2pick平均4勝を目指すblog

シャドウバースについて詳しく書いていきます

~本日のお品書き~
1) はじめに
2) 押さえるべき3つの基本
3) 本日のまとめ
------------------------------------------------------------
1)はじめに
 本日から、Pickにおけるマリガン基本についてお話します。確率等も少し交えながら、進めていきますね。
 ※本日は、全リーダーに共通するマリガンの基本です。細かい話は、明日以降お伝えいたします。


2)押さえるべき3つの基本
 さて、デッキが完成した後は実践に移りますが、構築と同じくマリガンを行います。

 そのマリガンで重要な事はたくさんあるのですが、今回は3つの視点に注目します。

 ①2コストカードを引くためのマリガン
 ②勝ち筋になるカードをキープするマリガ
 ③3、4コストをキープするマリガン

では、早速行きましょう。


3)マリガンの基準とは?

●サンプル構築
 以下のものを、一応サンプル構築として用います。このサンプルを用いて行う説明は難しいので、「ふ~ん」程度で見てもらえれば大丈夫です。
c
※クリック推奨

 ①2コストカードを引くためのマリガン
 構築でもPickでも、2コストフォロワーからスタートするのは基本中の基本です。つまり2ターン目までに2コストフォロワーを引く事が、非常に重要となります。

 デッキ内に存在する2コストフォロワーの数に対するドロー確率は、以下の図のようになります。この表を参考にして、私はマリガンの基準を決めています。それぞれ見ていきましょう。
 ※基準は、ドロー確率が80%付近かどうかです。
図1:2Pickにおける、2コストカードのドロー確率

ⅰ)2コストフォロワーが5枚以下の場合は、それらを引くためにフルマリガンをする
 デッキに存在する2/2/2、2/2/1、2/1/4カードが5枚以下かつ,それらのカードが初手に無い場合、フルマリガンを行います。そうでなければ、かなりの確率で2パスをしてしまうからです。
 ※もしくは2パス覚悟のマリガンを行います。

ⅱ)6~8枚の場合は、1枚キープまで許容する
 6~8枚の場合、1枚キープをしてもドロー確率が80%近く、もしくはそれを超える値になります。よってこの場合、1枚キープまで許容します。
 ※当然気に入らないカードがあれば、全マリガン推奨。

ⅲ)9枚以上の場合
 9枚以上の場合、2枚までキープを許容します。
 ※個人的な話ですが、あまり2枚キープはしません。2Pickにおいて、絶対にキープしたいカードが初手で2枚来ることは少ないかなー?と感じているからです。

ex)その他細かい話
 ・対面がエルフ、ロイヤル、ヴァンパイアなどの速攻系リーダーの場合、2パスが致命傷になります。よってマリガンの基準を、少し厳しく見積もります。(2コスが7枚以上あっても、全マリガンする事もしばしば)
 ・後攻の場合、2コストの数が少なくても「エレノア」等の4コス以下2面処理札をキープすることがあります。(必ずキープするかどうかは諸説)
 ・後攻の場合、2コスト処理スペルを数に含めます。また初手でキープする事もあります。
 例)森荒らしの報いを、2コストフォロワーの数に入れてカウントする。


~まとめ~
 大雑把に言うと,2コストフォロワーが7枚より多い少ないかで、マリガンの基準を判断します。私はこの基準を、ほとんどの場合守るようにしています。
 以下に挙げる②③のマリガンも、この項の条件クリアを優します。2コストカードが少ないのに、高コストカードをキープすることはご法度です。

確率の記事リンク ←以前書いた確率の記事 構築の情報が主です
a
図2:2コスを引くために,適切なマリガンを予め把握しておくべし

 さて、サンプル構築を見てみましょう。
 この構築は、2コスカードが8枚あります。ですが「破壊の信者」は2/1/2なので、2コスフォロワーとして見ないほうが良いと私は考えます。また先攻時にミリアムを投げると、非共鳴状態なのでただの2/2/1です。これは非常にもったいないので、プレイしたいカードに含めないほうが無難ですね。その他のカードは、2ターン目にプレイしてもまだ許容できるかな~という印象でしょうか。

 つまり
 先攻時・・・2ターン目に出したい2/2(or2/1)カードは6枚(※最悪ミリアム含めて7枚)
 後攻時・・・2ターン目に出したい2/2(or2/1)カードは7枚
 となります。よって先攻後攻両者とも、1枚キープまで許容します。当然2コスを探すために、フルマリガンをすることもありますね。

c
※クリック推奨

勝ち筋になるカードをキープするマリガン
 2コストフォロワーの数を見た後は、勝ち筋になる攻めのカードをキープするか決めます。

 代表的なカードは、【リーシェナ】や【暗黒の召喚士】などです。これらのカードをキープするメリットとデメリットは、以下の通りです。
メリット ・・・勝ち筋を持つことによって、確実にそのカードをプレイできる状態になる。
デメリット・・・これらのカードは基本的に高コストなので、事故確率が高まる


 ここからは、私の経験則的な話になります。ご注意を。

 ●エルフ等の速攻系リーダーと対面した場合、どのようなマナカーブを描いていたとしても、【有利盤面以外で投げにくい攻めのカード】はデッキに返します事故が起こると死ぬからです。
 ●「ドラゴンナイツ」や「暗黒の召喚士」などの【有利盤面でなくても投げやすい攻めのカード】は、キープすることがあります。※速攻系リーダー対面だと,返す確率が高まります。
 ●明確な攻めのカードがデッキに2枚以下の場合,キープする率を高めます。※デッキに戻すと,引き戻しにくいからです。

~まとめ~
 速攻系リーダー対面では,あまりこれらのカードをキープしないほうが良いと思います。(キープによる事故が致命傷になるため)
攻めが遅いリーダーであっても,これらのカードをキープすることは事故に繋がりかねません。相応のリスクを背負う覚悟でキープしましょう。
mig
図3:キープすることによる「危険性」と「見返り」を,きちんと意識すべし

 再度サンプル構築を見てみましょう。
 ネメシスクラスは特殊な味方をします。それは「AFカードを仕込むカード」を、勝ち筋カードとして見るということです。
 わかりやすいカードは「歴史を知るもの」です。このカードは2/2/2でありながら、「プライムAF」というフィニッシャーを生成します。なのでこのカードは優先的に探しに行く価値のあるカードと言えます。その他「魔鉄の獅子」や「流体使い」「ミリアム」なども攻めの札として見て良いでしょう。

 その他のカードとして、「サタン」を勝ち筋として見ることができます。流石に9コストなので、キープしないほうが無難だと私は考えます。

 よってこのデッキでキープしても良い勝ち筋カードは、「魔鉄の獅子×2」、「歴史を知るもの」、「流体使い」、「ミリアム」、「機構二輪の天使×3」の、合計8枚となります。
 またこのデッキは埋めるカードに対してサーチカードが少なめなので、ミリアムを埋め込むよりも引く方で使ったほうがいいかもですね。

c
※クリック推奨

③3、4コストをキープするマリガン
 ●3/2/3or3/3/3カードは,3ターン目に強いカードになります。(2/2/2を上から踏めるため)
2コストフォロワーをすでに引いている,もしくは引く確率が高い場合,キープすることを推奨します。
 ●問題は4コストカードです。リーアムなどの進化効果持ち効果フォロワーは,後攻のみキープします。一方オケアノスなどの常時強いカードは,先行でもキープすることがあります。
図4:3/2/3、3/3/3というスタッツだけで価値が高い キープも視野に入れることがある

 再度サンプル構築を見てみましょう。
 3コストカードは10枚で、内訳はこのようになっています。
 ●3/2/3・・・破壊の従者、メイシア 計2枚
 ●3/3/3・・・ヴィオラ、機構二輪×3 計3枚
 ●その他強めの3コス・・・ジャンク
 そもそも10枚は非常に多いです(適正枚数は大体5~6枚)。とりわけ強い3コストカード以外は返すほうが無難でしょう。よって「メイシア」「ヴィオラ」「機構二輪の天使」以外の3コストカードは、戻していいと私は考えます。

 次に4コストですが、「リーアム」しか存在しません(適正枚数は3~5枚)。よって後攻時は必ずキープしたほうが良さそうですね。先攻でも私はキープしそうです。そのほかに進化を振るカードも多いですからね。 
c
※クリック推奨




3) 本日のまとめ
・2パスを防ぐため,2コストフォロワーが7枚以上か未満かを事前に見ておくべし。
・高コストなカードをキープすることは,事故にもつながる。速攻系のリーダー対面の場合,デッキに戻したほうが良いだろう。
・3コス4コスも,キープ対象になることがある。特に3/2/3or3/3/3は強いので,できればキープしておきたい。
・サンプル構築だと、【2コスがない場合、1枚までキープ】→【後攻の場合、リーアムを優先してキープ】→【次にAFを加えるカードを優先してキープ】→【次に、強い3コスを優先してキープ】

 以上です。まずは,2コストフォロワーの数を意識してください。それによってマリガンを決めると良いでしょう。

※gamewithによるピックカードまとめは→リンク

 以上です。次はもう少し細かい話をしていきます。

アディショナルカードまとめ←前   次→その5
~初心者向けシリーズ~
その1
その2
その3
その4
その5

~中級者向け2Pick個別記事まとめ~
エルフ
ロイヤル
ウィッチ
ドラゴン
ネクロマンサー
ヴァンパイア
ビショップ
ネメシス

ALT環境記事総合リンク

 ←シャドバ以外のつぶやきもあります。ご了承ください。
スポンサードリンク

コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット

↑このページのトップヘ