2pick平均4勝を目指すblog

シャドウバースについて詳しく書いていきます

どうもこんにちは、筆者です。
 本日の記事は、後編となっています。前編はこちら→リンク
 では参りましょう。

※「オケアノス」などの明らかに片方しかチョイスしないだろというカードについては記述しません
※ポーラなどの、場面によってチョイス先がかなりブレるカードについても記載しません

4)ドラゴン
●リトル・ドラゴン
 基本チョイス・・・白鱗のドラゴン

コメント
 前環境までは黒鱗を取ることもあったのですが、今環境は「白鱗のドラゴン」を取ることが多いです。というのも今環境は4点スペルが増えたため、「黒鱗のドラゴン」を進化起きしても、かなりの確率で取られるんですね。
 AOE1点カードも多いですから、余計に黒鱗の出番はなさそうです。


●ロイ
 基本チョイス・・・殺竜剣

コメント
 活竜剣を加えることも増えてきたのですが、基本は「殺竜剣」安定だと思います。やはりロイを用いたPPブーストは弱いです。アイラ並みにテンポロスが少なくないと、PPブーストしても・・・って感じですね。
 例外は、PPブーストをして強いカード(ポセイドンやギルヴァなど)がある場合です。デッキを見て判断しましょう。

●正義のドラグーン
 基本チョイス・・・ドラゴンクロー

コメント
 基本は「ドラゴンクロー」を取るべきだと思います。4コストと重いですが、直接バーン+覚醒時ドローは強いですね。
 例外はネクロマンサーやエルフなどの【1/1フォロワーが大量に出てくる対面】及び、【怒れる豪炎のドラゴン】がデッキ(手札)に存在する場合などですね。また当然ですが、1点AOEが必要な場合は「竜の翼」をチョイスしましょう。
●竜の祠
 基本チョイス・・・下で解説

コメント
 このカードもかなり難しいのですが、私は手札に「テールスイング」などの縦置き対応カードがある場合は「巻き起こし」を優先気味にチョイスします。(相手が大きいスタッツを出してくることが多いため。)また細かいフォロワーが出てきやすいリーダー対面の場合は、こちらをチョイスしがちですね。(エルフ対面など。)
 相手の場に大きいフォロワーを出されると困る場合、「踏み潰し」をチョイスします。(ウィッチ対面7ターン目、ロイヤル対面8ターン目など)
 このカードは本当に難しいので、実践で慣れることが大切ですね。(※元コストで使うときは、相応の高PPカードが無いとテンポロスが大きすぎます。注意しましょう。)
●ガルア
 基本チョイス・・・黒の息吹

コメント
 私は基本的に「黒の息吹」をチョイスします。5/4/4を出しながら確定除去を手札に加えることは、こと2Pickにおいて強い行動になりやすいからです。
 「白の息吹」を取る場合は、デッキ内に強いカードが埋まっている場合PPのくっつきが良い時ですね。【事前にデッキ内にフィニッシャーが何枚埋まっているのか】を確認することは大事です。

5)ネクロマンサー
●ワイトナイト&気まぐれな蘇生者
 基本チョイス・・・魔鎧の騎手(2/4守護)

コメント
 2Pickは体力が高いフォロワーのほうが優秀ですので、迷った場合は2/4守護の「魔鎧の騎手」をチョイスすると良いと思います。
 ただしもう片方の「骸骨の騎手」はドレインが付いていますので、ライフが低い場合はこちらをチョイスしましょう。

●新ケリドウェン
基本チョイス・・・刹那の劇薬

コメント
 基本は5点(or2点)スペルの「刹那の劇薬」をチョイスすると良いと思います。やはり盤面に影響を与えるカードは優秀ですからね。
 ただし「プロトバハムート」などのリアニメイトして強いカードが墓地(orこれから墓地に行く可能性あり)に存在している場合は、「久遠の秘薬」をチョイスすると良いと思います。
●死と闇のレイヴン
基本チョイス・・・奈落の冠

コメント
 消滅がなければ最低5/5×3を生成する「奈落の冠」は強いですので、優先してチョイスしても良さそうです。
 ただしこのカードは盤面優位でないと投げることができません。盤面で負けていて、これ以上テンポロスができない場合は、突進を付与する「凶暴化」をチョイスしましょう。
 意外と凶暴化をチョイスすることは多いです。あまり冠に固執しすぎないようにして下さい。
6)ヴァンパイア
※非常に申し訳ないのですが、今季一切触っていないので、解説できません。よって飛ばさせて頂きますm(_ _)m


7)ビショップ
●神殿の風熊
基本チョイス・・・聖なる願い

コメント
 このフォロワーもかなり難しいですが、私は可能な限りドローソースである「聖なる願い」をチョイスしますね。ただし2ターン目の行動が手札に無い時は、「聖獣への誓い」をチョイスします。
 このカードは基本的にドローカードとして見た方が無難だと思います。ビショップは大半のドローカードが弱いからです。(※安息の顕現とか弱いですね。)

●封じられた法典
基本チョイス・・・聖なる教示

コメント
 基本的に「聖なる教示」は癖が少なく使いやすいため、迷ったらこちらをチョイスすると良いと思います。
 例外として、次のターンに「いにしえの聖域」などのアミュレット、「テミスの粛清」などのスペルのみを吐く場合は、「忌むべき教示」を使っても良いと考えられます。
 まあ迷うくらいなら疾走させましょう。それか元コストでデッキ圧縮ですね。
●相克の翼像
基本チョイス・・・純白の聖鳥(4/3体力回復の方)

コメント
 あくまで私はなのですが、自動回復持ちの「純白の聖鳥」をチョイスすることが多いです。特に後攻4ターン目に進化する動きを良く取りますね。
 2/3疾走の「漆黒の魔鳥」はライフを詰める場合を除き、あまりチョイスしたくないですね。スタッツが貧弱なので。


8)ネメシス
●オートメーション
チョイス優先度・・・2/3守護AF>4/3疾走AF>2/1AF>3/1突進AF

コメント
 私は基本的に「2/3守護AF」をデッキに埋めることが多いです。なぜならネメシスのカードプールに、【3コスト以上のAFをサーチ】するものが存在するからです。同様の理由で、「4/3疾走AF」をチョイスすることも多いです。特に「2/3守護AF」はデッキトップから引いてきても最低限の仕事をしてくれますので、迷ったらこちらを埋めておきましょう。
 当然「2/1AF」及び「3/1突進AF」をチョイスしないわけではありません。細かく盤面を取りたい場合やコストの隙間で出したい場合、これらのカードを埋めておきましょう。



●光明齎す発明家
 基本チョイス・・・危険な発明品

コメント
 これもかなり難しいですが、私はどちらかというと「危険な発明品」をチョイスすることが多いです。理由は単純で、コストが1と低く、隙間で出すことができるからです。
 ただしネメシスは回復手段が非常に貧弱なので、可能なら「素敵な発明品」を取っておいたほうが良いと思います。手札状況に合わせて、チョイスを行いましょう。
●ミリアム
基本チョイス・・・悪戯な少女・ミリアム(サーチの方)

コメント
 私は基本的に、AFをサーチする「悪戯な少女・ミリアム」をチョイスすることが多いです。2コストで一枚カードを引くという行動は、やはり強いですからね。
 ただしフィニッシャーカードが不足している場合、手札やドローカードが潤沢な場合、そもそもデッキにAFが無い場合は、AFを埋める「安息の少女・ミリアム」をチョイスすることもあります。
 このカードは攻め札生成にもドローにもなるので、本当に強いですねえ。優先してPickしておきましょう。
●狭間の悪魔
基本チョイス・・・闇の剣

コメント
 95%くらいの頻度で、「闇の剣」をチョイスします。効果消去カードは今環境必要なカードですし、自軍フォロワーバフにも使えるのはやはり強いです。
 「光の剣」をチョイスするのは稀ですね。どうしても守護カードが欲しい時にチョイスしましょう。

●オーキス
基本チョイス・・・チョイスせず、元の効果で使うことが多い。

コメント
 今環境は操り人形があまり手に入りません。なぜならパペットルームが落ちたからです。よって意識しなくても、元の効果で使うことが多いですね。手札に操り人形が3枚程度あったとしても、わざと元コストで使うように調整する場合もあります。
 次に私は「白オーキス」をチョイスすることが多いかな・・・と現状は考えています。というよりも、「黒オーキス」を強く使えるくらい操り人形が手札にある、ということが少ないんですよね
 皆様も黒オーキスに固執せず、柔軟にこのカードを使っていただければと思います。
本日は以上です。


本記事 前編←前   次→アディショナルカード追加による、Pick環境変動について
~初心者向けシリーズ~
その1
その2
その3
その4
その5

~中級者向け2Pick個別記事まとめ~
エルフ
ロイヤル
ウィッチ
ドラゴン
ネクロマンサー
ヴァンパイア
ビショップ
ネメシス

ALT環境記事総合リンク

 ←シャドバ以外のつぶやきもあります。ご了承ください。
スポンサードリンク

コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット

↑このページのトップヘ