2点スペルしか無いのであれば、攻撃しない択も考えられますね。
 皆さんはどのような択を取られるでしょうか?
c
d
マイコニドが攻撃しないメリットは薄いと判断


●6ターン目
 相手の手札状況:特になし
 自身の行動  :ミツェル+フェアリーサークル+フェアリー2枚出し→フィルでフェアリーをバフ

【コメント】
  コルワをプレイした後です。現状デッキの中に「ホーネットウォーリアー」や「翠嵐の斧使い」が存在するので、手札を燃やす択は取らないほうが良いです。よって手札の「ホーネットウォーリアー」プレイはダメ。(次のフィル生成でTOPが燃えます。)
 よってミツェル+サークルを開いてフェアリーを2枚出しまで確定。フィルのバフ対象は必ずフェアリーにしましょう。ドラゴン相手に体力1を作らないことは、かなり大切な要素です(嘲笑などのケア)。
 もしビショップ対面なら、「安息の狂信者」をケアしてミツェルをバフしましょう。
b
d
ドラゴン対面なので、このようにバフをすべし

●7ターン目
 相手の手札状況:特になし
 自身の行動  :ホーネットソルジャー 必殺チョイス→進化当たり→シャムのいたずらプレイ

【コメント】
 盤面のフェアリーでアリーザに当たると憤死しますので、注意しましょう。
 「グリフォンの守衛」をきれいに取りたいので、「ホーネットソルジャー」進化で良いと思います。そしてアリーザは必ず「シャムのいたずら」で取ります。「森荒らしの報い」で取ると、次のTOPが燃えるのでプレイングミスです。
a

●8ターン目
 相手の手札状況:特に無し
 自身の行動  :翠嵐の斧使い出し→森荒らしの報いプレイ

【コメント】
 すごく良いドローTOPだったと思います。この後の体力削りを考えて、このターンに「翠嵐の斧使い」をプレイしたほうが良さそうですね。そして次の手札は燃えますが、「森荒らしの報い」をプレイしました。
 きれいに盤面を取れることもそうですが、「コルワ+翠嵐」というこのデッキで引きたいカードを引ききったことも理由に含まれます。唯一「ホーネットソルジャー」が燃えると少し痛いですが、致命傷にはならなさそうですからね。
b
このドローで、必ず引きたいカードは引ききった

●9ターン目
 相手の手札状況:特に無し
 自身の行動  :ホーネットウォーリアーで豪炎取り→フェアリー+怒れる山神出し→フィル2枚(最終盤面:1/2+3/5)

【コメント】
 まず必殺で盤面を取ることは確定で良いと思います。また翠嵐のバーンダメージ起動のために、怒れる山神をエンハンスで使わないほうが良いですね。よってフェアリー+4コス山神プレイ。
 ドラゴンは体力4点に強いので、山神を体力5に。体力1点は極力作りたくないので、フェアリーの体力を2にしました。
 まあこれは普通ですかね?

~追記~
 とある方から、「力の鍛造」や「ギルヴァ」ケアで山神の体力を6にしたほうが良いのではないかとのご指摘をいただきました。
 確かにそうだなーと思ったので、追記させていただきます。m(_ _)m
a
b
こうしておくと、相手としては困るはず

●10ターン目
 相手の手札状況:特に無し
 自身の行動  :森の戦士出し→フィルでバフ→ライラでバフ(AOE4点分)

【コメント】
 「森の戦士」を「フィル+ライラ」でバフをかけることはおそらく確定です。問題は「歴戦の鷹匠」を出すかどうかですが、おそらく出さないほうが無難だと私は思います。
 鷹匠を出してしまうと、現状の手札では相手の盤面にフォロワーが出されない限り、次のターンに3プレイが不可能になります。(翠嵐の効果が起動しない。)
 それよりも次のターンに「鷹匠→飛翔する鷹→フィル」で確実に6点を削りにいくプランを見たほうが良いと判断しました(フィルは2回攻撃が発動します)。仮に守護を出されても、「鷹匠→鷹→フィル→ささやき」で突破できますからね。

 このターンの後、試合に勝利しました。まあこんだけブンブンすれば勝てますね(;´∀`)。
a
鷹匠は、プレイ数稼ぎのために温存すべきだと思います。


2)まとめ
 今回は結構うまく立ち回れたと思います。今回で出てきた重要な視点は、
①コルワをプレイした後は、手札を消費する択を意識する。
②ただし欲しいカードを引ききった後は、TOPが燃えることを少し許容する。
③ドラゴン相手に体力1点は作らない。また体力5に弱いので、可能なら体力5を作っておく。
④翠嵐の斧使い起動後は、3プレイできるかどうかを意識する。
 以上ですね。

 エルフはフィニッシャーさえ提示されれば強いリーダーです。アディショナル後はフィニッシャーが増えたので、追い風が吹いていますね。皆様も使ってみてはいかがでしょうか?

 以上です。

ALT環境2pick対戦 エルフVSドラゴン編 ※前編←前   次→ALT環境の振り返り

~初心者向けシリーズ~
その1
その2
その3
その4
その5

~中級者向け2Pick個別記事まとめ~
エルフ
ロイヤル
ウィッチ
ドラゴン
ネクロマンサー
ヴァンパイア
ビショップ
ネメシス

ALT環境記事総合リンク

←シャドバ以外のつぶやきもあります。ご了承ください。

スポンサードリンク

コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット

↑このページのトップヘ