本日は残りの2リーダーについて書きたいと思います。ですが今までのスタイルとは異なり,「なぜこの2つのリーダーが弱いと思っているのか,その弱点」について書きます。
※あまり大量には書きません。
※使っている方は申し訳ないです。「個人の意見」として,流し見していただけますと幸いですm(_ _)m


~ビショップの3大弱点(と筆者が勝手に思っていること)~
①横展開に弱すぎる。
②「聖獅子の結晶」が勝ち筋になると思いきや,大体負け筋になる。
③低コストアミュレット群が,後半引くと弱い


①横展開に弱すぎる
前環境から引き続き,2面以上の盤面を取れるカードが,レジェンド枠にしか無いと言っていい状態です。(一応ユニコーンナイトなどは2面取りできますが,その枠として見ないほうが無難ですね)
また「新ジャンヌ」と「新テミス」「ロレーナ」以外強くないので,その3枚さえ気をつけて横展開しておけば,大体有利に立ち回れます。レジェンド枠を数えておけば,ケア範囲がわかりやすいということになるでしょう。


②「聖獅子の結晶」が勝ち筋になると思いきや,大体負け筋になる。
ブン回られたときの印象が強く,「聖獅子が主軸だ」と思われている方もおられるかもしれませんが,私は逆に負け筋になりやすいカードであると思っています。それはほとんどの場合,途中で「5/2/2」を経由しなければいけない部分です。
これは明確なテンポロスですし,もっと言うと「5/4/4」の段階でもテンポロスだと思っています。つまり「5/4/4疾走」に行く段階まで,テンポロスを重ね続けなければなりません。これは多面処理が苦手なビショップにとって,かなりのディスアドであると考えられます。
(※聖獅子の結晶関連カードが6枚くらい取れていれば話は別ですが,今季そこまで提示されること自体が稀ですね。)

③低コストアミュレット群が,後半引くと弱い
「4ターン目までにアミュレットを置きまくって,返せない盤面を早めに作る」→「疾走でフィニッシュ」が,今季ビショップの王道の勝ち筋だと思っています。
そしてそのアミュレットが,後半引くと弱いです。序盤引くために無理なマリガンをして,そのまま為す術も無く倒れてしまうこともありますね。


以上。私がビショップを使わない理由3つでした。対面したときは,「横並べ」と「速攻で削り切る」事を意識するといいと思います。ロングゲームになると,結晶が完成しやすくなってしまうので。

~ヴァンパイアの3大弱点(と筆者が勝手に思っていること)~
①シルバー&レジェンド枠に,ゴミカードが多すぎる。
②自傷カードが大量にあるのに,回復カードが殆ど無い。
③後半押し込むカードが少ない


①シルバー&レジェンド枠に,ゴミカードが多すぎる。
カードプールをチェックしてもらうとわかるのですが,この2枠が本当に弱いです。特にシルバー枠は「これ絶対欲しい!」といえるカードが無いと言って良いはずです。レジェンド枠も外れが多いですね。どうやって勝つんだってなります。


②自傷カードが大量にあるのに,回復カードが殆ど無い。
「鋭利な一裂き」や「激情の悪魔」などのカードは,効果としてはかなり強いです。しかし今季2Pickでは自傷がデメリットになる場合が多く,有利に立ち回ってるはずなのに,いつの間にか体力が無くなっていることが多いです。
いくらPickとは言え,体力が低いことはデメリットです。そこらへんが非常にキツイですね。

③後半押し込むカードが少ない
序盤に盤面を取って有利になったとしても,後半に投げて強いカードが少ないため,そのまま対面のパワーカードに押し込まれることが多いです。(と私は思っています。)
「昏きそこより出でる者」とかいれば,だいぶ戦えたと思うんですけどね・・・。

以上


-まとめ-
はい,他リーダーに比べてかなり適当になってしまいましたが,以上となります。
というか今季強いリーダーと弱いリーダーの差が顕著じゃないですかね・・・。初めのリーダー提示で一喜一憂するんですがそれは(^q^)

ナーフに関するメモ←前の記事 次の記事→まだ



~本シリーズのまとめ~

エルフ
ロイヤル
ウィッチ
ドラゴン
ネクロマンサー
ヴァンパイア
ビショップ
ネメシス


OOT記事総合リンク


スポンサードリンク