その1
その2
その3
その4
その5

※本記事は、2Pickアリーナ攻略記事です。レーティングについては触れません。


~本日のお品書き~
1) はじめに
2) 2Pickの基本情報
3) 2Pickでまず覚えたい3つのこと
4) 本日のまとめ
------------------------------------------------------------
※カードの名前などがわからないときはこちら→外部リンク
※各リーダーのpick点数表はこちら→リンク
※各リーダーの個別記事はこちら。この記事を読んだ後で興味を持たれましたら、目を通していただければよいと思います↓
エルフ
ロイヤル
ウィッチ
ドラゴン
ネクロマンサー
ヴァンパイア
ビショップ
ネメシス
------------------------------------------------------------

1)はじめに
 どうもこんにちは。普段中級者向けの2Pick記事を書いております,賀茂茄子と申します。

 さて,早速ですが質問をします。

 あなたは普段,2Pickをやりますか?もしやらないのであれば,それはなぜ

a

 当然色々な理由があると思うのですが,私は「3勝できないと,収支がマイナスになる」点が,かなりネックになっているのでは無いかと思っています。
 つまり「勝てないから,直接パックを剥くほうがマシ」状態にある方は,Pickなんてやりたくないとなるわけです。
a
 しかし昨今プロリーグなどによって、注目度が上がっているフォーマットであることも事実。
 「プロリーグ面白そうだし,ちょっと2Pickやってみたいなあ。でも勝てる方法とかわからんし,ルピ減っていくだけになっちゃうかもしれないから,止めておくかあ・・・。」と考えている方もおられるのではないでしょうか?

 そんな方のために,これから2Pickで勝つ方法アリーナで稼ぐ方法)を提示できれば良いな・・・と思っています。よろしくお願いいたします。

※シリーズ物の記事です。できるだけ早く更新しようと思っていますので、よろしくお願いいたします。
a
どうせやるなら,稼げるくらいまで強くなりたいものです

2)2Pickの基本情報
 まず初めに,大体の人が知っている情報を書きます。

--------------------------------------------
●2Pickの基本ルール
・使用するリーダーは,ランダムに選ばれた3つの中から,さらに1つ選択する。
・使用するカードは,30枚。
・提示されるカードを取り(Pickし),即席デッキを作る。
提示されるカードには、規則性がある
・アリーナは150ルピを払って入場する。
5戦中3勝以上すれば,元が取れる。
--------------------------------------------
a

 大体こんな感じです。この中に特に押さえておきたい情報が、2つあります。

 まず1つ目は「3勝したら、元が取れる」部分。つまり【3勝以上すれば、100ルピを払ってパックを購入するよりお得】ということです。まず初心者の方は、平均3勝を目標に2Pickに取り組むと良いでしょう。

 2つ目は「提示されるカードには、規則性がある」部分。これは下図のようになります。
 今環境は前環境とは異なり、「ニュートラルカードが減少、クラスカードが増加」しました。基本的には、「ブロンズ&シルバーカードが強いリーダー」が強い傾向にあります。
a



3) 2Pickでまず覚えたい3つのこと

 さて,2Pickで覚えるべきことはたくさんありますが、まずは「強いデッキを作る方法」を覚えたほうが良いです。弱いデッキでは、どれだけプレイングが上手くても負けるからです。
 そしてその強いデッキを作る段階において、特に重要なことが3つあります。

 ①使用するリーダーの優先順位を定める
 ②きれいなマナカーブを作る
 ③カードを3つの視点で見る

では、一つ一つ見ていきましょう。


①使用するリーダーの優先順位を定める
 構築と同じく、Pickでも強いリーダーが存在します。上でも述べた通り、「クラスブロンズ及びシルバー」枠に強いカードがたくさんあるリーダー=強い傾向にありますね。
---------------------------------------
 2019/2/8現在において、2Pickをよくやっている人の優先度は、だいたいこのようになっています。
1位 ウィッチ>>>ネメシス>>>【ロイヤル≒ビショップ≒ドラゴン】>>エルフ>>ネクロマンサー>>>ヴァンパイア 8位
---------------------------------------

 初心者の方は、まずウィッチを1位に据えるほうが良いと思います。突き詰めれば難しいのですが、それを補って余りあるパワーがあるからです。
 2位はドラゴンをお勧めします。扱いが比較的簡単で、ある程度勝てるからです。
 3位はビショップ。強いカードと弱いカードの差がはっきりしているので、Pickがわかりやすいです。
 4位はネメシス。結構デッキの組み方が難しいのですが、平均値が高いです。特定のパワーカードを引けば勝てるルートがあるのも良いですね。(※慣れたら2位に上げると良いと思います。)
 5位はロイヤル。レジェンドカードにわかりやすく強いカードがあるからです。
 6位はネクロマンサー。こちらもレジェンドカードにわかりやすく強いカードがありますね。
 
 エルフは使い方が難しいので、使わなくてよいと思います。
 ヴァンパイアは何があろうと絶対に使わないでください。弱すぎるので。


※筆者はウィッチ>【超えられない壁】>ネメシス>【超えられない壁】>ビショップ>ドラゴン>ロイヤル>【超えられない壁】>エルフ>【超えられない壁】>ネクロマンサー>【超えられない壁】>ヴァンパイアです。
 2Pickを普段やっている人で、ビショップを3位に置いている人は少ないと思います。ご注意を。

勝つために,強いリーダーを使いたい

②きれいなマナカーブを作る
 リーダーを選んだあとはPickに移ります。ここで一つ注目したいのは、マナカーブです。
構築でもそうですが、強いからといって高コストカードばかり突っ込んでも、序盤にカードが出せず、そのまま負けてしまいます。(ランプドラは別ですが。)

 Pickでは2コストを頂点として,なだらかなマナカーブを作ることが基本です。当然提示されるカードがランダムなので、常にきれいなマナカーブになることはありません。ですが目安となる枚数を、あらかじめ頭に入れておいたほうが良いでしょう。
※後日、この部分の応用編を語りたいと思います。

----------------------------------------------
1コスト・・・気にする必要はない。
2コスト・・・6~9枚程度 おすすめ7枚(5枚未満になることは、必ず避けるべし。)
3コスト・・・4~6枚程度
4コスト・・・3~5枚程度
5コスト・・・2~4枚程度
6コスト以上・・・上限6枚くらい?(6コスト以上を大量にPickすると、事故の原因となります。注意。)
----------------------------------------------

 以上。あくまで目安なのですが、2コストを頂点にすることだけはかならず意識してください。できれば2コストフォロワーを7枚程度ピックしておきたいですね。
a
こんなマナカーブになることは少ないですが,理想はこんな感じです
ウィッチは7コストが多くなったりします


③カードを3つの視点で見る各カードの点数はこちら→リンク
 さきほど「マナカーブをきれいに整えるべし」と言いましたが、それを歪めたとしても取らなければならないカードが存在します。いわゆる強カードというやつですね。

 そして私は、強カードを3つの種類に分類しています。それは「攻め」と「守り」「リソース回復」です。各自説明を行います。
※実際はさらに細かく7つに分類しているのですが,まずは3つに分類してカードを見ることが大切だと思います。

●「攻め」の強カード
 いわゆるフィニッシャーカードです。これがないと、勝てる試合も勝てません。
例を挙げるとするならば、ドラゴンの「ギルヴァ」、ウィッチの「暗黒の召喚士」、ネメシスの「リーシェナ」などがこの枠に入ります。
 で、これらのカードを何枚取れば良いのか?ということを明確に申し上げられません。なぜなら、リーダーやピック状況によって大きくブレるからです。

 ただ一つ言うとするならば、この枠に入るカードが最低2枚はほしいです。でなければ、かなり辛い状態になると私は感じています。
勝ち筋になるカードは,何枚か取っておきたい

●「守り」の強カード
 フィニッシャーカードというのは,基本的に有利な盤面で投げることが必要です。
 つまり【攻めのカードを投げるための下準備をするカード】が必要になります。それが「守りのカード」です。主に相手の盤面を取る能力が高いカードが,この枠に入ります。

 この枠に入るカードの例を挙げるとするならば、ネメシスの「ジャンク」や「バジリス」、ウィッチの「魔術の一撃」や「エレノア」、ドラゴンの「毒尾のドラゴン」や「ブレイジングブレス」などが入ります。これらのカードは、マナカーブを極端に歪めない範囲であるならば,何枚とっても良いでしょう。

Pickは特に盤面勝負な部分があるので,これらのカードはできる限り拾っておきたい

●「リソース回復」カード
 ドラゴンの「ガルア」「まどろみの白竜」などのリソース回復カード(手札補充カード)も重要です。テンポロスをしないドローカードが特に強いですね。
 また個人的には、2枚以上引けるカードが最低2枚あると良いな・・・と感じています。
 ※「スーテラ」や「ミリアム」などの、スタッツを出しつつ1枚引けるフォロワーは強いです。

 また「ローアイン」や「パスカル」などの、ドローはしないが次の動きを生み出すカードも、リソースという観点で見ると優秀です。

 以上、3つの観点でお届けしました。全部は意識できないよ・・・という方は、最低でも「攻めのカード」がデッキに存在するかどうかを確認しつつピックを行ってください。


4)本日のまとめ
・まずは、3勝を目指して練習する。
・強いリーダーをきちんと把握する。
・マナカーブをきれいに整えるべし。
・カードを「攻め」「守り」「リソース回復」に大別して見てみると、多少Pickがわかりやすくなるはず。
・慣れていないうちは、「攻めのカード」がデッキに存在するかを確認すべし。

 以上です。明日か明後日には、各リーダーごとの「攻め」「守り」「リソース回復」カードのまとめを書きたいと思います。


※gamewithによるピックカードまとめは→リンク


2Pick点数表←前の記事 次の記事→その2

~本シリーズ~
その1
その2
その3
その4
その5

~中級者向け2Pick個別記事まとめ~
エルフ
ロイヤル
ウィッチ
ドラゴン
ネクロマンサー
ヴァンパイア
ビショップ
ネメシス

ALT環境記事総合リンク

 ←シャドバ以外のつぶやきもあります。ご了承ください。
スポンサードリンク