こんにちは、筆者です。
このブログを立ち上げてから、来月で1周年を迎えます。最近ではコンスタントに1万PVを超えております。これもひとえに皆様のおかげです。誠にありがとうございます。

本日はこの1年間の試行錯誤してきた中で感じた、「読みやすい記事のポイント」について書いていきます。ブログをはじめようかなと思っておられる方、はじめたは良いものの、中々筆が進まない方の参考になればいいな・・・と思っております。よろしくお願いします。


0)まずは,「読みやすさ」を整理する
さて,「読みやすさ」と一言で言っても,どうすれば見やすくなるのか,曖昧でわかりにくいです。まずはここを整理しましょう。
私は大きく2つの観点があると思っています。それは「文自体の読みやすさ」「書いた文章の飾り付け」です。
本日は特に「文自体の読みやすさ」について語ろうと思います。
a

「文自体の読みやすさ」は,「頭にすっと入ってくる文」と言い換えることができます。これを実現するために,以下に書いた内容が特に大切だと私は思っています。
※正しい日本語表記は,細かい知識が必要になるので、省略します。

●センテンス(文)に関する項目
 ・一文は短く区切る
 ・無駄な言葉を省く
 ・関係のある言葉は,できるだけ近づける

●言葉の並び順などに関する項目
 ・章立てを行う
 ・「結論→理由→再度結論」の順番を大切に
 ・主張は,行ったり来たりしないようにする。

では,それぞれ見ていきましょう。



1)文章自体の読みやすさ
●センテンス(文)に関する項目
「文章 段落 文 文節 単語」の中の,【文】についてのまとめです。ブログを書く時は基本的に長文になりますが,短文が書けなければ長文など書けません。ポイントをまとめます。

①一文は短くする
例文)私はりんごが好きなので,家の近所にあるスーパーに買いに行ったのですが,値段が高く買えなかったので,仕方なく別のスーパーに買いに行ったところ,りんごが売り切れていたので,仕方なく帰りました。

改善文)私はりんごが好きなので,家の近所にあるスーパーに買いに行きました。しかし値段が高く買えなかったので,仕方なく別のスーパーに買いに行きました。しかしそのスーパーではりんごが売り切れていたので,仕方なく帰りました。


上の例文について,あなたはどのように感じるでしょうか?大体の人は「読めなくはないけど,長えな・・・」と感じると思います。
文は長くなればなるほど,比例して読みにくくなります。読む気力も削ぎ落とします。これを防ぐために,「。」で区切りましょう。そのほうが読みやすくなります。
a
※日常会話でも、区切ったほうが伝わりやすくなります

②無駄な言葉を省く
例文)私は小学生の頃から現在までずっと野球をやり続けています。高校生の時にやっていた千本ノックがとても辛く,やめようかなと何度も何度も思いました。しかしそのような練習のおかげで,子供の頃からずっと夢見ていた甲子園に,チームメンバー全員と一緒に行くことができました。その思い出は,私にとって一生の宝物となっています。

改善文)私は小学生の頃から現在まで野球をやっています。高校生の時にやっていた千本ノックが辛く,やめようかなと何度も思いました。しかしそのような練習のおかげで,子供の頃から夢見ていた甲子園に行くことができました。その思い出は,一生の宝物です。


例文について,何か違和感を覚えますか?違和感は覚えるけど,どこがおかしいのかわかりにくいという人もおられるかもしれません。
この文は,【無駄な説明や修飾語が多すぎ】ます。例えば「ずっと野球をやり続けています」の「ずっと」は,省いても問題はありません。「何度も何度も」という表現もくどいです。「チームメンバーと一緒に」の下りも,とりわけ必要では無いです。
【一生懸命内容を伝えたい】という気持ちが強いと,このような状態に陥りやすくなります。ぐっと我慢して,省きましょう。文は短くが基本です。
※本当に強調したい文ならば,修飾語を少し多めにくっつけても問題ありません。ようは使い所を間違うな,ということですね。
a
※読み手に負担をかけないように、短く書きましょう

③関係のある言葉は,できるだけ近づける
例文)中学校の頃の友人に,この前行った滋賀県の温泉旅館で出会いました

改善文)この前行った滋賀県の温泉旅館で,中学校の頃の友人出会いました

この例文は,「友人」と「出会った」がつながりを持っているのに,離れすぎている部分があまり良くないです。このように,関係が近い単語同士は,近づけたほうが見やすいです。主語と述語が離れすぎる場合も,近づけたほうがいい場面がありますね。
a
※関係の近い言葉は、手をつなぐようにする

では次の項目に行きましょう。


●言葉の並び順などに関する項目
文として正しくても,伝わりにくいことがあります。そのような文は,大体並び順などがおかしいです。
①章立てを行う
読書感想文のように,区切り無く文を書くことはオススメしません。必ず章ごとに分けましょう。分けないと,今何を話しているのか,把握しづらくなります。
また章の内容も細かく分けたほうが,見やすくなる場合が多いですね(節で分けるなど)。


②「結論→理由(→再度結論)」の順番を大切に
例文)officeソフトを使うだけ,ネットの動画を見るだけ等の場合は,それほど高性能なパソコンは必要無いでしょう。ですが購入後に「動画編集」などの負荷が高い操作をすることもあるかもしれません。「小は大を兼ねる」ともいいますし,良いパソコンは壊れにくい傾向にもあります。なので私は多少値が張ったとしても,良いパソコンを買ったほうが良いと感じています。だからcorei3よりも,corei7搭載のパソコンをオススメします。

改善文)私は多少値が張ったとしても,良いパソコンを買ったほうが良いと感じています。確かにofficeソフトを使うだけ,ネットの動画を見るだけ等の場合,それほど高性能なものは必要無いでしょう。ですが購入後に「動画編集」などの負荷が高い操作をすることもあるかもしれません。「小は大を兼ねる」ともいいますし,良いパソコンは壊れにくい傾向にもあります。だからcorei3よりも,corei7搭載のパソコンをオススメします。

この例文は,決して間違ってはいません。しかし結論までなかなかたどり着かないので,読者としては読み取り辛い文になっています。
結論までの理由が長い場合は,初めに結論を提示します。最後に再度結論を添えるもの良いでしょう。これはかなり意識したほうが良い内容ですね。
a
※先にゴール(結論)を示した方が、後々読みやすくなる


③主張は,行ったり来たりしないようにする。
例文)日本は長寿大国であると言われています。ですが私は,それが良いことだと思っていません。確かに長生きすると楽しいことをたくさんできますが,不幸な目にある確率も上がります。また長生きすれば年金をたくさんもらえるというメリットもありますが,お金をたくさん持っていても,体が健康でないとお金があっても意味が薄いと感じています。

例文)日本は長寿大国であると言われています。ですが私は,それが良いことだと思っていません。確かに長生きすると楽しいことをたくさんできたり,年金をたくさんもらえるというメリットもあります。ですが病気のリスクも上がりますし,仮に年金をたくさんもらっても,体が健康でないとお金があっても意味が薄いと感じています。


この例文は,「良い部分」と「悪い部分」が交互に出現している文です。つまり異なる内容が往復している文と言えます。このようにするよりも,それぞれ一塊でまとめたほうが良いです。そのようが,今何を主張しているのかわかりやすくなります。
反復横跳びのイラスト(男の子)
※主張は行ったり来たりしない方が読みやすい
本日は以上となります。次は文の飾り付けなどについて書きますね(^o^)




ベーシックカードをまとめてみた←前の記事 次の記事→新カードまとめその1



~2Pickリーダーまとめ~

エルフ
ロイヤル
ウィッチ
ドラゴン
ネクロマンサー
ヴァンパイア
ビショップ
ネメシス


OOT記事総合リンク



スポンサードリンク