こんにちは、筆者です。いきなりですが質問をします。
みなさんはこのような手札になった時に、どのカードを出せば良いのか迷ったことはありませんか?
b

当然色々な考え方はあるとは思いますが、こういった場面で自信を持って選択をしたいですよね?
本日はそれを考えていきましょう。


0)前提条件
かなり大雑把な話ですが、「複雑な事象・物事を単純化すること」=【かなり大事な作業】だと思っています。複雑な事象をそのまま考えようとすると、脳がショートしてしまうからです。
2Pickはまさにこの複雑な事象の連続ですので、単純化することで、対戦中無駄に悩むことが少なくなると思います。

本日は基本編と言うことで、特に重要な3つの手続きについて述べます。
①出したいカード、出したくないカードを把握する
②裏目を考える(破産してしまうカードのケアは必須)
③縦置きが強いのか、横並べが強いのかを事前に知っておく
では行きましょう。


1)出したいカード、出したくないカードを把握する
以下の画像を見てください。あなたはどのカードを出したいですか?
b

私はまず,こう考えます。
出したいカード  ・・・マナリアの魔弾(マナリアの秘術)
出したくないカード・・・神罰,暗黒の召喚士

まずほとんどの方が,「マナリアの魔弾」からスタートするのではないかと思います。もしくは「マナリアの秘術」を盤面に撃つこともサブプランとして考えられます。
逆に「暗黒の召喚士」を出す場面ではないと私は考えます。どちらのチョイスをしても,相打ち以上が取れないからです。「神罰」も現状出す意味は薄いと考えられますね。特にオウルベアを出されたときの回答は持っておきたいですから。


私はこの盤面で,まず魔弾を打ちました。打った後,残りは5PPです。「マナリアの秘術」は魔弾を撃つことにより3PPになるので,秘術を顔面に打ち,残った2PPで獣面を出しました。

このように、出したいカード出したくないカードを把握することは重要です。
特に出したくないカードを把握することで、選択肢が絞られ、考えることが少なくなります。これは大きなメリットだと筆者は考えています。
まず魔弾をうつ(先にやる)→「残った5PPで何をするのか」考えることも大事ですね。


2)裏目を考える(破産してしまうカードのケアは必須)
以下の画像を見てください。あなたはどのような行動を取りますか?
全てのフェアリーは,前のターンに出て来たものです。それ以外,相手の手札状況は不明です。
c

リーサルは無い(召喚士疾走→次の神罰を含めても14点)ので,盤面をある程度見たほうが良いと筆者はまず考えました。そして暗黒の召喚士から4/4疾走を出して,盤面のリザを取ったほうが良いなと判断し,出しました。ここまでは確定行動かと思われます。その後のフェアリー4枚が問題点です。

相手の手札は現状わかりませんが,前のターンに大量のフェアリーを投げてきたと言う事実があります。この場合の相手の思考は,自ずと絞られます。
リーフマンやリリィなどのカードを用いて,バフをかけようとしている。(ブラフの可能性もあり。)
②単純に手札状況が悪い。

おそらく①の理由が大きいと,多くの人が読まれると思います。つまりこの盤面は,放置すると危険な状態であると言えます。よって獣面で盤面に当たったほうが良いでしょう。(連鎖する雷がある場合,土がじゃまになるので,獣面でリザに当たるプランも考えられます。今回は無いので省略。)

ミラで盤面に当たるか,顔面に行くかは,かなり諸説な感じがしますね。ちなみに私は盤面に当たりました。これは明確な理由は無いのですが,「エルフ対面で試合中に迷ったら,盤面を掃除しておく」という取り決めを自分でしているからです。
※顔面でも良いような気はします。落とし穴がちょっと嫌ですけどね。
※次のターン,案の定リーフマンが出てきました


このように、「このカードを出したらどうなるのか」「その後の行動をどうするのか」ということを考えるのは重要です。特にこのカードを出されると詰んでしまう!というようなカードのケアは必須です。ご注意を・・・。(特にプロバハとか,エズディアとか,アイシャとか・・・・)


3)縦置きが強いのか、横並べが強いのかを事前に知っておく
以下の画像は、対面リーダーが○○です。さて、どのカードをプレイしますか?もし対面がドラゴンではないなら、どのカードをプレイしますか?

※自分の手札は9枚です。また結晶関連のカードは,デッキにもう無いです。
※対面の手札は5枚です。進化権はあります。体力は20としてお考えください。
a
※よそから拝借してきたものなので,画像は切り取っております。

流石にこの盤面では,宝石で盤面に当たるべきだと私は考えます。
次に,自分が出したいカードを把握します。
候補①・・・トロール(手札は溢れない)
候補②・・・オケアノス+安息の領域(手札は溢れない)
候補③・・・オケアノス+3PP(手札は溢れる)
候補④(おそらく悪手)・・・3PP+3PPで動く(手札は溢れる)
以上です。結晶はちょっともったいかな・・・と考えられますね。

さて,ここで一つの視点に注目します。それは「縦に置く(高スタッツカードを出す)」か,「横に展開するか」です。どういうことか説明します。

この状況において,「トロール」を出すほうが良いように思います。PPも上手く使えますし,手札も溢れないからです。ですが「ガルミーユ」が見えている通り,対面はドラゴンです。ドラゴンクラスは確定除去カードである「テールスイング」がブロンズ枠に設定されているため,縦置きにめっぽう強,簡単に取られてしまう可能性が高いです。よってこれは,裏目が大きい選択であると言えます。(※実際テールスイングが出てきました。)

逆にドラゴンクラスは,横の対応力(多面処理能力)があまりありません。よって手札が溢れますが,オケアノスと3PPで動くと,相手としては困る動きになりやすいです。
※おそらくオケアノスと結晶生成で動くかなと思います。


このように、対面するリーダーの特徴の中でも、横対応ができるのか縦対応ができるのかを考えることは大事です。
例えばロイヤル対面なら,トロールで良いかな・・・と思われます。確定除去カードが少ないリーダーだからです。仮に巨人殺しを出されたとしたら,オケアノスで進化取りも出来ますからね。

本日は以上となります。次は応用編について触れますね。




スカルリングナーフについて←前の記事 次の記事→ベーシックカードまとめ



~2Pickリーダーまとめ~

エルフ
ロイヤル
ウィッチ
ドラゴン
ネクロマンサー
ヴァンパイア
ビショップ
ネメシス


OOT記事総合リンク


スポンサードリンク